ディズニー絵本のおすすめは?赤ちゃん向けや英語学習向け、プリンセスシリーズなど17冊をご紹介!

コラム
公開日:2019/01/16
ディズニー絵本のおすすめは?赤ちゃん向けや英語学習向け、プリンセスシリーズなど17冊をご紹介!

ミッキーやミニー、ドナルドなど昔ながらのディズニーキャラクターだけでなく、アリエルやラプンツェル、シンデレラなどのプリンセスシリーズ、トイストーリーやカーズなどの冒険ものなど、子どもたちが大好きなディズニーのキャラクターたち。ディズニー絵本はそれぞれのキャラクターのストーリーブックや、ベビー向け絵本、英語学習などの知育絵本、シールブックなど、さまざまな種類がありますよね。どれも、子どもたちに夢と希望を届けてくれるような魅力溢れるものばかり!今回は、ディズニー絵本の選び方やおすすめのディズニー絵本を17冊ご紹介します。子どもも大人も大好きなディズニーの絵本の中からお気に入りの1冊を見つけてみてくださいね♪

先輩ママにディズニー絵本に関する体験談を聞いてみました!

知育絵本で数の数え方を教える

「子どもの3歳の誕生日にディズニーランドへ遊びに連れていきました。そのとき見つけたお土産が、ディズニーの知育絵本。プーさんの大好きなハチミツつぼを数えていくというシンプルな絵本に子どもも大喜び。帰りの新幹線内でもしっかり遊べて、今でもお気に入りの1冊です♪」(3歳の女の子のママ)

ディズニー大好きな姉妹にそれぞれ好きなプリンセスの絵本を

「3歳差の姉妹を育てています。4歳と7歳ですが、ふたりともディズニーのプリンセスが大好き!上の子はラプンツェル、下の子は白雪姫がお気に入りです。プリンセスのドレスやおもちゃ、DVDも買っていますが、絵本もよく買いますね。ディズニーのプリンセスシリーズは、ストーリーを読み聞かせるものだけでなく、シールブックやレターセットなど付録のついたものもたくさん。何冊買っても飽きません!」(4歳と7歳の女の子のママ)

絵探し絵本も楽しい

「うちの子はトイストーリーにはまっていますね。トイストーリーに出てくるキャラクターを探す絵探し絵本が大好きで、ほとんど毎日眺めて遊んでいますよ。」(3歳男の子のママ)

外出時にカバンの中に入れていきます

「ディズニーのベビー向けの絵本は、子どもがひっぱったり噛んだりしても大丈夫なように厚手の紙を使っていておすすめです。サイズも小さ目のものを選んで、外出するときには必ずバッグに1、2冊入れています。移動中や食事中などでも読んだり遊んだりできるので重宝していますよ」(1歳男の子のママ)

英語学習にディズニーの絵本を

「小学生になったことだし、英語学習も初めてみたいなと思ったときに思いついたのがディズニーの絵本。ディズニーキャラクターなら、子どもも興味をもってくれやすいかなと思ったし、もっと大きくなったら英語版のディズニー映画を見せてもいいなと思って英語学習ができるディズニーの絵本を買ってみました。ミッキーやミニー、アリエルなど、好きなキャラクターがだくさん出ているので子どもも喜んでいます。アルファベットを練習できるようなタイプのものもあり、少しずつ買いそろえてみたいなと思っています」(6歳女の子のママ)

ディズニー絵本の選び方は何がポイント?

