【産婦人科医監修】稽留流産の症状は?腹痛や出血はある?手術は保険適用になる?

 専門家監修
公開日:2018/12/28
【産婦人科医監修】稽留流産の症状は?腹痛や出血はある?手術は保険適用になる?
監修
竹内正人先生

赤ちゃんに会えるのを心待ちにしているママにとって、流産はつらいできごとですね。流産にはいくつかの種類がありますが、今回は流産の中で、自覚症状のないことが多い「稽留(けいりゅう)流産」ついて解説します。

稽留流産とは?

稽留(けいりゅう)流産とは、赤ちゃんは亡くなってしまったのに、子宮の中にとどまっている状態をいいます。

兆候や症状は?

出血や腹痛がない

流産では、出血と腹痛(下腹部の痛み)が主な症状ですが、稽留流産の多くは症状がなく、まれに少量の出血がある程度です。そのため、健診の超音波検査ではじめてわかるケースが少なくありません。ママに自覚症状がないため、診断されたときのショックははかりしれないものがあります。

稽留流産の診断

正常な妊娠では、早ければ妊娠4週の中ごろから胎嚢(たいのう/赤ちゃんが入っている袋)が確認されます。
次に、妊娠5週には卵黄嚢(らんおうのう/初期の赤ちゃんに栄養を送る袋)が見えるようになります。妊娠6週には赤ちゃんの心拍が確認できるようになり、経過が順調であれば妊娠7週以降では全例で確認できます。

妊娠7週以降の超音波検査で、次のような所見があった場合は、稽留流産の可能性があります。

「胎嚢や卵黄嚢は確認できるが、赤ちゃんの姿や赤ちゃんの心拍は確認できない」

「胎嚢や卵黄嚢、赤ちゃんの姿は確認できるが、赤ちゃんの心拍は確認できない」

また、このころの赤ちゃんは日に日に大きくなり、見えやすくなっていきます。一度確認できた赤ちゃんの心拍が確認できなくなったら、その後復活することはありません。心拍が確認できなくなった時点で稽留流産と診断されます。

ただし、胎嚢や赤ちゃんの心拍が確認できない場合、妊娠週数に誤差があることも考えられます。妊娠週数は最終生理開始日から算出しますが、排卵の遅れなどにより、実際の妊娠週数とずれを生じることがあるからです。
したがって、1回の検査だけで診断されることはなく、1~2週間ほど間隔をおいて再度超音波検査が行われます。

稽留流産の原因は?

稽留流産をはじめとする初期流産(妊娠12週未満の流産)の原因は、染色体異常など赤ちゃん側にあることがほとんどです。つまり、元気に生まれて育つことが難しい受精卵が、自然に淘汰されたということになります。ママが妊娠初期に行った仕事やスポーツ、食事や飲酒など口にしたものなどが原因となることは、まずありません。

監修
竹内正人先生
⽇本医科⼤学⼤学院修了。⽶国ロマリンダ⼤学留学を経て、葛飾⾚⼗字産院などに勤務。
よりやさしい「⽣まれる・⽣きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠をこえて活動する⾏動派産科医。

あなたにおすすめ

注目コラム