切迫流産になったら仕事は?復帰のタイミングは?【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/01/29
更新日:2019/02/13
切迫流産になったら仕事は?復帰のタイミングは?【産婦人科医監修】
監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長

仕事をしている妊婦さんが、突然「切迫流産」と診断されたら、どのように対応したらいいのか悩みますね。職場への連絡のしかたや仕事に復帰するときのタイミング、自宅での過ごし方などを知っておきましょう。

切迫流産とは

妊娠したにもかかわらず、妊娠の早い時期(妊娠22週未満)に、赤ちゃんが亡くなってしまうことを「流産」といいます。一方、「切迫流産」は、赤ちゃんが子宮内にとどまっているものの、流産のリスクがある状態をいいます。流産では妊娠を継続することができませんが、切迫流産の多くは妊娠を継続することが可能です。

切迫流産の症状と治療方法

切迫流産の主な症状は、出血や下腹部の痛みです。

妊娠12週未満の切迫流産は、はっきりとした原因がわからないことがほとんどです。流産を予防する有効な薬がないため経過観察になりますが、赤ちゃんの心拍が確認されていれば、たいていは症状が落ち着いてきます。子宮の中に血液のかたまりがあるような場合は、医師から安静を指示されることがあります。

一方、妊娠12週以降では、主な原因として、胎盤辺縁の剥離、子宮頸管の炎症、子宮頸管ポリープからの炎症、子宮筋腫、子宮頸管無力症(子宮を支える子宮頸管の組織が弱くなって子宮口が開いてしまう状態)などがあげられます。

治療は安静が第一で、症状によって「入院安静」もしくは「自宅安静」を指示されます。また、子宮収縮がある場合は、子宮収縮を抑える薬の内服や点滴が行われたり、細菌感染が疑われる場合は、抗生剤の膣内投与などが行われたりします。

子宮頸管無力症の場合は、子宮頸管を特殊なテープで縛る手術が行われることもあります。

【医師監修】切迫流産の原因・症状・治療法!腹痛や出血発症時期はいつ?
【医師監修】切迫流産の原因・症状・治療法!腹痛や出血発症時期はいつ?
切迫流産というトラブルがあることは知っていても、「どんな症状なの?」「流産しちゃうの?」実際にはどんなトラブルなのかわからず、不安になる妊婦さんも。しかし、「切迫流産」と診断されても、そのまま流産してしまうとは限りません。切迫流産の症状や安静と指示されたときの過ごし方について、ドクターが解説します!
記事を読む

切迫流産になったら仕事は辞めるべき?

切迫流産になったからといって、仕事を辞める必要はありません。しかし、医師から「安静」の指示が出た場合は、ママと赤ちゃんの健康を第一に考えて、仕事は休むようにしましょう。安静を保つことで出血や下腹部痛などの症状を抑え、流産につながるリスクを下げることができます。
「デスクワークだけなら大丈夫では?」と思うかもしれませんが、仕事をしていれば疲労やストレスは避けられません。直属の上司とよく相談し、できるだけ休めるようにしてもらいましょう。

切迫流産後の仕事復帰のタイミングは?

切迫流産の症状は個人差が大きく、安静にしなければならない日数は人それぞれです。症状が回復し、流産の危険性がなくなったと医師が判断したら、仕事に復帰してもよいでしょう。

ただし、「休んでいた分を取り戻したい」と頑張りすぎないように。無理をせず、疲れたときは体を休めましょう。また、再び入院・自宅安静になったとき、いつでもほかの人に引き継げる準備もしておくと安心です。

監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長
日本医科大学卒。都立築地産院産婦人科医長として勤務する傍ら、日本医科大学産婦人科講師を兼任。1995年小川クリニックを開設。医学博士、日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医。妊婦さんの疑問や悩みに真摯に応えてくれる、気さくで頼りになるドクターです。

あなたにおすすめ

注目コラム