0歳児向けから幼稚園生向け、小学生向けなど、幅広い年齢の子ども向けに豊富なラインナップが揃うディズニー絵本。「たくさん種類があり過ぎてどれを選んだらよいか分からない!」と悩んでいるママもいるかもしれません。ここでは、ディズニー絵本を選ぶときのポイントをまとめてみました。

子どもの好きなキャラクターで選ぶ

ミッキーやミニー、ドナルド、ディジー、グーフィーなどおなじみのクラシカルな仲間たち以外にもディズニーにはたくさんのキャラクターがいます。
プーさんシリーズや、トイストーリーシリーズ、チップとデールの他に、女の子が好きそうなラプンツェルなどのプリンセスシリーズ、男の子が好きそうなカーズやピーターパンなどなど、ご紹介しきれないほど多くのキャラクターが。そのどれもが、子どもの心に寄り添うような素敵なキャラクターばかり!きっと、ひとりひとりの子どもにも好きなキャラクターがいるはずです。
絵本を選ぶときも、子どもの好きなキャラクターのものを選んでみましょう。ストーリーものだけでなく、あるキャラクターが主人公となった知育絵本や、シールブックなどもありますよ。好きなキャラクターの絵本であれば、子どもも大喜びすること間違いなしですよね。

出版社で選ぶ 

ディズニー絵本を出版している出版社は数多くあります。小学館や講談社、角川書店、うさぎ出版、ポプラ社など、一度は耳にしたことのある大手の出版社からそれぞれ特徴のあるディズニー絵本が出されていますよ。たとえば、講談社が取り扱っている「ディズニーゴールド絵本・ディズニースーパーゴールド絵本シリーズ」は、ひらがな・カタカナ・漢数字のみでストーリーが書かれており、カタカナや漢数字にも読み仮名が振ってあるので文字を覚え始めた年齢の子どもにぴったりです。1冊読んでみて気に入れば、同じ出版社のなかで別の絵本を選ぶというのもひとつの手。インターネットで絵本を探すときに、出版社別に絵本を探してみてもよいかもしれませんね。

シリーズで選ぶ 

ミッキーマウスが映画に登場したのは1928年のこと。その後100年近い年月を経て、ディズニーから多くの物語やキャラクターが生み出されてきました。それらの物語は、世界中の女の子を魅了してやまないプリンセスシリーズはもちろんのこと、男の子が熱狂するような冒険ものや、数十年のときを経て今見ても味わい深いクラシカルなストーリーなど、さまざまなシリーズに分けることができます。ディズニー絵本を選ぶときに、子どもが好きなシリーズのなかから別の物語を探してみてあげてはいいかがでしょうか。たとえば、白雪姫を見てプリンセスシリーズが好きになったのであれば、シンデレラやリトルマーメイド、ラプンツェルなどの他のプリンセスが主役になった絵本を探してみましょう。トイストーリーを見て冒険ものにはまった子どもには、ピーターパンやモンスターズインク、アラジンなど作品が作られた年代に関わらずいろいろな絵本を探してみるとよいかもしれません。

ストーリーで選ぶ

「ディズニーのキャラクターは見たことあるけれど、ストーリーはよく知らない」というママにおすすめの絵本が、それぞれの物語を短くまとめたストーリー集。ひとつひとつのストーリーのダイジェスト版が1冊の絵本にまとめられているので、子どもが興味を示すストーリーを探すのにも役立ちます。短編版ストーリーで子どもが喜んだものがあれば、そのストーリーだけで1冊になっているような長編版ストーリーの絵本を探してみましょう。DVDなどを一度見せてから絵本に入っていってもよいかもしれませんね。ディズニー作品は、繰り返し読んでも楽しめる物語ばかりなので、ひとつのストーリーに対していろいろなタイプの絵本やDVDを選んでみてはいかがでしょうか。

学習内容で選ぶ

ディズニー絵本では、ストーリーブック以外にも知育絵本の種類が豊富です。英語学習に役立つものや、数字や色を勉強するもの、手先をつかうシールブックなど子どもが楽しみながら学べる絵本がたくさんありますよ。未就園児向けには絵や文字が大きいもの、もう少し大きくなった子ども向けには文字が小さくてより情報量の多いものなど、対象年齢に合わせた知育絵本があるようです。子どもが興味を持って楽しみながら学べるような絵本を探してみてくださいね。

本のサイズで選ぶ

0歳児向けから始まり、幅広い年齢層に向けて作られているディズニー絵本は、絵本そのものの大きさや紙の質などもさまざま。手のひらに収まるようなコンパクトサイズの絵本もあれば、図鑑のような大きさの大型図書もあります。コンパクトサイズの絵本は、赤ちゃんといっしょにお出掛けするときにカバンの中に入れていくにも便利です。また、分厚い紙質で作られているものは、赤ちゃんが引っ張ったりかじったりしても破にくくなっていますよ。同じような内容でも、本のサイズで使い勝手は変わってきます。ディズニー絵本にはさまざまなサイズのものがあるので、読みやすいサイズの絵本を探してみてはいかがでしょうか。

おすすめのディズニー絵本が知りたい!

