【1歳児向け】絵本の人気おすすめ20作品をご紹介!

コラム
公開日:2019/01/07
更新日:2019/03/27
【1歳児向け】絵本の人気おすすめ20作品をご紹介!

本記事では1歳児向け絵本について大特集。1歳児向け絵本にふさわしい要素・期待できる知育効果&学習効果・選び方を紹介します。「1歳を過ぎてから、ますます絵本に興味を持ち始めた」という赤ちゃんのために、年齢に見合った絵本を選んであげたい、どれを選べば良いの?と考えているパパやママは必見!おすすめの1歳児向け絵本20作品もピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

1歳児向け絵本に適切な要素とは?

1歳児向け絵本の適切な内容とは、どのようなものなのでしょうか?文章・ストーリー・イラストの3点について、チェックしてみましょう。

「てにをは」入りの文章

0歳児向け絵本に登場する言葉は、単語や擬音語・擬態語が多かったかもしれませんね。言葉のインプット・アウトプットが活発になり始める1歳頃は、絵本の言葉も少し進んで「てにをは」入りの文章が多くなってきます。絵本を読み聞かせることで、赤ちゃんが「てにをは」でつなげた文章に触れる機会が増えるでしょう。それはいずれ、単語や二語文などから、意味の通る文章を話すことへもつながるはずです。

繰り返しのストーリー

1歳児は、獲得した言葉を理解し始める頃。イラストだけでなく、言葉でもストーリーの雰囲気をつかめるようになるでしょう。中でも、繰り返し同じようなストーリー展開になっているものを赤ちゃんは好むようです。毎日たくさんの「新しい」に触れる赤ちゃんは、ストーリーが繰り返されることに安心感を覚えるのとか。大人は単純に感じても、ページによってわずかに違うイラストや言葉を、赤ちゃんはしっかり楽しんでいるようです。

カラフルなイラスト

0歳児向けの絵本は、視力の発達途中にいる赤ちゃんが見分けやすいように、原色や少ない色を組み合わせたイラストが多いようです。一方、1歳頃はたくさんの色を識別できるようになると言われています。そのため1歳児向け絵本では、イラストの色に種類が増えたり濃淡があったりするものが多いのだとか。そうなると、立体的で実物に近いイラストが描けるため、絵本のイラストを眺めるだけでも赤ちゃんの脳を刺激しそうですね。

1歳児向け絵本で期待できる知育効果・学習効果とは?

1歳児向け絵本では、どのような知育効果・学習効果が期待できるのでしょうか?

想像力を育む

絵本の中でたくさんのストーリーや登場人物に触れることで、場面を想像する力や、他人の気持ちを思いやる心を育むことにつながります。豊かな想像力は、やがて表現力にもつながっていくでしょう。
また、他人の気持ちを考えたり、その場合どうすれば良いかを学んだりする機会にもなるため、人間関係の構築にも良い影響を与えそうです。将来、保育園や幼稚園などの集団生活に入る際も、きっと役立つでしょう。

学習能力を高める

一般的に、1歳頃は少しずつ話し始め、言葉をどんどん獲得する時期と言われています。そのため、たくさんの言葉に触れられる絵本の読み聞かせは、1歳の赤ちゃんにとって脳への良い刺激となるでしょう。
ノーベル賞を受賞した研究者の中には、「6歳までの教育で、その後の学力・進路・年収などに影響を与える」という人もいるのだとか。つまり、絵本は、赤ちゃんの頃から学習の基礎につながる大切なアイテムだと言えるかもしれません。

▼「考える力」を育むおすすめの通信教育はこちら

【こどもちゃれんじ】の通信教育

1歳児向け絵本の選び方が知りたい!

ここでは、1歳児向け絵本を選ぶときのポイントを紹介します。

好みのイラストで選ぶ

話し始めるとはいえ、1歳頃はまだ言葉よりも視覚に頼る赤ちゃんが多いでしょう。絵本の大部分を占めるのは、イラストですよね。そのため、1歳児向けの絵本選びで迷ったら、イラスト重視で選ぶこともおすすめ。
たとえば、赤ちゃんが好きなキャラクター・自動車・動物・食べ物などがたくさん載っている絵本が適しています。きっと、イラストを見せるだけで、赤ちゃんが絵本に興味を示してくれるでしょう。

リズム感あふれる言葉遊びで選ぶ

「オノマトペ」という言葉を知っていますか?こちらはフランス語で「擬声語・擬態語」という意味。たとえば、
・「ワンワン」「ニャー」などの動物の鳴き声
・「ビュービュー」「ガチャーン」などの自然や物の音
・「ドキドキ」「ワクワク」などの気持ちを表す言葉
・「ツルツル」「テカテカ」などの物の状態を表す言葉
などです。
オノマトペは言葉にリズム感を与え、絵本の読み聞かせがさらに楽しいものになります。赤ちゃんを絵本の世界により引き込めるため、オノマトペが使われている絵本を選ぶこともおすすめ。

しつけや知育が期待できるものを選ぶ

1歳を過ぎるころは、少しずつ自分でできることも増えてくる時期ですよね。着替えや歯磨きなど、日常生活で必要なことを学べる絵本もあります。また、あいさつの練習や寝かしつけにぴったりの絵本なども豊富。
さらに、たくさんのことを吸収して伸びる時期だからこそ、知育効果が期待できる絵本も選びたいところです。日本語と合わせて英語が載っている絵本や、発見することで脳を刺激するしかけ絵本などもぴったりでしょう。

あなたにおすすめ

注目コラム