【小児科医監修】水疱瘡の潜伏期間や治療法は? 予防接種は?【症例写真あり】

 専門家監修
公開日:2018/12/31
更新日:2019/03/22
【小児科医監修】水疱瘡の潜伏期間や治療法は? 予防接種は?【症例写真あり】
監修
渡辺とよ子先生
わたなべ医院院長

この記事は、水疱瘡(水痘、水ぼうそう)についてまとめたものです。水疱瘡は子どもによく見られる病気です。たいへん感染力が強く、今のママ世代・おばあちゃん世代では、多くの人がこの病気を体験しました。2014年にワクチンが定期予防接種となったことで、近年は患者数が減ってきています。水疱瘡について、詳しく解説します。

水疱瘡とはどんな病気? 原因は何?

とても感染力が強い水疱瘡のウイルス

水疱瘡(水痘、水ぼうそう)を引き起こすのは、水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)というウイルスです。患者のせきやくしゃみで飛び散ったり空気中に漂ったりしているウイルスを、吸い込むことで感染します。とても感染力が強いウイルスで、保育園や幼稚園で1人患者が出ると、クラス全員に次々とうつる、ということも珍しくありません。

水疱瘡に最もかかりやすいのは、10歳以下の乳幼児。赤ちゃんはママからいろいろな病気に対する抗体をもらって生まれてきますが、ママが水疱瘡にかかったことがなければ新生児でも感染することがあります。

潜伏期間は長ければ3週間

水疱瘡の潜伏期間は10~21日。感染してすぐは特に自覚症状がなく、10~21日ぐらい後に症状があらわれます。発熱は2~3日で、水疱は1~2週間でだんだん消えていくのが一般的な経過です。発疹のかゆみなどで、発症から3~4日はつらい時期です。

水疱瘡の症状は? 

発疹は体のどこにでもできる

水疱瘡はその名の通り、水ぶくれのような発疹が全身にできる病気です。

最初は微熱程度の発熱があり(発熱しないこともあります)、赤く細かい発疹が出ます。発疹は短時間で水疱になり、全身に広がっていきます。

熱が高熱になることは少なく、高くても39度ぐらいのことが多いでしょう。

発疹はお腹や背中、口の中、頭皮、耳の穴、まぶたの裏など、全身のどこにでも出ます。赤く細かい発疹はほどなく中に水を持った水疱になり、やがてその水疱がかさぶたになって消えてきます。発疹がかさぶたになるまで1~2週間程度。ただし、次々に新しい発疹が出てくるので、「赤い発疹」「水疱」「かさぶた」が混在した状態になります。

発疹の出方は人それぞれで、ポツポツと数えられる程度にしか出ない子がいるかと思えば、全身くまなく発疹に覆われてしまう子もいます。

水疱瘡軽い水疱瘡が軽かった例。顔や体にポツリポツリと発疹が出ました。

水疱瘡重い発疹は全身に。発疹の数も多く比較的重かった例。

つらいのは熱よりもかゆみ

水疱瘡で高熱が出ることはあまりありません。それよりもつらいのは、発疹です。たいへんかゆみが強く、言葉でコミュニケーションできない赤ちゃんはぐずったり不機嫌になったりします。かゆくて寝られない、寝てもすぐに目を覚ましてしまう、といったこともあります。

水疱瘡の体験談

手足口病と誤解しました(5ヶ月)

お風呂のとき、手のひらや頭に赤い発疹が出ていることに気がつきました。「なんだろう?」と思って赤ちゃんの病気の本で調べて「手足口病じゃないかな?」と自己判断。2日目に受診したところ、水疱瘡と診断されました。熱はなくわりと元気でしたが、発疹はどんどん増え、4日目にはピークに。かゆみがあると聞いていましたが、さほどかゆがらず、寝ているときに無意識にかく程度でした。5日目には水疱がかさぶたになってきて、7日目にはきれいに。熱は最後まで出ませんでした。症状は軽かったと思います。

発疹が次々と増えていく!(3歳)

1日目/最初に、大きな発疹がひとつできているのを発見。この発疹は治ったあとも、クレーターのように跡が残りました。

1日め

2日目/前日は出ていなかった背中にも、あっという間に発疹が広がりました。発疹に塗っている白いものは、かゆみ止めの薬。

2日目

3日目/この日がピーク。とてもかゆがったので、服の上から軽くたたいたりしました。

3日目

5日目/小さな発疹は消え、大きなものだけに。最終的には1週間ほどですべての発疹がかさぶたになり、新しい発疹は出なくなりました。

5日目

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

監修
渡辺とよ子先生
わたなべ医院院長
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。

あなたにおすすめ

注目コラム