子どもが大好きなディズニーキャラクターのディズニー絵本。幅広い対象年齢に向けてさまざまな絵本が出ています。ここでは、赤ちゃん向け、英語学習向け、プリンセスシリーズの3つのジャンルでおすすめの絵本を合計17冊ご紹介します。早速見ていきましょう!

おすすめのディズニー絵本赤ちゃん向け

ディズニー0歳のベビーえほん(ベビーミッキー)

ベビーミッキー講談社 ¥748 ※2020/04/19 04:02 時点の楽天価格楽天で詳しく見る

ベビーミッキーとベビーミニーの表紙がかわいい、赤ちゃん向けのディズニー絵本です。「なかよしだあれ」「いっしょにあそぼ」の2冊構成になっており、0歳児から眺めて楽しめる絵本となっています。柔らかなピンク色の表紙にほっとしますよね。新生児期には、ベビーベッドの近くにインテリアとして飾っていてもよいかもしれません。コンパクトサイズなので、お出掛けやお泊りのときにはママのカバンに気軽に入れて持ち運ぶことができますよ。

【口コミ】

「出産祝いで頂きました。私がディズニー大好きなので嬉しかったですね。今は飾って楽しんでいます!座れるようになったら子どもにも見せてあげたいなと思っています」

プーさんの知育えほん わくわく1歳 (ディズニーブックス)

新訂版 プーさんの知育えほん わくわく1歳 (ディズニーブックス)講談社 参考価格:¥3,650Amazonで詳しく見る

1歳の誕生日を過ぎた頃の赤ちゃんにぴったりの図鑑系の絵本です。プーさんといっしょに、さまざまな物の名前に触れていく内容になっていますよ。1歳児にとって身近な食べ物や動物、遊びや乗り物など、絵や写真を通して学ぶことができるでしょう。プーさんの知育絵本はシリーズになっていて、2歳児向け、3歳児向けの図鑑も出ているようです。誕生日ごとにプレゼントしてもよいかもしれませんね。

【口コミ】

「写真がたくさん載っていて満足しています。物の名前を覚えるきっかけになりますね。図鑑系の本にしては安いと思います。内容が盛りだくさんなのでお得ですね」

ディズニーの読み聞かせえほん にこにこ2歳 (ディズニー物語絵本)

ディズニーの読み聞かせえほん にこにこ2歳 (ディズニー物語絵本)講談社 参考価格:¥5,935Amazonで詳しく見る

ディズニーストーリーの中から選ばれた5話を2歳児向けにそれぞれ短くまとめてあります。この絵本には「ピーター・パン」や「みにくいあひるのこ」などの名作が入っていますよ。大きめのイラストと簡潔なストーリーが◎です。また、読み聞かせのポイントも載っているので、ママも楽しく読み聞かせをすることができるのではないでしょうか。少し厚手の紙で作られているので、破けにくいところもおすすめポイントです。

【口コミ】

「ひとつひとつのお話が短いので、子どもが途中で飽きずに聞いてくれます。うちでは寝かしつけのときに読んでいますね。何回も読んでいますが、喜んで聞いてくれますよ。お気に入りの1冊です」

東京ディズニーランドに でかけたくなる ディズニーの名作10話 (ディズニー物語絵本)

