妊婦用靴下の人気15選!むくみ予防や寝るときのおすすめは?

コラム
公開日:2019/02/05
妊婦用靴下の人気15選!むくみ予防や寝るときのおすすめは?

足元のあたたかさを保ってくれる靴下。妊婦さんには冷えが大敵なので、寒いシーズンは特に靴下が欠かせません。靴下の中には、妊娠中ひどくなりやすい“むくみ”を緩和できるものや、就寝時の足の冷えを防いでくれるものもあります。今回は、妊婦さんにやさしい靴下をご紹介しましょう。

妊婦は靴下をはく必要性がある?暑ければ必要ない?

妊婦さん全員に当てはまるわけではありませんが、妊娠中は運動不足や姿勢の変化、体型の急激な変化から、体の中で血行不良が起こりやすいようです。そのため、体が冷えてしまうことがありますが、この「冷え」は妊娠中の体調不良やトラブルを引き起こす原因に。

そのため靴下は、妊娠中の冷えを予防する意味では必要といえるでしょう。ただし、妊娠中にはさまざまな体調の変化があり、中には「体を締め付けるアイテムが苦手になった」という人もいます。そんなときに、無理をして靴下をはく必要はありません。また夏場の日中などに、暑いのを我慢して靴下をはくことはないでしょう。冬場で冷えが気になるときや、血行不良の結果むくみを感じている場合は、靴下で冷えやむくみを予防することをおすすめします。

妊婦の頃の靴下について体験談を聞いてみました!

妊娠中の靴下エピソードを、ママから聞いてきました。

冷えとり靴下を着用

「妊娠初期の頃、真冬だったため冷えとり靴下を使っていました。当時はかなり冷えに神経質になっていたため、5足セットの靴下を選択。正直なところ、5足重ねて着用するのはとても面倒だったので、冷えとり目的で靴下をはきたい人には、2足セットから始めてみることをおすすめします」(3歳男の子のママ)

着圧ソックスを使用

「実は、妊娠中むくみや冷えは気になりませんでした。ただし、私の場合は運動不足からくる足の太さが気になっており、妊娠中は無理なダイエットもできないのでマタニティ用着圧ソックスを使用。足をほっそり見せるために靴下をはいていました。はいていたのは夏だったので、ムレない素材のものを選び、暑くてたまらないときには脱いでいました」(2歳男女双子のママ)

妊婦の靴下のはき方には何かコツがあるの?

さて、妊婦さんを経験したママの体験談をご紹介しましたが、この通り妊娠中の靴下のはき方は自由です。しかし、秋冬に妊婦期間を迎える人にとっては、靴下は冷えを予防してくれる便利なアイテム。ぜひ活用したいところですね。

はき方としては、就寝時のみはくような靴下(夜用着圧ソックスなど)であれば寝るときにはき、日中は締め付け感の少ない軽いはき心地のものを選ぶとよいでしょう。真夏でも冷えが気になる人は靴下を着用していますが、暑くて気分が悪くなるようであれば靴下の意味がありません。気温にあわせて靴下をはいたり、脱いだりして工夫しましょう。

あなたにおすすめ

注目コラム