赤ちゃんの血便の原因と解消法は? アレルギーなの?【小児科医監修&ママの体験談】

 専門家監修
公開日:2019/01/17
更新日:2019/03/22
赤ちゃんの血便の原因と解消法は? アレルギーなの?【小児科医監修&ママの体験談】
監修
十河 剛先生
済生会横浜市東部病院 小児肝臓消化器科副部長

この記事は、赤ちゃんの血便についてまとめたものです。赤いうんちが出たら、ママはビックリしてしまいますね。血便が出たときは、何らかの病気が隠れている可能性が考えられます。赤ちゃんの機嫌がよくても、必ず小児科の専門医を受診して原因を特定し、必要に応じた治療を受けることが大切です。血便の種類や原因、受診の目安と先輩ママたちの体験談をご紹介します。

赤ちゃんにみられる「血便」とはどのようなもの?

血液が混じった赤いうんちは病気のサインの可能性が

赤ちゃんのうんちの色には、さまざまなものがあります。一般的に、黄色、茶色、緑色のうんちは、健康なうんちと考えられます。一方、赤色、黒色、白色のうんちは、トラブルのサインと考えられます。

うんちの色が赤いことは、便に血液が混じっていることを意味し、この赤色のうんちを「血便」といいます。血便は、出血の量や便の状態などによっていくつかの原因が考えられます。肛門が切れる切れ痔などの場合もありますが、小腸あるいは大腸から出血しているときにもみられ、病気のサインである可能性があります。

黒いうんちは、出血が肛門や大腸ではなく、十二指腸や胃など肛門から遠い部分で出血が起きている可能性があります。

白いうんちは、胆道閉鎖症や新生児肝炎、ロタウイルスやノロウイルスなどが原因で起こるウイルス性胃腸炎などの場合にみられます。

赤ちゃんの血便、その種類と原因は?

糸状の血液が混じる便はアレルギーによることも

うんちに糸状の血液が混じっている場合は、肛門の近くで少量の出血があったことが考えられます。原因として、便秘による切れ痔(裂肛)、食物アレルギー、サイトメガロウイルス感染症などが挙げられます。
切れ痔によるものは、緊急性は高くなく、あまり心配することはありませんが、うんちをやわらかくするなど便秘を解消するための治療やケアを心がけることが必要です。

食物アレルギーにより、血便が出ることもあります。ミルクに含まれる牛乳たんぱくや、母乳に含まれるごく少量のたんぱく成分によって、アレルギー反応が起こり、血便が出ます。
母乳育児の場合は母乳そのものによるアレルギーではなく、母乳に含まれる「ママが摂取した食べ物や飲み物に含まれる成分」によるアレルギーと考えます。

サイトメガロウイルスとは、多くの人の体内にもともと存在するウイルスで、ママの母乳や唾液などを介して赤ちゃんに感染します。感染しても、多くは何も症状が出ませんが、なかには肝炎や腸炎を起こすことがあり、その場合は血便がみられます。

糸くず状の血液が混じっている場合、食物アレルギーやサイトメガロウイルス感染症などが原因と考えられます

いちごジャムのような血便や粘液状の血液が混じっている便は要注意

うんち全体が赤い、いちごジャムのような血便は、腸重積症という病気による可能性があります。腸重積症とは、腸の一部が腸のなかに入り込んでしまう病気で、腸の運動に合わせて5~15分おきに強い腹痛が起こるため、ときどき激しく泣いてはおさまるということを繰り返します。
しかし、腸重積でイチゴジャム様が出ることは、むしろ少ないです。火が付いたように泣いたかと思ったらケロっとするというのを繰り返すようであれば、血便がなくてもすぐに小児科を受診しましょう。

腸重積症の場合、いちごジャムのような血便がみられます

ドロッとした粘液状の血液がうんちに混じっている血便は、細菌性胃腸炎かもしれません。サルモネラ菌、カンピロバクターなど、原因となる菌は多くあり、血便のほか、下痢や嘔吐、発熱などの症状をともなうことがあります。

細菌性胃腸炎では、便にドロッとした粘液状の血液が混じることがあります

黒いうんちは胃や十二指腸から出血している可能性が

赤いうんちは、肛門の近くで出血していることが考えられますが、黒いうんちは、胃や十二指腸など、上部の消化管で出血していることが考えられます。
黒いうんちが出たときは、胃潰瘍によって胃の粘膜から出血しているのかもしれません。腸を通過して体外に出てくるまでに血液が酸化して黒くなるのです。また、胃潰瘍では、黒っぽい血を吐くこともあります。

黒い便は、胃潰瘍があり胃の粘膜から出血している可能性が考えられます

赤ちゃんの血便、機嫌はよくても受診は必要?