東京ディズニーランドに でかけたくなる ディズニーの名作10話 (ディズニー物語絵本)講談社 参考価格:¥589Amazonで詳しく見る

赤ちゃんが産まれると、子どもといっしょにディズニーランドやディズニーシーに行くことを計画するママやパパも多いのではないでしょうか。ディズニーランド内のアトラクションに沿ったストーリーやキャラクターが集められている絵本なので、事前に読み聞かせするとディズニーランドをより楽しめるでしょう。ディズニーシー版も出ているようなので、2冊買ってもよいですね。

【口コミ】

「ディズニーランドに行く前に子どもに読み聞かせようと思って購入しました!ディズニーランドに行く気分が高まって、子どもだけでなく親もますます楽しみになってきています」

ディズニー絵本で英語を学ぼう

0~3歳 英語つき ディズニーベビー はじめての ずかん 170 (ディズニーブックス)

0~3歳 英語つき ディズニーベビー はじめての ずかん 170 (ディズニーブックス)講談社 参考価格:¥3,413Amazonで詳しく見る

0~3歳の未就園児向けの図鑑絵本です。食べ物や果物、動物や乗り物、色、形など、子どもにとって身近な170ものアイテムが載っていますよ。写真とかわいいディズニーキャラクターのイラストで、子どもも興味を持ちやすいのでは?日本語の下には、英語表記の名前とネイティブに近い発音のカナが振ってあり、英語学習の入り口にぴったりの絵本です。

【口コミ】

「英語に興味を持つきっかけになるんじゃないかなと思い、3歳の娘に購入しました。アクセントに注意したカナが振ってあるのもよいですね。いっしょに発音しながら勉強しています。物の名前は、日本語と英語で音が違うんだということが伝わっていると思います」

リロ&スティッチ (ディズニーの英語ストーリーブック―ディズニー・イングリッシュ)

リロ&スティッチ (ディズニーの英語ストーリーブック―ディズニー・イングリッシュ)学研プラス 参考価格:¥653Amazonで詳しく見る

ハワイに住む女の子リロと不思議な生物スティッチが主役の映画作品「リロ&スティッチ」を絵本化したものです。日本語のお話をベースにときどき英語が出てくる形式になっています。シールで遊べる英語ゲームや単語リストもついていて、ただストーリーを追うだけではなく、英語学習をより深めることができるのではないでしょうか。ネイティブ・スピーカーの朗読などが収録されたCDもついていて、耳からの英語学習にもぴったりです。

【口コミ】

「リロ&スティッチが大好きな娘のために購入。朗読や英語の歌のCDもついていて、自然な英語が学べるところが気にいっています。楽しみながら英語に触れられるのがよいですね」

ディズニーのえいごのおうた

ディズニーのえいごのおうた (ディズニーのえいごのほん)ポプラ社 参考価格:¥6,030Amazonで詳しく見る

「ミッキー・マウス・マーチ」や「あたま、かた、ひざ、つまさき」などの英語の歌が入っている音の出る絵本です。18曲入っているので、繰り返し聞いても飽きることがなさそうですね。歌詞にはひらがなで読み方表記が振ってあるので、歌の練習もしやすくて◎。

【口コミ】

「効果音が出るので楽しいようです。音楽に合わせて音を出したりして遊んでいますね。遊びのなかで英語の歌を聞いて耳を慣らしてもらえればいいなと思っています」

ディズニー プリンセス お絵かきボードと絵本のセット 英語版 

Disney Princess Learn to WriteDisney Princess  参考価格:¥350Amazonで詳しく見る

プリンセス好きな子どもにおすすめのお絵かきボードセットです。お絵かきボードの下には、大文字と小文字のローマ字の載った英語の絵本がついています。プリンセスのかわいいイラストに英語の学習意欲が高まることでしょう。読み仮名はついていませんが、英語の文章も載っているのでママが読んであげるとよいですね。

【口コミ】

「娘はアリエルが大好きなので大喜びでした。お絵かきボードには絵をかいたり、見よう見まねでローマ字を練習したりしています。大文字と小文字両方載っているのがよいですね」

おすすめのディズニー絵本プリンセスシリーズ

レターセットつき! アナ エルサ オラフの おてがみブック

レターセットつき! アナ エルサ オラフの おてがみブック (ディズニーブックス)講談社 ¥880 ※2020/04/18 03:52 時点の楽天価格楽天で詳しく見る

「雪の女王」のメインキャラクター、アナとエルサ、オラフといっしょに手紙の書き方を学べる絵本です。さらに、便箋8枚・ミニ封筒4枚・シールシート1枚とオリジナルのレターセットもおまけでついているので、絵本で学んだことをすぐ実践してお手紙ごっこができますよ。

【口コミ】

「幼稚園で手紙の交換が流行りだして、年長の娘が欲しがったので購入しました。宛名を書くなど手紙の基本も学べるのでよいですね。レターセットが付いていて、子どもも大喜びでした」

ディズニーの知育えほん リトル・マーメイド たっぷり ちがいさがし

ディズニーの知育えほん リトル・マーメイド たっぷり ちがいさがし (ディズニーブックス) (デイズニーブックス ディズニーの知育えほん)講談社 参考価格:¥3,057Amazonで詳しく見る

名作映画「リトル・マーメイド」から名シーンを抜き出して、間違い探しをつくった絵本です。アリエルが大好きな子どもにおすすめですよ。各ページ20~21個の間違いがあるので、じっくり時間をかけて遊ぶことができそうです。3歳頃から楽しむことができるでしょう。

【口コミ】

「帰省する新幹線内で遊ぶために購入しました。アリエルも間違い探しも大好きな娘にはぴったり!難し過ぎず簡単過ぎない間違い探しのおかげか、飽きずに遊んでくれて親も助かりましたよ」

アナと雪の女王/エルサのサプライズ 角川アニメ絵本

アナと雪の女王/エルサのサプライズ 角川アニメ絵本KADOKAWA 参考価格:¥4,599Amazonで詳しく見る

角川書店のアニメ絵本シリーズから出ている「アナと雪の女王」のストーリーブックです。ディズニー初のふたりのプリンセスが登場したことで有名な「アナと雪の女王」。世界中で大ヒットとなった作品ですよね。最新の短編「エルサのサプライズ」も収録されていて、読み応えのある1冊となっています。使われている絵は、劇場カットの名シーン。映画の感動が絵本でも蘇ります。角川書店のアニメ絵本シリーズでは、「美女と野獣」や「眠れる森の美女」など他のプリンセスたちの映画作品も絵本になっているので探してみてはいかがでしょうか。

【口コミ】

「年少の下の子には少し長いように感じますが、小学1年生の上の子には読み応えがあってよいと思います。映画が好きでDVDを繰り返し見ていたので、物語にもすっと入っていけたようです。歌詞が載っているのもよいですね」

ディズニーおなはしだいすき プリンセスコレクション (ディズニー物語絵本)

[新装版]ディズニーおなはしだいすき プリンセスコレクション (ディズニー物語絵本)講談社 参考価格:¥233Amazonで詳しく見る

たくさんのディズニープリンセスを1度に読みたいなら、この絵本がおすすめ。「リトル・マーメイド」「美女と野獣」「シンデレラ」「白雪姫」「アラジン」「眠れる森の美女」の6つの作品がひとつひとつ丁寧に描かれています。総ページ数は296ページ。大きめの本ですが、少しずつ読み進んでいって長く楽しむことができそう。ひらがなとカタカナの他に簡単な漢字も使われていますが、ルビが振られているので子どもがひとりで読むのにもぴったりです。

【口コミ】

「お姫様に憧れを持っている娘のために、ディズニープリンセスの出てくる絵本を探してこの絵本にたどりつきました。たくさんのプリンセスが出てくるのでお得感がありますね。娘は、アリエルが好きになったみたいです」

