【医師監修】カルシウムサプリは妊婦さんに効果あり?人気&おすすめサプリ25選

 専門家監修
公開日:2018/12/27
【医師監修】カルシウムサプリは妊婦さんに効果あり?人気&おすすめサプリ25選
監修
成田亜希子先生
内科医

カルシウムは葉酸や鉄分とならんで妊娠中に積極的に摂取したい栄養素の1つ。妊娠中は赤ちゃんの骨を作ることで、妊娠前よりも多くのカルシウムが必要になります。カルシウムは赤ちゃんに優先的に渡るため、妊娠前と同じ量のカルシウム量を摂取しているだけでは、母体に必要なカルシウム量が減少して骨密度の低下などが引き起こされることも少なくありません。そこで今回は、カルシウム不足の影響やカルシウムサプリの選び方、おすすめのカルシウムサプリをご紹介します!マタニティ・ママや妊活中の女性、産後ママなど、カルシウムサプリについて知りたい人はぜひ読んでみてくださいね。

カルシウムサプリとはどんなもの?

骨や歯をつくるために必須の栄養素であるカルシウム。牛乳や乳製品、ケールやブロッコリーなどの野菜に多く含まれている栄養素です。日本人に不足がちなミネラルとも言われ、特に女性はしっかりとカルシウムをとることが推奨されています。

カルシウムが多く含まれている食品は、乳製品やひじき、イワシの丸干しなどですが、食事だけでカルシウムを十分に摂取できているか不安…という人も少なくないのでは?特に、妊娠期はいつもより多くカルシウムを摂取することが推奨されているので、「カルシウム不足になってないかな?」と心配になることがあるかもしれませんね。そんなとき、心強いサプリメントがカルシウムを効率的に摂取できるよう作られたカルシウムサプリです。カプセルや錠剤型のものの他に、粉末タイプのものもあますよ。一日に決められた量を服用するか、みそ汁やご飯にサラサラとふりかけて摂取するなど、手軽にカルシウムを補給できて便利です。

カルシウム不足による影響が知りたい!

骨や歯を形成する上で大切な栄養素であるカルシウム。もしカルシウムが不足してしまうとどのような影響があるのかまとめてみました。

◆骨折する可能性が高くなる

◆イライラしてしまう

◆胎児が骨や歯を作る過程に影響する可能性がある

カルシウムは骨や歯などを作る栄養素なので、不足すると骨密度が低くなり、骨が折れやすくなります。妊娠中は胎児が骨や歯をつくる時期なので母体はカルシウム不足になりやすいため、特に注意したいですよね。母体のカルシウム摂取量が十分でない場合は、母体の骨に蓄えられているカルシウムが溶け出して胎児に渡されるようになります。その結果、母体の骨密度は低下し、骨折を生じるリスクが高くなるのです。

カルシウムサプリは妊婦に効果的?そのメリットとは?

妊娠中は特に、カルシウムを摂取することが必要だと言われます。なぜなら、胎児が骨や歯を作るときに使われるカルシウムが不足すると、母体の骨や歯からカルシウムが溶け出して胎児に供給されるからです。そのため、妊婦がカルシウム不足に陥ると、骨密度が低下し自分の骨や歯がもろくなりやすいと言われています。特に、妊娠後期は胎児が体にため込もうとするカルシウムの量もどんどん増えていく時期なので、妊婦さんはカルシウム不足になりやすい時期。妊娠中にカルシウムサプリを服用することで、効率的にカルシウムを摂取し、母体のカルシウム不足を解消できるとよいですよね。乳製品や魚介、青菜などを積極的にとれるような食事内容に見直すとともに、カルシウムサプリを飲むことで安心感も得られるのではないでしょうか。

カルシウムサプリの選び方・ポイントは3つ

「カルシウムサプリを試してみたいけど、たくさん種類がありすぎてどれを選んだよいのか分からない!」という妊婦さんのために、カルシウムサプリの選び方をまとめてみました。

効果で選ぶ

カルシウムサプリの中には、カルシウムだけでなくマグネシウムや葉酸など他の栄養素も配合されたものがたくさんあるようです。カルシウム以外の効果にも注意してみてはいかがでしょうか。

カルシウムサプリの形状で選ぶ

カプセルタイプやタブレットタイプ、粉末タイプなどカルシウムサプリの形状は商品によってさまざま。粉末タイプは自宅でご飯を作りながらスープなどに入れることができて便利ですし、タブレットタイプなどは持ち運びにも便利です。カルシウムサプリをどのように飲みたいかを考えながら選んでみましょう。

コストで選ぶ

妊娠中や授乳中、継続的に長期に渡ってカルシウムサプリを摂取する予定があるのなら、コストも重要なポイントとなってくるのではないでしょうか。自分の予算に見合った続けやすい価格のカルシウムサプリを探してみてくださいね。

カルシウムサプリの飲み方が知りたい!

カルシウムサプリを飲むときには、カルシウムを体内に吸収することを助けてくれるものもいっしょにとるとよいかもしれません。カルシウムの吸収率を上げてくれると言われている栄養素が、マグネシウム。小魚や大豆などに多く含まれている栄養素です。カルシウムの半分程度を目安に同時に摂取するとよいでしょう。

また、ビタミンDもカルシウムの吸収に大きく関わっている栄養素です。ビタミンDはきのこ類や赤身魚などに多く含まれています。他にもビタミンCやビタミンAなどのビタミン類もカルシウムの吸収に必要な栄養素ですので積極的に摂るようにしましょう。

カルシウムサプリを服用する際の注意点とは?

妊娠中に積極的に摂取することが推奨されているカルシウム。効率的にカルシウムを摂取するうえで心強いアイテムであるカルシウムサプリですが、服用するときには注意が必要です。それは、カルシウムの過剰摂取。カルシウムを摂取しすぎると、吐き気や便秘、かゆみなどの弊害が出てくることがあります。カルシウム不足を気にするあまり、既定の量を超えて服用したり、いくつものサプリメントを同時に服用することでカルシウムの過剰摂取を引き起こさないように気を付けてくださいね。
またビタミンAなど、妊娠中に過剰摂取することで胎児に影響がある栄養素が含まれているサプリメントは特に注意しましょう。

監修
成田亜希子先生
内科医
弘前大学医学部卒業。一般内科医として勤務し、行政機関への勤務経験もある。母子保健行政にも携わってきた。国立保健医療科学院での研修も積んでいる。プライベートでは2児の母でもある。所属学会:日本内科学会、日本感染症学会、日本健康教育学会、日本公衆衛生学会

あなたにおすすめ

注目コラム