離乳食を吐いた!原因は?対策&対処法どうする?【小児科医監修】

 専門家監修
公開日:2018/12/22
更新日:2019/09/18
離乳食を吐いた!原因は?対策&対処法どうする?【小児科医監修】
監修
渡辺とよ子先生
わたなべ医院院長

この記事は、離乳食を吐く赤ちゃんについてまとめたものです。張り切って作った離乳食なのに、口に入れたと思ったら吐いちゃった! こんな経験はありませんか? 離乳食を吐くのは何か病気があるから? それとも調理の問題なのでしょうか? うろたえる前に知っておきたい基礎知識です。

●離乳食を吐く原因は何?

・赤ちゃんの胃は吐きやすい形をしている

離乳食を吐く理由はいくつか考えられますが、ひとつ知っておいてほしいのは、赤ちゃんはそもそも大人にくらべて生理的に吐きやすいということです。

大人の胃にはくびれがあり、いちど入ってきたものを逆流させない機能もしっかりしています。ですから、食べた物が自然に出てきてしまうということはまずありません。しかし、赤ちゃんの胃のくびれは大人にくらべるとあまり傾斜がなく、寝返りをするなどの体勢の変化で食べた物が出てきてしまうことがあります。母乳やミルクの場合には、この現象に溢乳(いつにゅう)という名前がついています。特に初期の離乳食はドロドロしているために逆流しやすく、溢乳に近いことが起きる可能性があります。

胎児、赤ちゃん、大人の胃の形の比較胃の形のイメージ図。赤ちゃんの胃は大人にくらべてくびれが少なく、吐きやすい形をしている。

・量を食べ過ぎている

離乳食の量が多すぎると前述の「溢乳」のように、食べ物があふれ出てしまうことがあります。

・咳込んだ刺激で吐いてしまう

風邪をひいていたり、急に冷たい空気にふれたりしたときに咳込むと、その刺激で吐くことがあります。腹圧がかかることで、胃の中身が逆流するのです。

・食物アレルギーがある

特定の食べ物を体が「異物」と判断し、排除しようとして発疹や下痢、咳などの症状が出るもので、吐くこともあります。普段は問題がない食べ物でも、体調が悪いときに反応が出ることもあります。

・胃腸炎などの感染症にかかっている

吐き気をともなう病気にかかっていると、食べた物を吐くことがあります。赤ちゃんによく見られるのは、ウイルス性胃腸炎。ノロウイルス、ロタウイルスなど、原因になるウイルスにはいくつかの種類があります。吐き気とともに下痢、発熱などの症状が見られます。胃腸炎ではなく、風邪やインフルエンザで吐くことも。

・消化管の閉塞を起こしている

離乳食の時期の赤ちゃんの消化管閉塞で代表的なのは、腸重積(ちょうじゅうせき)です。腸重積とは、腸の一部が腸にもぐりこんでしまう病気です。突然不機嫌になり、激しく泣くのと泣きやむのをくり返すのが典型ですが、あまり泣かないケース、逆にずっと不機嫌でグズグズしているケースもあります。吐いたり、血便が出たりすることもあります。

離乳食時期ではありませんが、新生児の場合は先天性の腸閉塞や幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)があります。先天性の消化管閉塞は出生後数日以内に症状が出て、緊急手術が必要になることも。幽門狭窄症による嘔吐は生後1ヶ月ぐらいの男児に多く、吐き始めると飲んだものをほとんど吐き続けます。小児科を受診して手術が必要となることもあります。

・脳内でトラブルが起きている

ウイルスや細菌が脳に入り込んで髄膜炎や脳炎を起こしている、頭を打って頭蓋内で出血しているなど、深刻なトラブルが起きている場合も吐くことがあります。

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

監修
渡辺とよ子先生
わたなべ医院院長
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。

あなたにおすすめ

注目コラム