【産婦人科医監修】切迫流産で入院したときの費用や保険は?

 専門家監修
公開日:2019/02/01
更新日:2019/02/13
【産婦人科医監修】切迫流産で入院したときの費用や保険は?
監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長

切迫流産と診断されると、赤ちゃんのことが心配になりますね。さらに入院が必要となれば、入院費はどのくらいか、保険は適用されるのかなど、気になることがたくさん出てくるでしょう。そこで今回は切迫流産で入院したときの費用について紹介します。

切迫流産とは

赤ちゃんがママのおなかの外では生きていけない妊娠21週以前に妊娠が終わってしまうことを「流産」といいます。これに対し、「切迫流産」は、赤ちゃんが子宮内にとどまっているものの、流産のリスクがある状態をいいます。切迫流産と診断されたからといって、すぐに流産につながるわけではなく、多くは妊娠を継続することができます。

切迫流産の主な症状は、性器出血や下腹部の痛みです。

妊娠12週未満の切迫流産は、はっきりとした原因がわからないことがほとんどです。流産を予防する有効な薬がないため経過観察になりますが、赤ちゃんの心拍が確認されていれば、たいていは症状が落ち着いてきます。切迫流産の中でも、子宮の中に血液のかたまりがあるような場合は、医師から安静を指示されることがあります。

一方、妊娠12週以降では、主な原因として、胎盤辺縁の剥離、子宮頸管の炎症、子宮頸管ポリープの炎症、子宮筋腫、子宮頸管無力症(子宮を支える子宮頸管の組織が弱くなって子宮口が開いてしまう状態)などがあげられます。

治療は安静が第一で、安静の度合いは症状によって異なり、「入院安静」や「自宅安静」を指示されます。

切迫流産で入院したときの費用は?

切迫流産で入院した場合、入院期間や治療内容は人によってさまざまです。治療費や1日3回の食事代のほか、個室など特別な部屋を利用した場合は「差額ベッド代」がかかる場合があります。

治療費

治療費の金額は、治療内容によって異なります。基本的な治療は安静にすることですが、子宮収縮がある場合には、子宮収縮抑制剤の服薬や点滴を行うことがあります。

また、子宮頸管無力症が原因の場合は、子宮頸管を特殊なテープで縛る手術が行われることもあります。どんな治療が必要なのか、あらかじめ医師に確認しておきましょう。

食事

入院にかかる食事は健康保険の適用になるため、1食あたりの負担額は460円になります(平成30年4月1日から)。住民税非課税世帯の場合は、事前に申請を行うと210円になり、入院期間が91日以上になると160円となります。詳しくは加入している健康保険の窓口に問い合わせてみましょう。

また、妊娠初期はつわりがあることが多く、妊婦さんが少しでも栄養がとれるよう、特別な食事を用意してくれる病院もあります。その場合は、食事にかかる費用も変わることがあります。

差額ベッド代

多くのベッドがある大部屋ではなく、1人部屋などの特別室(特別療養環境室)を希望すると差額ベッド代がかかり、全額自己負担になります。しかし、治療上の都合でどうしても特別室に入院する必要があった場合や、一般の入院室が満員で特別室しかあいていなかった場合は、実質的に患者の選択ではないため差額ベッド代はかかりません。

特別療養環境室とは、次のような条件を満たした入院室です。

・病室の病床数が4床以下である

・病室の面積が、1人当たり6.4平方メートル以上である

・病床ごとにプライバシーを確保するための設備を備えている

・少なくとも個人用の収納設備、個人用の照明、小机及び椅子を備えている

切迫流産で入院すると保険は適用される?

妊娠・出産は病気ではないので、基本的には健康保険は使えず自己負担となります。しかし、切迫流産のような医師の判断で入院が必要とされた場合は、健康保険が適用されるため、治療費の負担額は3割になります。

監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長
日本医科大学卒。都立築地産院産婦人科医長として勤務する傍ら、日本医科大学産婦人科講師を兼任。1995年小川クリニックを開設。医学博士、日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医。妊婦さんの疑問や悩みに真摯に応えてくれる、気さくで頼りになるドクターです。

あなたにおすすめ

SOFINA iP 土台美容液をプレゼント!詳しくはこちら
注目コラム