ベビーもムートンブーツで冬を満喫!コーデと人気おすすめ商品10選

コラム
公開日:2019/01/30
ベビーもムートンブーツで冬を満喫!コーデと人気おすすめ商品10選

寒さの厳しくなる季節、たくさん重ね着するよりも、足元を温めるとより温かく感じられるものです。中でも、軽くてやわらかいムートンのブーツはダントツの温かさ。ベビー&キッズ用もたくさんあるので、この冬、ぜひ1足準備してみませんか?

ムートンブーツとは?どんな特徴があるの?

「ムートン」とはフランス語で「羊の毛皮」を指します。保温性に優れ、通気性があって蒸れにくいことから、ブーツやジャケットの素材として使われます。フェイクファーなどの合成皮革にボアやファーの裏地をつけたものも、「ムートン」として多く流通しています。

フワフワとしたやわらかな触感やクッション性、軽さから、ムートンのブーツは履き心地がよく、長く履いても疲れにくい特性を持っています。バツグンに温かいので、1足持っておくと冬に重宝します。

ベビー向けのムートンブーツ、上手な選び方

適正なサイズ

ベビー向けのムートンブーツを選ぶ際、大切にしたいポイントは他の靴と変わりません。歩きはじめのベビーにとっては、適切なサイズの靴を選ぶことは絶対条件です。歩きやすさ、疲れにくさに影響しないよう、また、足の発達を妨げないように、ピッタリのサイズを選びましょう。

とくにムートンブーツはスニーカーなどと違い、足の形状にフィットするつくりではないため、「長く履きたいから」と大きめのサイズを選ぶと、歩く際に靴の中で足が安定せず、動いてしまいます。

ソールのやわらかさ、滑りにくさ

歩きはじめのベビーにとって、歩きやすい靴はソールのやわらかいものです。とくに指のつけ根でしっかりと地面を蹴られるように、つま先部分がよく曲がるものがベストです。ほどよいやわらかさと弾力のあるソールは地面からの衝撃もよく吸収するので、疲れにくいという利点もあります。

また、まだ歩行が安定しない時期なので、ソールは滑りにくい素材のものを選ぶとよいでしょう。グリップ力がしっかりしていると、タイルや雨の路面でも転倒の危険が軽減します。

着脱のしやすさとフィット感

まだ上手に靴を着脱できない時期なので、履きやすさも大切なポイントです。履き口の広さが十分なもの、あるいは履き口がファスナーやマジックテープで開閉できるようになっているタイプが扱いやすいでしょう。マジックテープがついているタイプは、足首のホールド感が若干調節できるので、足が固定されて歩きやすいでしょう。

ベビー向けムートンブーツ、購入の際の注意点

可能ならば試着をしてから買うのがベターです。同じサイズでもメーカーによって多少つくりが異なり、使われている素材によっても着用感が変わります。店頭のフィッターさんに、つま先や甲高など細かい部分を見てもらえると安心です。

オンラインショップで購入する場合は、商品説明をよく読むとともに、購入した人の口コミ投稿をじっくりチェックしましょう。実際の着用感や、イメージと実物のギャップなどをイメージしやすいでしょう。また、ムートンブーツは内側にファーやボアが入っているため、普段履いている靴より若干大きめサイズを選んだ方がよい場合があります。

ベビー&キッズのムートンブーツ、秋冬のコーデ例

出典:楽天

よちよち歩きの赤ちゃんも、たまにはオシャレしたいですよね。ポンチョと合わせたら、まるでぬいぐるみのような愛らしさです。

出典:楽天

親子コーデがしやすいのもムートンブーツの魅力です!

出典:楽天

スタジャン風ブルゾン×ショートパンツ×タイツに合わせてアクティブに。

出典:楽天

コットンワンピ×レギンスでカジュアルに。活発な女の子にピッタリです。

出典:楽天

ガーリーな装いにも合います。ムートンブーツはスカートにもパンツにも合わせやすく、コーディネイトによって、キュートにもボーイッシュにもなります。

出典:楽天

男の子ファッションにももちろん使えます。デニムにINしても◎。

あなたにおすすめ

注目コラム