安定期はいつから?過ごし方と注意点は?【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/02/20
更新日:2019/02/21
安定期はいつから?過ごし方と注意点は?【産婦人科医監修】
監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長

「安定期に入るまで待って、まわりの人に妊娠の報告をした」という話をよく聞きますよね。そもそも安定期とは、いつごろのことなのでしょうか。また、どんなことに注意して過ごせばいいのでしょうか。先輩ママたちの安定期の過ごし方も含めて紹介します。

安定期とは?

安定期とは、妊娠16週(妊娠5ヶ月)から27週(7ヶ月)ぐらいまでを指します。妊娠16週ごろになると胎盤が完成し、赤ちゃんへ酸素や栄養を送るシステムが安定します。また、個人差はありますが、この時期になるとつわりがおさまってきます。ママ自身も少し余裕が出てくるでしょう。
妊婦さんが心身ともに落ち着いて過ごせる時期が「安定期」といえます。

安定期の切迫流産のリスクは?

切迫流産とは、妊娠22週未満に赤ちゃんの心拍は確認できるものの、流産のリスクがある状態をいいます。流産は妊娠初期に起こることが多く、安定期に入ると流産の可能性は低くなりますが、流産や切迫流産の可能性がゼロになるわけではありません。

たとえば、子宮筋腫のある人は、安定期に筋腫が大きくなると筋腫の内部まで血液が届かなくなり、腫瘍が壊死(えし)することがあります。そうなると強い痛みとともに子宮収縮を引き起こし、流産になるおそれがあります。
また、妊娠中はママの免疫力が落ちるため、細菌が増殖して感染症にかかりやすい状態になります。感染症が原因で膣や子宮頸管などに炎症が起こると、流産・早産になる可能性があります。

安定期に入ったからといって油断せず、出血や、おなかの周期的な痛みや強い痛み、においのあるおりものなどがあったときは、すぐに受診することが大切です。

安定期の過ごし方

安定期に入り、妊娠経過が順調であればスポーツなどを楽しめます。スポーツをはじめたいときは、まず医師の許可をとりましょう。妊娠中も楽しい思い出をつくりたいですね。

スポーツ

安定期は体を動かすチャンスです。医師に許可をもらったら、マタニティスポーツにトライしてみましょう。体を動かすと気分がリフレッシュできるうえに、安産のための体力づくりにもなります。また、血行もよくなるので、むくみや腰痛、便秘などのマイナートラブルの解消も期待できます。

スポーツをするときは、妊娠中に適したものを選びましょう。専門の施設で行うマタニティスイミングなどは、妊婦さん仲間ができて楽しく通えます。一方、ウォーキングやストレッチなどは、自分の都合のいい時間に、1人で気軽にできるのがメリットです。

ただし、どんなスポーツをするときも、無理は禁物です。おなかが張ったり、気分が悪かったり、「いつもと体調が違う」と感じたら、中止して体を休めましょう。

●ウォーキング

ウォーキングは全身を動かして脂肪を燃焼させる有酸素運動です。体重管理が必要な妊娠中にぴったりで、とくに専門的な指導も必要なく、手軽にできるのも魅力です。

ウォーキングをするときの服装は、体を締めつけず動きやすいものにし、靴は履き慣れたスニーカーなどを選びます。空腹時や満腹時を避けて、平坦な道を歩きましょう。

時間は、1日20~30分が目安。水やお茶を携帯し、こまめに水分補給をしましょう。また、はじめる前はストレッチで体をほぐし、歩いたあともストレッチでクールダウンをすることもポイントです。緑の多い公園や遊歩道などを歩くと、さわやかな気分になれますよ。

効果的な歩き方

……ひじは90度ぐらいに曲げ、わきを締めて、大きく前後にふりましょう。

姿勢……背筋をまっすぐに伸ばし、あごを引きます。

歩幅……いつもより大きい歩幅で、かかとから着地するように歩きます。

速度……少し汗をかく程度の速さで、リズミカルに歩きましょう。

●マタニティスイミング

マタニティスイミングは、全身をバランスよく使うスポーツ。水中でのカロリー消費は陸上よりも多いため、同じ運動でもダイエット効果が高まり、体重管理に役立ちます。また、水の中の運動は重力による負荷が軽くなるので、腰痛やむくみなどの改善にも役立ちます。

マタニティスイミングを行うには、医師の診断書が必要です。必ずインストラクターの指導のもとで行いましょう。水温や室温が適温に調整され、始める前に血圧測定などの健康チェックを行っている施設であれば安心です。

●マタニティヨガ

マタニティヨガは、ゆっくりとした動作で、呼吸を意識しながら行います。練習するうちに深い呼吸が身につき、心と体のバランスがととのってリラックスできるので、強い陣痛が来てつらいときも、落ち着きを取り戻すことができるようになります。

また、骨盤まわりを調整したり、出産時に必要な筋肉を鍛えたりすることで、柔軟性もアップします。股関節が開きやすくなったり、首や肩のこりをほぐしたり、腰痛の予防や解消にも効果があります。

マタニティヨガはインストラクターが指導をしてくれる施設で行うほか、自宅でDVDなどを見ながら行ってもよいでしょう。

出典 :はじめてママ&パパの妊娠・出産※情報は掲載時のものです

監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長
日本医科大学卒。都立築地産院産婦人科医長として勤務する傍ら、日本医科大学産婦人科講師を兼任。1995年小川クリニックを開設。医学博士、日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医。妊婦さんの疑問や悩みに真摯に応えてくれる、気さくで頼りになるドクターです。

あなたにおすすめ

注目コラム