子供が熱! そんなときお風呂はどうする? 熱への対策は?

 専門家監修
公開日:2018/12/19
更新日:2019/03/18
子供が熱! そんなときお風呂はどうする? 熱への対策は?
監修
渋谷紀子先生
総合母子保健センター愛育クリニック

子供が熱を出したら、お風呂やシャワーはやめておいたほうがいいのでしょうか。お風呂に入れるかどうか判断するポイント、お風呂に入れない場合の清潔の保ち方など、発熱時のホームケアについてまとめました。

子供が熱を出したとき、どんな対策をとればいい? 
発熱時のホームケアの基礎知識

まずは、子どもが熱を出した時のホームケアのポイントをおさえておきましょう。

ホームケアでは子供自身の免疫力で病気を治していけるように、サポートすることを心がけます。特に重点的に気を配りたいのは、水分補給、安静、快適な環境づくりの3つ。それぞれの項目ごとにポイントを紹介します。

1 水分補給

熱が出ると、体が熱くなり汗の量が増えます。呼吸もあらくなるので、皮膚と呼気の両方から水分が出ていってしまいます。このようなときは脱水症が起こりやすくなるので、水分を少しずつこまめに補給して、脱水症を予防しましょう。

子供向けのイオン飲料や経口補水液は、汗などとともに失われる電解質が効率よく補給できます。しかし、特にそこにこだわらなくても大丈夫。湯冷まし、麦茶、牛乳、ジュースなど子どもが飲めるものを少量ずつ飲むように促しましょう。

また、食事でも脱水症予防ができます。少量の塩を加えた水分多めのおかゆ、りんごのすりおろしなどがお勧めのメニューです。ただし食欲がない場合は、無理に食べさせる必要はありません。

2 安静

病原菌と闘うためには体力が必要です。熱のある間は安静に過ごして、体力の消耗を防ぎましょう

安静といっても、必ずしも横になって休む必要はありません。本を読むなどして、できるだけ静かに過ごします。子供が遊びたがる場合も外出はひかえて、室内でおもちゃ遊びなどをして過ごしましょう。子供が興奮するような激しい遊びはNGです。

3 快適な環境づくり

発熱中はあたたかくしなければ、と思いがちですが、体に熱がこもると、かえって子供がつらく感じることがあります。室温は大人が快適と感じる温度にしておきます。夏は25~28度、冬は23~25度が目安です。そのうえで熱の上がり下がりに合わせて、布団や衣服を調整しましょう。

熱が上がっていくときは血管が収縮するので、寒気を感じます。手足が冷たくなったり、震えたりすることもあります。このようなときは布団や毛布を足したり、重ね着をしたりしてあたたかくします。

熱が上がり切ると、体がほてってきます。厚着のままだと熱がこもりやすくなるので、様子を見て布団や衣類の枚数を減らしましょう。子供の顔が赤く上気したり、汗をかいたりしているなら、熱がこもっているサインです。

また、冬は乾燥するので湿度にも気を配ります。湿度が40~60%になるように、加湿器をかけたり洗濯物を干したりするといいでしょう。

子供が熱を出したとき、お風呂はどうする? 基本の考え方

発熱中は汗の量が増えます。胃腸の働きも悪くなり、便がゆるくなったり下痢したりすることもあるでしょう。こういった汗やウンチの汚れが残ったままだと、かぶれなどの原因になります。ですから、汚れを落として体を清潔にすることも大切なホームケアの1つです。

しかし、お風呂に入ると子供は体力を消耗します。体力を使った結果、病原菌と闘う力が低下して熱が長引くことも考えられます。

それを避けるためにも子供の様子をよく観察して、お風呂に入れるかどうかを判断しなければなりません。基本的には少しでもつらそうなら、お風呂はやめておきます。熱が高くなく元気で、食欲があり水分もとれている場合は、短時間の入浴やシャワーなら問題ないでしょう。

入浴可能かどうか判断する基準について、次でさらに詳しく解説します。

監修
渋谷紀子先生
総合母子保健センター愛育クリニック
東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院、山王病院、NTT東日本関東病院などの勤務を経て、現職。専門は小児アレルギー。私生活では四女の母でもある、やさしくパワフルなドクターです。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム