胎動カウントの方法やメリット・デメリットを教えます!【産婦人科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/01/16
更新日:2019/03/18
胎動カウントの方法やメリット・デメリットを教えます!【産婦人科医監修】
監修
竹内正人先生

赤ちゃんとのコミュニケーションである「胎動カウント」。胎動カウントにはいくつか方法があります。今回はその中から、いちばん手軽にできる方法を産科医の武内先生に教えてもらいました。

【ひと目でわかる妊娠週数】

※妊娠初期の妊娠週数

妊娠2ヶ月(妊娠4週~妊娠7週)
妊娠3ヶ月(妊娠8週~妊娠11週)
妊娠4ヶ月(妊娠12週~妊娠15週)

※妊娠中期の妊娠週数

妊娠5ヶ月(妊娠16週~19週)
妊娠6ヶ月(妊娠20週~23週)
妊娠7ヶ月(妊娠24週~27週)

※妊娠後期の妊娠週数

妊娠8ヶ月(妊娠28週~31週)
妊娠9ヶ月(妊娠32週~35週)

胎動カウントとは

胎動カウントとは、胎動を10回感じるのに何分かかったか、つまりおなかの赤ちゃんが10回動くのに何分かかったか、時間を測る方法のことです。赤ちゃんの元気度チェックにもなります。

胎動カウントはいつからできるの?

妊娠30週を過ぎたら、胎動カウントをしてみましょう。

胎動カウントの方法は?

胎動カウントにはいろいろな方法がありますが、いちばん手軽に取り組めるのは、時間を決めずに、赤ちゃんがまさに元気よく動いていると感じるときに行う方法です。横になってリラックスした状態で行いましょう。
胎動を数え、10回感じるのに何分かかったかを記録します。続けて動くときは、止まるまでを1回と数えます。少しでも間を置いたら別々にカウントしてかまいません。例えば「ゴロゴロゴロ」は3回でなく1回、「ゴロ…、ゴロ…、ゴロ…」は3回と数えます。 よく動いているときであれば、10回数えるのに平均で10分くらいです。30分以上かかるときは、また別の時間に測定してみてください。

胎動カウントをするときのポイントは?

時間帯

とくに決める必要はありません。

測るタイミング

赤ちゃんが元気よく動いていると感じるときに、カウントを始めてください。

ママの姿勢

横になってリラックスした状態でやりましょう。

ポイント

とくにありませんが、胎動を10回数えるのに30分以上かかるときは、また別の時間に測定してみてください。

胎動カウントをするときの注意点

胎動カウントの注意点はとくにありませんが、赤ちゃんがまさに元気よく動いていると感じるときに、ママがリラックスした状態で行ってください。

胎動カウント やり方 方法 簡単 わかりやすい

胎動カウントをしているとき、受診すべきタイミングとは?

おなかの赤ちゃんにも個性があり、動き方にも個性があります。またもちろん、ママの胎動の感じ方も人それぞれ個人差があります。赤ちゃんは動いているけれどママが胎動に気づかない場合や、赤ちゃんが眠っていることもあります。不安になりすぎる必要はありませんが、胎動を10回数えるのに1時間以上かかるときは、念のために病院に連絡をしてください。

また、静かにしていても胎動が1日中まったく感じられない場合は、トラブルの可能性もあるのですぐに受診してください。また、自分では判断できないときなども、医師に相談しましょう。

※本記事中の画像はイメージです。

構成・文/木村美穂

出典 :はじめてママ&パパの妊娠・出産※情報は掲載時のものです

監修
竹内正人先生
⽇本医科⼤学⼤学院修了。⽶国ロマリンダ⼤学留学を経て、葛飾⾚⼗字産院などに勤務。
よりやさしい「⽣まれる・⽣きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠をこえて活動する⾏動派産科医。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム