ノンシリコンシャンプーとは?口コミ評価やおすすめの人気商品を厳選

コラム
公開日:2019/02/06
ノンシリコンシャンプーとは?口コミ評価やおすすめの人気商品を厳選

髪に優しいシャンプーとして、数年前から人気が広がっているノンシリコンシャンプー。最近ではさまざまな種類のノンシリコンシャンプーが発売されています。皆さんの中にもノンシリコンシャンプーを愛用している人もいることでしょう。しかし、ノンシリコンシャンプーがどんなものなのかよくわからない、という人も多いはず。そこで今回は、ノンシリコンシャンプーについて詳しくご紹介していきます。

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとは、「シリコン」と呼ばれる髪をコーティングする成分が入っていないシャンプーのことを言います。シャンプーに配合されているシリコンは、正確に言うとシリコーンと呼ばれ、元素の1つであるケイ素を化学的に合成処理したもの。髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにするという役割があります。

シリコンは人体に対して刺激が少なく、安全性の高い成分。市販されている多くのシャンプーやトリートメント、コンディショナーに配合されているだけでなく、ウォータープルーフの日焼け止めなどにも配合されています。

ノンシリコンシャンプーの3つのメリット

ここ数年、人気が高まっているノンシリコンシャンプーには、どのようなメリットがあるのでしょうか?いくつかまとめてみました。

頭皮が清潔になる

シリコンシャンプーはしっかりとすすがないと、頭皮にシリコン成分が残ってしまい、余分な皮脂や汚れを上から塗り固めたようになってしまうことも。フケやかゆみの原因になってしまうこともあります。しかし、ノンシリコンシャンプーにはその心配がないので、常に頭皮を清潔な状態に保つことができます。産前、産後のホルモンバランスの崩れによって抜け毛で悩んでいる人、頭皮のかゆみやフケに悩んでいる人は、ノンシリコンシャンプーを使用することで、それらの悩みが解決する場合があります。

カラーやパーマが入りやすい

シリコンシャンプーは、髪のキューティクルにしっかりと張り付いて髪を保護する働きがあります。そのため、パーマ液やカラー液が浸透しにくくなってしまいます。その点ノンシリコンシャンプーはシリコンで髪がコーティングされないので、パーマやカラーがしっかりとかかります。

髪が軽くなる

シリコンシャンプーはシリコンにコーティング作用があるので髪に重さがプラスされてしまいます。髪の細い人はスタイリングがペシャンとつぶれてしまうことも。ノンシリコンシャンプーは、髪に成分が残らないので髪に軽さが生まれ、ふんわりとしたヘアスタイルを作ることができます。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

ノンシリコンシャンプーにもいくつかのデメリットがあります。具体的なものをご紹介しましょう。

髪がきしむ

ノンシリコンシャンプーにはコーティング作用がありません。いわば、髪がスッピンの状態になるのです。そのため、髪がキシキシしたり、シリコンシャンプー使用時とくらべて手触りが悪くなったりすることがあります。
質の良いノンシリコンシャンプーであれば、3ヶ月間ほど使い続けることできしみやパサつきがおさまり、逆にツヤ感がアップしてきます。

ダメージが進化する恐れも

コーティング作用がないので、シャンプーをしているときに髪同士が摩擦し合ってキューティクルがはがれてしまい、ダメ―ジが酷くなってしまう恐れもあります。

熱に弱い

髪がコーティングされていないので、ドライヤーやヘアアイロンの熱に弱いのもデメリットのひとつです。

このようにノンシリコンシャンプーにはそれぞれメリット、デメリットがあります。自身の髪の状態やライフスタイルと照らし合わせて、ノンシリコンとシリコン、どちらがよいかを選択するようにしましょう。

ノンシリコンシャンプーがおすすめの人は?

髪の量が少ない人

ノンシリコンシャンプーのメリットのひとつが頭髪トラブルが減少すること。そのぶん、じゅうぶんな栄養が髪全体に行き渡るのでツヤとコシがよみがえり、髪全体が太くなります。そのため、髪が少ない人や、妊娠中や産後の抜け毛が気になる人にはノンシリコンシャンプーがおすすめです。

カラーやパーマの施術前に

ノンシリコンシャンプーは髪のコーティングがされていないので、薬などが浸透するのも早いと言われています。そのため、カラーやパーマなどの効果が早く出る、と言われています。一方、カラーリング後の退色が早くなりますので、カラーの前後でノンシリコン、シリコンシャンプーを使い分けるのもおすすめです。

髪のボリュームを出したい人

産後、髪がペタンとした、髪がうねるようになった……とお悩みのママはいませんか?そんな人にもおすすめなのがノンシリコンシャンプーです。ノンシリコンシャンプーは髪全体を軽くしてくれるので、洗い上がりがふんわり、サラっと仕上がります。

肌や頭皮が弱い人

ノンシリコンシャンプーは頭皮に刺激が少ないシャンプーだと言われています。そのため、頭皮や肌が弱い人は、ノンシリコンシャンプーを使用してみてもよいかもしれません。また、妊娠前はなんともなかったのに、妊娠中に頭皮のかゆみに悩まされるようになったという人は、試しにノンシリコンシャンプーに替えてみるのもひとつの方法でしょう。「子供と一緒のシャンプーを使いたい」というママにも、刺激の少ないノンシリコンシャンプーがおすすめです。

ノンシリコンシャンプーに含まれる成分って?

ノンシリコンシャンプーは、その名の通り、シリコンという成分が配合されていないシャンプーのことです。そのかわりとして使用されている成分は、100%の天然由来成分であることがほとんど。例えばオリーブ油、月見草、アフガンオイル、バオバブオイルなど。アミノ酸系の洗浄成分、ヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分なども、代表的なノンシリコンシャンプーに含まれている成分です。

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの見分け方

一番簡単な見分け方は「ノンシリコン」と表記されているかどうか。ほとんどのノンシリコンシャンプーはラベルに「ノンシリコン」と明記されています。それに引き換えシリコンシャンプーに「シリコン」と表記されていることはほとんどないので、「これはノンシリコンかな?シリコンかな?」と迷ったときには成分表をチェックしてみるとよいでしょう。例えば、ドラッグストアなどで販売しているシリコンシャンプーには、以下のような成分が含まれていることが多いです。
メチコン
ジメチコン
シロキサン
シクロメチコン
シラン
シリコーン

これらは代表的な成分の一部ですが、成分表記にこのような成分の名前が書かれていたら、シリコンシャンプーである、ということです。

あなたにおすすめ

注目コラム