ちいさなプリンセス ソフィア ディズニープリンセスがでてくる 10のおはなし

ちいさなプリンセス ソフィア ディズニープリンセスがでてくる 10のおはなし (ディズニー物語絵本)講談社 参考価格:¥393Amazonで詳しく見る

地上波やディズニーチャンネルで放映されているアニメ「ちいさなプリンセス ソフィア」。普通の女の子だったソフィアがお姫様になる、素敵な物語ですよね。これは、アニメの中で他のディズニープリセンスがゲスト出演する10作品を絵本にしたものです。シンデレラやジャスミン、ラプンツェルやメリダなど、10人のディズニープリンセスとの出会いを通してソフィアがプリンセスとして成長していく様子をみることができるでしょう。ソフィアが大好きな子どもにも、他のディズニープリンセスが大好きな子どもにもおすすめしたい1冊です。

【口コミ】

「ソフィアが好きで、アニメも欠かさず見ています。ソフィアと他のディズニープリンセスが繰り広げるお話が入っているこの絵本も大好き。お気に入りの1冊です」

塔の上のラプンツェル (ディズニー プレミアム・コレクション)

塔の上のラプンツェル (ディズニー プレミアム・コレクション)永岡書店 参考価格:¥1Amazonで詳しく見る

塔の上から下に届くほど長い魔法の髪を持ったラプンツェル。グリム童話の主人公をディズニーが現代のお姫様として蘇らせた名作です。ラプンツェルが塔の外に飛び出して大冒険をするこのお話は、子どもも大人も楽しめる絵本になっています。26ページとお話は少し長めですが、15㎝×15㎝とコンパクトサイズなので持ち運びにも便利。

【口コミ】

「コンパクトサイズなのでお出掛けするときにはいつもカバンに入れていきます。レストランの待ち時間などでも読めるので重宝していますね」

ディズニースーパーゴールド絵本 美女と野獣 (ディズニーゴールド絵本)

ディズニースーパーゴールド絵本 美女と野獣 (ディズニーゴールド絵本)講談社 参考価格:¥2,974Amazonで詳しく見る

講談社のディズニーゴールド絵本シリーズから出ている「美女と野獣」の物語です。村に住む美しく賢い女性エベルが、恐ろしい野獣の心を徐々に開き、最後には王子様に戻った野獣といっしょになるというストーリーです。アニメ映画が制作されたのは1991年ですが、2017年にエマ・ワトソンが主演で実写化されたことでも有名ですよね。2020年には、東京ディズニーランド内に美女と野獣のエリアもオープンする予定だそう。絵本でも美女と野獣のお話を楽しみたいですね。

【口コミ】

「この絵本で美女と野獣のファンになった娘。ベルになれるドレスなども探してみています」

ディズニースーパーゴールド絵本 シンデレラ (ディズニーゴールド絵本)

ディズニースーパーゴールド絵本 シンデレラ (ディズニーゴールド絵本)講談社 参考価格:¥482Amazonで詳しく見る

プリンセスと言えばシンデレラが思い浮かぶママも多いのでは?講談社のディズニーゴールド絵本シリーズから出されている「シンデレラ」です。挿絵には映画の名シーンが使われているので、絵本の読み聞かせと合わせてDVDを見せてあげると喜ぶかもしれませんね。

【口コミ】

「自分が小さい頃にシンデレラを見て育ったので、娘にもシンデレラ好きになってほしいなと思い絵本を買いました。DVDも借りて見せようと思います」

ディズニースーパーゴールド絵本 リトル・マーメイド (ディズニーゴールド絵本)

ディズニースーパーゴールド絵本 リトル・マーメイド (ディズニーゴールド絵本)講談社 参考価格:¥2,975Amazonで詳しく見る

人魚姫のアリエルと人間の王子様の恋物語である「リトルマーメイド」。赤い髪がトレードマークの好奇心旺盛なプリンセス、アリエルが大好きな子どもも多いのではないでしょうか。シンプルにまとめられた絵本なので小さい子でも飽きずに読めますよ。

【口コミ】

「ディズニーシーでリトル・マーメイドのエリアであるマーメイドラグーンに行ってからすっかりアリエルのファンになった娘。グッズや絵本でも、リトル・マーメイドのものが大好きです。ワンコインで購入できるのでおすすめの絵本ですね」

文/伊藤美保子

あなたにおすすめ

注目コラム