機嫌がよくても血便がみられたら必ず小児科を受診しましょう

血便が出ても、赤ちゃんの機嫌がよく元気なことも珍しくありません。切れ痔や食物アレルギー、サイトメガロウイルス感染症などが原因による血便の場合、緊急度は低いと考えられますが、放っておくと症状が進むことがあります。
また、アレルギーがあると腸の粘膜がむくんでくるため、腸重積を起こしやすくなることがあります。さらに、少量の出血でも血便が長く続くことで貧血になり、貧血が進めば発育や発達に影響が出る心配もあります。

そのため、血便が出たら必ず一度は小児科専門医による診察を受けて原因を調べ、必要な治療や経過観察をする必要があります。出血が少量で、機嫌がよく元気であれば、夜間に救急病院を受診する必要はありませんが、翌日の診療時間内に必ず小児科を受診しましょう。

こんな場合は夜間でも大至急病院へ!

腸重積症では、発症してから時間が経つと、腸の血流が妨げられて壊死してしまう危険があり、できるだけ早く治療をする必要があります。間欠的に激しく泣く、ぐったりして元気がない、顔色が悪い、おむつが真っ赤になるほどの血便が出た、などの症状がみられた場合は、夜間でもすぐ病院に行きましょう。

赤ちゃんの血便、解消法は?

病気による血便は原因に応じた治療をおこないます

血便が出た場合には、まずはその原因を調べて正しく診断し、原因に応じた適切な治療や対応をおこなうことが必要です。

食物アレルギーによる血便の場合は、ミルクをやめる、あるいはアレルギー用のミルクに替える、母乳の場合はママがアレルギーの原因となる食品を摂らないようにすることで、血便は出なくなります。
サイトメガロウイルス感染症は自然に治ることも多く、その場合、治療は必要ありません。ただし、免疫不全の場合や免疫力が低下しているときなどは治療が必要です。

腸重積症は、発症後24時間以内に治療をすることが必要です。通常は発症後24時間以内であれば、造影剤や生理食塩水、空気などを肛門から高圧で注入する「高圧注腸」という治療をして重なっている腸を押し戻すことで治ることが多いですが、10%程度の割合で再発します。
高圧注腸で戻らない場合や再発した場合、最初の治療までに時間がかかって腸閉塞を起こしたり、腸が壊死してしまったりした場合には手術をおこないます。

細菌性胃腸炎では、抗菌剤などによる治療をおこなうこともあります。下痢と嘔吐が重なることで脱水症になりやすくなるため、経口補水液によるこまめな水分摂取を心がけることが必要です。

赤ちゃんの血便、先輩ママたちの体験談

・便秘のせいでうんちが硬くなり、おしりが切れてうんちに血が……

N・Kさん(赤ちゃん1歳7ヶ月)
うちの子は便秘でうんちが硬くなり、ふんばるたびに大泣きしていました。ある時、うんちに血がついていたのです。ビックリしておしりを見てみたら切れていたので、小児科を受診して、うんちをやわらかくする薬をもらいました。薬を飲みながら、水分を多くとったり、食べさせるものに気を配ったりして気をつけたことで、だんだんよくなり、その後は血便が出ることはありませんでした。

・血便が出て検査をしてもらったら腸重積症で1週間入院

A・Mさん(赤ちゃん11ヶ月)
まったくふだんと変わらず過ごしていたのに、夜、寝る前にいちごジャムのような血便が。小児救急電話相談に電話をして、すぐ受診したほうがいいか聞いたところ、機嫌がよく苦しむ様子もなかったため、一晩様子をみてはどうかとアドバイスをもらいました。翌朝も、また血便が出たのでオムツを持って受診。レントゲンを撮ったら腸重積とわかり、すぐに処置して腸の重なりを治してもらい、1週間ほど入院しました。本来はかなり痛みが強いらしいのですが、息子は痛がることもなく終始ごきげんで、先生に「まれなケース」と言われました。

・ミルクによるアレルギーで生後まもない時期に血便が

K・Oさん(お子さん2歳1ヶ月)
生後すぐ産院でミルクを飲ませていたところ、血便と嘔吐の症状が。精密検査が必要ということで、大きな病院に転院して1週間入院しました。検査の結果、乳製品アレルギーと診断。1歳前までは定期的に受診し、ミルクを1ccから試し始め、少しずつ乳製品を食べられるようにしていきました。1歳を過ぎたころからは、乳製品をとってもとくに変わった症状は出なくなりましたよ。

文/出村真理子

写真出典/はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

監修
十河 剛先生
済生会横浜市東部病院 小児肝臓消化器科副部長
1995年、防衛医科大学校医学部卒業。複数の病院勤務を経て2007年に済生会横浜市東部病院小児科医長、13年より現職。専門は肝・胆道疾患。武道の有段者で、二児のパパでもあります。

あなたにおすすめ

注目コラム