妊婦が風疹にかかったら?胎児への影響や予防法は?【産婦人科医監修】

 専門家監修 公開日:2018/12/07
妊婦が風疹にかかったら?胎児への影響や予防法は?【産婦人科医監修】
監修
平原史樹
国立病院機構横浜医療センター院長

今、日本では風疹が大流行しています。このため、風疹ウイルスがほぼ排除できているアメリカでは、「風疹に対する免疫のない妊婦の日本への渡航は控えるように」という勧告がでているほど。日本は今、そんなに妊婦にとって危険な場所なのでしょうか。風疹がはやることがなぜ妊婦やおなかの赤ちゃんにとってこわいことなのか、国立病院機構横浜医療センター院長の平原史樹先生にお話を伺いました。

https://www.niid.go.jp/niid//images/idsc/disease/rubella/2018pdf/rube18-46.pdf

本来、風疹がはやるのは春先から夏といわれてきました。でも2018年は秋から、罹患者がどんどん増えています。流行する季節性が変化しており、これは風疹に限らずRSなどにもみられており、日本の気候の変動が関与しているのかもしれません。通常なら秋になったらいったん減るはずが、11月になってなお増え続けています。昨年は年間の風疹罹患者は、最高時93人でしたが、今年は2000人を突破しており、桁違いに多くなっているのです。

そもそも風疹ってどういう病気?

風疹は、ウイルス性の感染症疾患。発疹、リンパ節の腫れ、発熱が主な症状です。大人がかかった場合、いずれの症状も一般的に軽いことが多く、発熱しても軽い場合も多く、はっきりとした発疹が出ると風邪ではない別の病気かと思われるかもしれませんが、発疹があまり出ないこともあり、リンパの腫れや微熱だけでは、ただの風邪と思われることもあります。

こうした軽い症状なら、忙しい人はわざわざ医師の受診をしないかもしれません。そうすると風疹なのか、ただの風邪なのか、ますますよくわからないということもあります。さらに、症状が出ない、不顕性感染(ふけんせいかんせん)ということもあります。

風疹の治療は、症状が消えるまでの時間を待つしかなく、解熱薬、鎮痛薬などの対症療法しかありません。

そして、感染している人の咳やくしゃみなどから、ほかの人へと飛沫感染します。不顕性感染や、症状が非常に軽い場合も、ウイルスが体内で生きている間は、感染力を持っているので、気づかないうちにウイルスをまき散らしている人がたくさんいる、ということ。風疹は非常にやっかいな病気なのです。

妊婦さんへの影響は?先天性風疹症候群とは?

妊婦さん自身は大人なので、そんなに強い症状が出ることはないかもしれません。ですが、こわいのは、ウイルスが胎盤を通過して赤ちゃんに行くこともあるということです。

特に、各器官が形成される妊娠ごく初期、妊娠判明から妊娠5カ月くらいまでの時期が心配です。

一番多く影響を受けるのは心臓。心疾患が多く起こります。目には白内障や緑内障が、耳は聴覚障害が起こる可能性があります。頻度は少ないですが、小頭症など脳への影響があると知的障害がある場合もあります。

また、耳の機能は遅く完成するので、妊娠5カ月の終わり、20週ごろまでは影響があります。

ただ、風疹はそれほど強いウイルスではないので、赤ちゃんの命を脅かす、つまり流産させてしまうほどのダメージ力はもっていません。そのかわり、赤ちゃんの体に障害を残すウイルスが風疹です。どのくらいの確率で障害が残るかは、感染した時期や感染したときの症状にもよりますが、ごく初期ほど影響は大きく、妊娠2カ月で50%ともいわれています。

こうして体内で風疹ウイルスに感染し、影響が残ることを、先天性風疹症候群(せんてんせいふうしんしょうこうぐん)と呼びます。

妊婦さんはとにかく「うつらないように!」

妊娠がわかったら、まず、できるだけ早い時期に風疹抗体検査を受けてください。血液を採取して、血中に抗体があるかないかを調べます。抗体価はHI(赤血球凝集抑制法)の値で示されることが多く、その数値が高いほど風疹に対する免疫が高く、一般的には32倍以上ならセーフティーゾーンとしています。

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/dl/140425_1.pdf

風疹抗体価は、ほかの妊娠初期の血液検査と一緒に行うことが多いのですが、通常は、2回目以降の受診時や赤ちゃんの心拍が確認されてから、ということが多いようです。効率よく無料妊婦健診票を使いたい、ということから、風疹抗体検査も、初回の診断時ではなく次の健診時にほかの検査とまとめてということが多いようです。でも、心拍が確認されるのを待ったり、2回目以降になってからの受診時に検査したのでは、結果が出るのは妊娠3~4カ月となり、風疹の影響がもっとも強いとされる時期はすでに過ぎてしまうのです。

今、この風疹抗体検査だけ、初回の妊娠診断時に抜き出して先に検査して、健診票1回分の中でカバーできないか、ということも勧められています。とにかく、妊娠がわかったら、すぐに風疹抗体価を検査してほしいのです。

妊婦さん自身と同時に、同居している家族、特に風疹抗体の有無がわからないご主人は、風疹抗体検査を必ず受けてください。先天性風疹症候群のうち、1/3はパートナーからの感染ということもわかっています。妊婦さん自身、夫・パートナーの抗体検査の結果が出るまでは、流行地にいる場合はかなりの注意をしてください。場合によっては、実家に行くなどすることも考えてほしいものです。

夫や家族が風疹抗体検査ができる施設は、地域の自治体の保健所に聞くとわかりますし、検査代の補助が出るところもあります。かかりつけの産科で一緒に採血検査してもらうこともよいでしょう。

このように、夫だけでなく一緒に暮らしている家族は全員、抗体検査を受け、もし抗体価が低かったら、ワクチン接種をお願いします。

監修
平原史樹
国立病院機構横浜医療センター院長
【ひらはら・ふみき】 1977年、横浜市立大学医学部卒業、同産婦人科。1984年、アメリカメイヨークリニック免疫遺伝学リサーチフェロー。1998年、横浜市立大学大学院医学研究科教授(生殖生育病態医学産婦人科)。2012年、同附属病院病院長。2016年、国立病院機構横浜医療センター院長就任。”風疹ゼロ”プロジェクト作業部会代表。
http://www.yokohama-mc.jp/greeting/

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム