卒業記念品のおすすめは?先生がもらってうれしい人気商品をご紹介!

コラム
公開日:2019/02/05
卒業記念品のおすすめは?先生がもらってうれしい人気商品をご紹介!

年が明けると、間もなくやってくるのが卒業の季節。わが子の卒園を目前に控え、ドキドキワクワクしているママも多いかと思います。卒園の日が近づくにつれ、お世話になった先生がたへの卒業記念品選びも佳境に入ります。そこで今回は、先生に心から喜んでもらえる卒業記念品をピックアップ。選び方や相場など、体験談を交えてご紹介します。

先生にあげる卒業記念品の相場はいくら?

Amazonで詳しく見る

卒業記念品を選ぶ際に、まず決めなければいけないのが、記念品の予算。どれくらいの価格のものが一般的なのか、チェックしていきましょう。

通っている園によって相場はまちまち

クラス役員などが中心となって決められることの多い、卒業記念品。先生へ贈るプレゼントとして選ばれるアイテムも数多く、記念品の相場にも大きな差が生まれています。卒業記念品の予算は、先生1人に対し500円~5000円くらいまでの金額を設定するケースが多いよう。園によっては、金額を500円までなどと定めているところもあるため、子どもが通っている園によって金額はかなり変わってくるようです。
幅が広い卒業記念品の相場ですが、もっとも多いのは2000円前後。これから卒業記念品選びをするママたちは、この相場を頭にいれて記念品選びをしてみてください。

先生にあげる卒業記念品についての体験談

まだ卒業記念品のイメージがわかないというママにとっては、すでに卒業記念品の贈呈を経験したことのあるママたちの意見は、かなり参考になるものです。記念品選びが進まないというママたちに向けて、実際に卒業記念品選びをしたことのあるママたちから体験談を聞いてみました。

園で指定された金額内で記念品をチョイス

「娘が通っていた園では、卒業記念品の金額が500円までと決められていました。予算はかなり低いですが、金額が決まっていたおかげで、アイテム選びには苦労しなかったのを覚えています。500円で買えるものといえば、靴下やハンカチ、筆記用具など。私たちは日常の中で使ってもらいたいという願いを込め、靴下をプレゼントしました。」(6歳女の子のママ)

金額が決められているほうが、逆に記念品を決めやすいという意見も。予算だけでなく、普段から使ってもらえるものを、という方向性を決めたことで、スムーズに記念品を決めることができたようです。

記憶に残るものをプレゼントしたい

「息子が通う園では、卒業記念品について特に決まりがなかったため、最初はどんなものをプレゼントすればいいのか役員たちで頭を悩ませていました。話し合いを重ねた結果、“先生の記憶に残るプレゼントをおくろう!”という方向性が決まり、そこからアイテム選びを開始。子どもたちの笑顔を覚えていてほしいという思いから、写真が入れられるようなアイテムにしようということになりました。実際にプレゼントしたのは、写真入りのタンブラー。先生と子どもたちが笑顔で写っている写真をチョイスし、写真屋さんへ持ち込んで作成していただきました。1500円ほどの予算で、大満足のアイテムが完成。先生にも、すごく喜んでいただけました。」(8歳男の子のママ)

写真入りアイテムは、記念品をおくる側にとっても受け取る側にとっても印象に残るもの。先生の記憶に残るような記念品を贈りたいという人は、写真入りアイテムを検討してみるのもおすすめです。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム