【産婦人科医監修】流産の原因は?兆候や症状はどんなこと?

 専門家監修
公開日:2018/12/28
【産婦人科医監修】流産の原因は?兆候や症状はどんなこと?
監修
竹内正人先生

妊娠が判明してうれしい反面、「もし流産してしまったら……」と思うと心配になりますね。今回は流産の原因や症状、流産後の対処法などについて解説します。

流産とは?

流産とは、赤ちゃんがママのおなかの外で生きていけない妊娠22週未満に、妊娠が終わってしまうことをいいます。

流産の頻度はどのくらいかというと、医療機関で確認された妊娠の約15%といわれています。妊娠した女性の7人に1人は流産してしまう計算です。

初期流産の原因とは?

流産の主な原因は、起こる時期によって異なります。

流産は妊娠12週未満に起こる「初期(早期)流産」と、妊娠12週以降22週未満に起こる「後期流産」に分類され、そのうち初期流産が約9割を占めています。

初期流産の原因の多くは、赤ちゃん自体の染色体の異常です。染色体に異常が起きると、細部分裂がうまくできず、着床しても育たないことが多いのです。残念ですが、染色体の異常を薬で防いだりすることはできません。

また、流産はママが高齢になるにつれて、発生頻度が高くなります。35歳以上になると赤ちゃんの染色体異常が増えるというデータがあり、35~39歳での流産率は約20%、40歳以上では50%を超えるといわれています。

後期流産の原因とは?

後期流産は、ママの側に原因があることが多くなります。子宮口が緩んできてしまったり、膣内に炎症が起きたり、子宮奇形や子宮筋腫などの子宮のトラブル、子宮頸がんの円錐切除術(えんすいせつじょじゅつ)の影響、膠原病(こうげんびょう)などの自己免疫疾患などから引き起こされることがあります。

流産の兆候や症状は?

流産には、症状がない「稽留(けいりゅう)流産」と出血や下腹部痛のある「進行流産」があります。稽留流産は、子宮口が閉じているので、赤ちゃんは亡くなったまま、子宮の中にとどまっている状態です。自覚症状がないため、診察ではじめて確認されます。

進行流産の場合は、次にあげるような症状があります。

・ダラダラと鮮やかな色の出血が続く

・生理のときよりも出血量が多い

・出血のかたまりが出る

・強い下腹部の痛みが続く

・周期的な下腹部の痛みがある

さらに進行流産は、2種類に分けられます。1つは流産が進行した結果、すでに赤ちゃんや胎盤のもとになる組織などが体の外に出てしまった「完全流産」、もう1つは赤ちゃんや胎盤のもとになる組織などが完全に排出されず、一部分が残っている「不全(ふぜん)流産」です。完全流産と不全流産とは、流産後の治療法が異なります。

監修
竹内正人先生
⽇本医科⼤学⼤学院修了。⽶国ロマリンダ⼤学留学を経て、葛飾⾚⼗字産院などに勤務。
よりやさしい「⽣まれる・⽣きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠をこえて活動する⾏動派産科医。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム