ベビーバスはレンタルがお得で人気! レンタル業者のおすすめ8選

コラム
公開日:2019/02/11
更新日:2019/02/14
ベビーバスはレンタルがお得で人気! レンタル業者のおすすめ8選

出産準備品として用意する「ベビーバス」。使う期間が短く沐浴以外の用途に使いにくいことから、最近では購入せずにレンタル業者を利用する家庭も増えてきています。では、ベビーバスはどこでどうやってレンタルするのでしょうか? 出産を控えたプレママ必見! ベビーバスのレンタル業者の選び方やレンタルを利用する上での注意点、おすすめのレンタル業者を8選ご紹介しましょう。

ベビーバスとは? どんなものなのか知りたい!

生まれて間もない赤ちゃんのために用意するベビーバス。まだ大人と一緒の湯舟に入れない低月齢の赤ちゃんが沐浴するために使用する、赤ちゃん専用の風呂桶のことを指します。低月齢の赤ちゃんひとりがゆったりと浸かれる大きさで、お風呂としての使用期間は長くても3ヶ月程度。首が座る頃にはベビーバスとしての役目を終える場合がほとんどです。

赤ちゃんのお世話グッズの中でも使用期間が短く、大きさもあるベビーバス。沐浴以外の用途も、お風呂に入れるようになった頃からはバスチェア代わりにしたり、夏は簡易の水浴びに使ったりと長く愛用するママもいます。

最近では折り畳み式や、空気を入れて膨らませるタイプのベビーバスも販売されていますので、使用しないときはコンパクトに収納することも可能に。大きさの問題はクリアできますが、折り畳み式や膨らませるタイプのベビーバスには「使いにくい」「くぼみが多くて清潔を保てない」などの悩みもあるようです。

そのため専用品は購入せずに、大きめの衣装ケースで代用するなど工夫をして低月齢期を乗り切るママもいます。また最近では、レンタル業者を利用するママも増えてきています。

ベビーバスはレンタル? 購入? 徹底比較!

出産準備品はベビーバス以外にも、期間限定のものがほとんどですよね。短期間で使用しなくなるものはレンタルを利用することが便利で賢い選択のようですが、まずはレンタルのメリットとデメリットを比較して、家庭に合った方法を家庭で相談してみましょう。

レンタルのメリットは?

ベビーバスをレンタルする最大の利点は、不要になれば返却ができることにあります。大きいサイズのベビーバスでも、レンタルなら気兼ねせずに使うことができますね。特にレンタルを活用しているのは里帰り出産のママ。里帰り先でも毎日の沐浴は欠かせませんが、ベビーバスを購入してしまうと、自宅に戻るときに持って帰らなければなりませんよね。レンタルのベビーバスなら、里帰りを終えるときには同時に返却ができます。

レンタルのデメリットは?

便利に使える一方で、レンタルならではのデメリットもあります。レンタルのベビーバスは業者によっては使いたいメーカーや形を選べないことも。また、使用期間を何度も延長したり、2人目以降でまた使うことになった場合には、経済的にはお得とは言えません。
すでにほかの人が使用した品物であることに抵抗があるママもいますよね。また、レンタル品の受け取りや返却の手間にストレスを感じるという声もあります。

ベビーバスがレンタルできる業者の選び方! ポイントは?

品揃えが豊富

利用する人が増えてきているベビー用品のレンタル。業者によっては貸出し個数が少ないために、借りたいタイミングに借りられない場合もあります。豊富に取り揃えているレンタル業者なら、そうした問題にはならずにすみそうですね。

レンタル料金

借りたい期間と料金も、レンタル業者を選ぶ際には大事なポイントとなります。

多くのレンタル業者では、ベビーバスの貸し出し料金はひと月あたり1,000円から2,000円程度。2週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月などの期間によって金額設定がされる場合が多いようです。特に長期になればお得でも、短期間では割高な業者も。希望の期間と料金をよく確認して選ぶとよいでしょう。

サービス内容

レンタルしたいベビーバスの種類を選べたり、レンタル期間の延長に対応してくれるなど、サービスの充実もチェックポイント。受け取りや返却時の梱包材をまとめて引き取ってくれる業者もありますよ。

ベビーバスのレンタル業者を選ぶ際の注意点を知りたい

インターネットからも気軽にレンタルを申し込めるようになった最近では、レンタル業者の数もたくさんあって選ぶのも大変ですね。そこで、レンタルする前に確認してほしい注意点をご紹介しましょう。

返却時期をチェック

レンタル開始前には、品物の返却日を必ず確認するようにしましょう。業者によっては、定められた返却日を1日でも過ぎると違約金が発生する場合もあります。また、延長したくなった場合には、返却予定日からどれくらい前までに申し込めばよいのかも確認しておきましょう。

予約時期をチェック

ベビーバスを使用したいタイミングにレンタルするには、事前に利用予約が必要な業者もあります。特に人気の集中するメーカーのベビーバスの場合は、順番で空き待ちになる可能性も。出産は予定どおりにはいかないものですので、思いがけず早い出産になった場合にもすぐにレンタルできるのかも確認しておくと安心ですね。

キャンセルできるタイミング

親戚や友人からおさがりを貰うことになったときなどレンタルする必要がなくなった場合、キャンセル料が発生するかどうかも確認しましょう。業者によっては、レンタル予定時期になるまではキャンセル料が発生しない業者も多いようです。

破損や紛失した場合

アクシデントで壊れてしまった場合、どのようにしたらよいのかも見ておきましょう。ほとんどの業者では、普通に使っている中での破損については寛大な対応をしてくれるようです。故意の破損や紛失の場合は、商品の購入代金で買い取りや弁償が必要です。業者によって対応はさまざまですので、万が一にもきちんと備えておくとよいですね。

ネットか店舗か。どちらで選ぶ?

ネットで商品を選び、申込までできるスタイルが主流になってきていますが、レンタルする品物を直接選びたいママもいますよね。店舗を構えているレンタル業者では、実際の品物を見てセレクトできるのでより安心ですね。ネットで選ぶ場合は実際の品物をみて選ぶことはできませんが、品物や金額を複数の業者で比較したり、予約や返却の連絡がスムーズに行えるメリットもあります。

あなたにおすすめ

SOFINA iP 土台美容液をプレゼント!詳しくはこちら
注目コラム