卒園式のバッグの選び方は?大きさやカラーなどおすすめ人気13選

コラム
公開日:2019/01/04
更新日:2019/01/07
卒園式のバッグの選び方は?大きさやカラーなどおすすめ人気13選

幼稚園や保育園などに通っている年長の子どもは、3月になると卒園式がありますよね。ママは子どもの卒園式の準備だけでなく、自身の準備も必要!服装に合わせて、卒園式にふさわしいバッグも用意しておきましょう。そこで今回は、卒園式のバッグに注目!大きさやカラーなどの選び方、おすすめの人気商品を13点厳選してご紹介します。

卒園式のバッグの選び方は何がポイント?

楽天で詳しく見る

「卒園式にふさわしいバッグってどんなもの?」と悩んでいるママに、カバンの選び方をご紹介しましょう。

適度な大きさのバッグがベスト

卒園式に持参するバッグのサイズの基準は、必要なものをきちんと入れることができるかどうかです。小さめバッグでも財布や携帯電話、ハンカチなど必要最低限のものを入れることができれば問題ありません。しかし、卒園式の後には記念品やプリントが配られることもあるので、小さめのバッグを持参するときはコンパクトに折りたためるサブバッグも一緒に持参しましょう。
ビデオカメラや一眼レフカメラなどを持参する場合は、それらが入る大きさのバッグを選ぶといいですね。

形はコーディネートに合わせて

入園式や卒園式はフォーマルバッグを持参する方も多いですが、ママたちの中にはクラッチバッグやトートバッグ、ボストンバッグなどを持参する方も!バッグの形は、コーディネートに合わせて選んでもいいかもしれませんね。ただし、カジュアルなイメージが強いリュックやキャンバス地のトートバッグなどは避けた方がベストです。

基本は派手すぎない色ならOK

卒園式のバッグの色は、基本的には派手すぎなければ色であればOK!無難なのは黒やベージュですが、フォーマルな服装のさし色になる白や淡いピンクでもいいでしょう。 ただし、幼稚園や保育園によっては、全身ブラックフォーマルという指定がある園もあるので、その場合は園の方針に従ってくださいね。

革、合皮素材、布がおすすめ

卒園式に持参するバッグは、フォーマルな印象になるものがベスト。高級感が出る革製や合皮素材のバッグがいいでしょう。ただし、日本の冠婚葬祭では「殺生禁断」というマナーがあるため、卒園式でもパイソンやクロコダイルなどは避けた方が無難。エナメル素材のバッグは、光沢感が少ないタイプを選びましょう。
サブバッグは、ナイロンではなく布製のものを選ぶとフォーマルに近付きます。

柄ものは控えて

日常のコーデでは、アニマル柄やドット柄などのバッグを取り入れている方もいますが、アクセントの強い柄物のバッグはカジュアルな印象になるため卒園式では避けた方がいいでしょう。同系色のレースや刺繍が施されている柄物のバッグなら、フォーマルな印象になるのでOKです。

卒園式のバッグを選ぶときの注意点は?

楽天で詳しく見る

特別な日や上質な服を着るときは、「ブランドバッグを持ちたい!」という人もいるかもしれませんね。しかし、卒園式ではブランドロゴが強調されているバッグは派手な印象になるので避けた方がよさそう。ブランドバッグは、ロゴが目立たないものを選ぶようにするといいでしょう。
また、シンプルな黒の服に葬儀用の黒のバッグを合わせると喪服のような印象になってしまうので要注意。シンプルなフォーマルバッグを持参する場合は、コサージュをワンポイントに付けると華やかになりますよ。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム