切迫流産で自宅安静・入院になった時の過ごし方【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/01/29
更新日:2019/02/13
切迫流産で自宅安静・入院になった時の過ごし方【産婦人科医監修】
監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長

切迫流産と診断され「安静にしてください」と言われたとき、何をどの程度してもいいのか、わかりにくいですよね。今回は切迫流産で入院したときの過ごし方や、自宅安静中の家事やお風呂の注意点などについて解説します。

切迫流産とは

妊娠したにもかかわらず、妊娠の早い時期(妊娠22週未満)に、赤ちゃんが亡くなってしまうことを「流産」といいます。一方、「切迫流産」は、赤ちゃんが子宮内にとどまっているものの、流産のリスクがある状態をいいます。流産では妊娠を継続することができませんが、切迫流産の多くは妊娠を継続できます。

症状や原因は?

切迫流産の主な症状は、性器出血や下腹部の痛みです。

妊娠12週未満の切迫流産の場合、はっきりと原因がわからないことがほとんどですが、妊娠12週以降では、胎盤辺縁の剥離、子宮頸管の炎症、子宮頸管ポリープからの炎症、子宮筋腫、子宮頸管無力症(子宮を支える子宮頸管の組織が弱くなって子宮口が開いてしまう状態)などが主な原因としてあげられます。

治療法は?

切迫流産の兆候がみられたら、医師から安静を指示されることがあります。安静とは、それまでの日常生活よりも動きを制限すること。症状によって「入院安静」もしくは「自宅安静」に分かれます。

また、子宮収縮がある場合は、子宮収縮を抑える薬の内服や点滴が行われたり、細菌感染が疑われる場合は、抗生剤の膣内投与などが行われたりします。子宮頸管無力症の場合は、子宮頸管を特殊なテープで縛る手術が行われることもあります。

【医師監修】切迫流産の原因・症状・治療法!腹痛や出血発症時期はいつ?
【医師監修】切迫流産の原因・症状・治療法!腹痛や出血発症時期はいつ?
切迫流産というトラブルがあることは知っていても、「どんな症状なの?」「流産しちゃうの?」実際にはどんなトラブルなのかわからず、不安になる妊婦さんも。しかし、「切迫流産」と診断されても、そのまま流産してしまうとは限りません。切迫流産の症状や安静と指示されたときの過ごし方について、ドクターが解説します!
記事を読む
【医師監修】切迫早産になったら絶対安静? 症状や原因とは? 予防はできる?
【医師監修】切迫早産になったら絶対安静? 症状や原因とは? 予防はできる?
正期産よりも早い時期に出産となる「早産」。切迫早産は、早産一歩手前の状態です。赤ちゃんの体の機能が完成し準備ができるまでは、しっかりママのおなかの中で育ててあげたいもの。そこで、切迫早産の症状や原因、予防法、治療法についてドクターに聞きました。切迫早産は、切迫流産より原因や予防法がわかりやすいといえます。医師の指示に従って安静にし、きちんとした治療を行えば、早産を防ぐことも可能です。
記事を読む

切迫流産の安静の期間

切迫流産の安静の期間は、症状や状況によって異なり、1週間程度から数週間になる場合もあります。また、数日の入院安静のあと自宅安静になったり、自宅安静から入院安静になったりするケースも少なくありません。なかには切迫流産が改善されないまま切迫早産と診断されて、安静の期間が長引く人もいます。

切迫流産で入院中の安静な過ごし方

切迫流産で入院安静になるのは、次のような場合です。

・出血や下腹部の痛みが頻繁に起こり、点滴などの投薬が必要な場合

・ママに子宮筋腫などの病気があり継続的な治療が必要な場合

・自宅で安静にできる環境が整っていない場合

入院中どのように過ごすかは、症状によって4つのレベルに分けられます。最も安静度が高いのが「ベッド上安静」で、次に「室内安静」、「病棟内安静」、そしていちばん安静度が低いのが「病院内安静」です。シャワーの使用や移動できる範囲については、症状や病院の方針によって異なるので入院前に確認しておきましょう。

●ベッド上安静
最も安静のレベルが高く、食事や洗面や歯磨きなど、すべてベッド上ですることになります。トイレに歩いていくこともNGなので、ポータブルトイレの使用や導尿をすることになります。また、シャワーもできないため、体を熱いタオルで拭いてもらいます。洗髪は専用のシャンプー台で寝た姿勢のまま看護師さんに洗ってもらいます。

●室内安静
病室内だけなら歩いていい、というレベルです。室内にトイレや洗面所がある場合は、自分で歩いていくことができます。

●病棟内安静
病棟の中なら歩いてもOK。病棟内に売店があれば行くことができたり、ほかの病室のママと話したりすることができます。

●病院内安静
入院のなかでは最も安静度が低いレベル。病院内の売店あどに行くことができます。

監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長
日本医科大学卒。都立築地産院産婦人科医長として勤務する傍ら、日本医科大学産婦人科講師を兼任。1995年小川クリニックを開設。医学博士、日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医。妊婦さんの疑問や悩みに真摯に応えてくれる、気さくで頼りになるドクターです。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム