おしりよければ産後ヨシ!★ながらエクササイズ編第3回★おうちスパ!肩こり・末端冷え性、お風呂で解消【専門家監修】

 専門家監修
公開日:2019/01/14
更新日:2019/03/18
おしりよければ産後ヨシ!★ながらエクササイズ編第3回★おうちスパ!肩こり・末端冷え性、お風呂で解消【専門家監修】
監修
Naoko
骨盤矯正パーソナルトレーナー

体形をスッキリさせたいなら、凝り固まった体をほぐすことが先決。体形だけでなく、気分もスッキリするために、肩も腰も足指も、お風呂で温めながらほぐしましょう。

★「おしりリセットダイエット」ここがすごい!★
「おしりリセットダイエット」は、おしりの筋力をアップすることでスルッとやせることを提唱し、8000人以上の女性が経験。1日3つのエクササイズを続けるだけで4週間後には成果を出していくトレーニング方法です。単に体形をスッキリ変えるだけでなく、気持ちも前向きに明るくなる秘訣が詰まっています。

ママのごきげんがいいことは、赤ちゃんの将来にとても大切なこと!

突然ですが、「幸せな大人」って、どんなイメージでしょうか。お金持ち? ステータスのある仕事を持つ人?…たぶん、ママになるとちょっと違うイメージを持つようになるのでは、と思います。

幸福かどうかということは、持っている財産や社会的地位とは関係がありません。自分自身が「幸福」を感じていることが最大です。

価値観は人によるけれど、本質的な幸せ観を知っていることが、幸福かどうかを左右すると思います。

幸福な人にはある共通点があります。それは、幸せな人は、自分の母親の話をするときに、ニコニコ笑顔になるということ。子どもの幸福度の高さは、母親のきげんの良さに比例するというデータもあるようです。

たとえば、イライラしながら料理するお母さんと、鼻歌を歌いながら料理するお母さん、どっちが楽しそうですか? 答えは明らかです。

その鼻歌に、家族は無意識だけど共感するのです。ママのきげんのよさは、家族中に伝染するのです。家族の幸せは、ママのきげんの良さで決まります。そんな生き生きとした笑顔のママでいるためにも、疲れにくい体を作り、体も心もほがらかにしていきましょう!

バスタイムにできる3つの体ほぐし方法

体が凝り固まってると血行も悪く、疲れやすくなります。特に寒い冬は、筋肉がこわばりがちで、いつも以上に肩こりや腰痛になりやすいもの。痛みをとって、しっかり体を動かせるようにほぐしましょう。

湯舟で体が温まったら、そのまま湯舟の中で、体ほぐしをしてみましょう。

足指広げマッサージ

足指に手指を絡めて、指の間を広げます。いきなりでは指が入らないくらい、足指がこりかたまっていたら、足指を両手で持って、指の間を引き裂くようにしてひろげましょう。血行が通る道を再開通させるような気持ちで。

末端が冷えている人にもおすすめです。足先があたたまるとぐっすり眠れます。

肩寄せストレッチ

両手を背中側に回し、手を組み、肩甲骨を寄せるようにして、腕を伸ばします。湯舟が狭くて腕が伸ばせなかったら、手を腰に固定して腕を回してみましょう。ただ腕を回すよりも、肩甲骨から動かすことができて効果的。

5回早く回すより、1回ゆっくり回すほうが効果的。大きく動かして、「効いている」と感じたころで止めてみましょう。体の奥にある深層筋は、小さい筋肉がたくさん集まって構成されています。関節につながっているのは小さい筋肉たちです。普段動かさない筋肉をゆっくりあたためながらほぐして、肩から肩甲骨周りの筋肉をほぐしましょう。

★NG編★

肩が上がると効果半減。首をスッキリ伸ばしながら!と意識して。

わきの下の筋肉をつかんでもむのも、簡単に腕周りの筋肉をほぐすことができます。凝っている部分をゆるませて。

首のリンパの流れを改善

腕を頭の上から回して、手と反対側の耳を引っ張るような感じで首を倒します。首は様々な角度に倒してみます。

天井のほうを向いて、首の前側を伸ばします。

床のほうを見て、首の後ろ側を伸ばします。

伸ばしたあと、手指をやさしく首すじに沿わせて、リンパを流すようにします。この時も、首は上へと伸ばす意識で。首にしわを寄せない感じにします。

★NG編★

こんな風に猫背になって首が折れていると、リンパの流れは悪くなります。

長い時間をかけなくても、ゆっくりと動かすことで、ずいぶん肩が軽くなります。肩から肩甲骨をほぐすと、背骨でつながっている腰まで楽になるはず。なかなかひとりでスパやマッサージに通えなくても、自宅でお風呂に入りながらだったら、できそうですよね?

体をほぐして、気分もゆるめて、ごきげんなママになってくださいね!

イラスト/イチカワエリ 取材・文/関川香織 撮影/土屋哲朗(主婦の友社写真課) ヘア&メイク/尾原小織(MAKE'S)

※本連載の「おしりリセット」のトレーニングを行う際は、産後の体に負担がないようにしましょう。トレーニングの回数などはあくまで目安。「気持ちいい」と感じる程度で無理をしないようにしてください。

また、かならずしも産後の体の不調改善をお約束するものではありませんので、ご了承ください。

出典 :おしりリセットダイエット※情報は掲載時のものです

監修
Naoko
骨盤矯正パーソナルトレーナー
整体トレーニングルーム&スクール・ナオコボディワークス主宰。3人の子育てをしつつ、7年間で累計12000人以上のママたちをきれいな体に導いてきた、産後ケアのスペシャリスト。独身時代から自分自身の体のさまざまなトラブルに悩んできたが、第1子出産後、自身のメンテナンスのためにヨガ・整体・ピラティスを始めた。いまや「予約のとれないパーソナルトレーナー」として大活躍中。講師養成講座も随時開催中。


http://www.naokobodyworks.com/

あなたにおすすめ

注目コラム