マルチクッションは妊婦さんの抱き枕として人気!おすすめ10選

コラム
公開日:2019/01/04
更新日:2019/01/07
マルチクッションは妊婦さんの抱き枕として人気!おすすめ10選

お腹が大きくなる妊娠中期頃から、横になるとお腹の重みやコシの痛みから寝づらくなるという妊婦さんが増えてきます。そんなときに活躍するのが「マルチクッション」。今回は、マルチクッションの使い方やメリット、注意点などを紹介します。おすすめのマルチクッションもピックアップしたので、参考にしてみてください。

マルチクッションは便利?先輩ママにインタビュー!

楽天で詳しく見る

「妊娠7ヶ月くらいからなかなかぐっすり眠れなくなりました。上を向いても苦しいし横に向いても安定しなかったので、マルチクッションを買ってみました。抱き枕として使って寝てみたら、今までが嘘のように眠ることができたんです!体勢が安定したのが良かったんだと思います」(1歳女の子ママ)

「やわらかいガーゼ素材のマルチクッションは、肌触りも良く寝ていても快適だったので、夏の妊婦さんにおすすめします。赤ちゃんが生まれた後も授乳クッションとして使っています。肌が弱い息子でも、ガーゼ素材なら大丈夫なようで肌荒れなどもありません」(4ヶ月男の子ママ)

「妊娠中期に寝苦しい毎日が続き、『とにかく寝やすくなるなら』と勢いで買ったマルチクッションですが、今はないと眠れないくらい私にとって大事なアイテムです。買うときは洗濯ができるかどうかをしっかり確認しました。今は抱き枕として使っていますが、赤ちゃんが生まれたら授乳クッションとしてこれからも長くお世話になる予定です」(妊娠8ヶ月ママ)

「もともと抱き枕が欲しかったので、ドーナツ型にならないクッションを買いました。機能としてはばっちりだったのですが、赤ちゃんが生まれたら授乳クッションを別で買うことに。少し高くても、授乳クッションとしても使えるマルチクッションの購入をおすすめします!」(7ヶ月ママ)

マルチクッションとはどんなもの?

マルチクッションとは、妊婦さんが横になるときにお腹や腰をサポートしてくれる、抱き枕としても使えるクッションです。また、ドーナツ型に変えて授乳枕にしたり、足枕として使えば脚のだるさを軽減したりと、さまざまな用途でマルチに使えるという特徴があります。

マルチクッションのメリットが知りたい

お腹の大きな妊婦さんは、お腹の重さや圧迫、腰の痛みで仰向けに寝たりうつぶせで寝たりするのが難しく、なかなかぐっすり眠れないという人が多いのです。マルチクッションを抱き枕として使えば、横向きの姿勢や自分が楽な体勢を保ちやすく、安定感もあります。

また「シムスの体位」といって、左半身を下にしてマルチクッションに抱きついて寝ることで、リラックス効果があると言われています。

マルチクッションの使い方をチェック

楽天で詳しく見る

抱き枕

お腹や腰の負担からぐっすり眠れない妊婦さんは、抱き枕として使うのがおすすめです。

先ほど伝えた「シムスの体位」について詳しく見てみましょう。

シムスの体位は、心臓がある左半身を下にして寝ころびます。マルチクッションをお腹や脚の下にはさみ、上の脚のひざを軽く曲げ、下の脚を伸ばした体勢がシムスの体位です。リラックスしやすい体勢と言われていて、マルチクッションを使うことでさらに安定感がプラスされるので、お腹の大きな妊婦さんで寝苦しいと感じている人は試してみてくださいね。

足枕

妊婦さんの中には、脚のむくみやだるさに悩まされる人もいます。その場合は足の下にマルチクッションを置いて足を載せてみてもよいでしょう。足が高い位置になることでむくみ感を軽減してくれます。

授乳クッション

産後は授乳クッションとして使えます。小さな赤ちゃんは授乳のとき抱き上げなくてはならず、頻回の授乳でママの腕が疲れてしまいます。そこでマルチクッションが役立ちます。マルチクッションを脚の上に置き、抱いた状態で赤ちゃんを載せ授乳してみましょう。腕への負担がなくママと赤ちゃんの体勢が安定するので、授乳がグッと楽になりますよ。

お座りサポート

赤ちゃんが少し大きくなったら、お座りのサポートにも使ってみてください。座り始めたばかりの赤ちゃんはバランスを崩して倒れやすいもの。カーブさせた中に赤ちゃんを座らせればバランスがとりやすく、後ろに倒れてもクッションが守ってくれます。

マルチクッションを使用するの際の注意点

マルチクッションは、抱き枕や授乳クッションとして毎日使うものです。汗や汚れがつきやすいので、清潔に保つようにしましょう。妊娠中や産後のママの肌や赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、汚れたまま使ってしまうと肌荒れの原因になる可能性も。お手入れ方法を確認して、こまめに洗ってくださいね。

マルチクッションの選び方・5つのポイントをチェック!

マルチクッションを選ぶときのポイントをみてみましょう。

素材

まずひとつめは素材です。妊婦さんは普段に比べてとてもデリケートな状態ですよね。肌に直接あたっても刺激がないように、カバーに優しい素材が使われているマルチクッションを選びましょう。通気性が良く吸水性に優れている綿素材がおすすめで、特に人気なのがガーゼ素材です。やわらかく肌触りが良いので、妊婦さんにはもちろん赤ちゃんでも安心して使えます。

使いやすいデザイン

マルチクッションのデザインはさまざま。サイズが大きいので、インテリアの邪魔にならないおしゃれなデザインのものをおすすめします。赤ちゃんらしい優しい色合いのものや定番のチェック、ストライプ等は、置いておいてもインテリアから浮かず、赤ちゃんが大きくなってからもいろいろな用途で長く使っていけるでしょう。

洗うことができるか

肌に触れ、頻繁に使うものだからこそ気になるのが衛生面ではないでしょうか。直接肌に当たるカバーは、取り外して洗濯できるものがおすすめです。中にはクッションもまるごと洗えるというマルチクッションもあります。カバーをしっかり洗っていれば、クッションは日に当てたり風通しの良い場所に置いたりするだけでも十分ですが、お手入れが気になる人はクッションごと丸洗いできるマルチクッションをチェックしてみてください。

クッションの硬さ

クッションの硬さはそれぞれ異なります。やわらかめなものと硬めのものがあるので、好みで選んでください。あまりにもやわらかすぎると、使ううちに中綿がへたってしまうということもあるようです。また、硬すぎるとなかなか体にフィットせず使わなくなる、なんてことも。直接店舗で確かめて買うことができればいいのですが、難しい人は口コミやレビューをしっかりチェックして、実際に使った人の声を参考にしてみてください。

産後も使えるか

マルチクッションは、マタニティ期だけしか使えないのはもったいないですよね。クッションの両端にボタンやリボンが付いているものは、ドーナツ型に変形できます。
ドーナツ型にすることで、赤ちゃんが生まれたら授乳クッションとして使うことができるほか、赤ちゃんのお座りの練習ができたり家族が横になるときにちょっとした枕にして使えたりと長い期間さまざまな用途で役立てることができるのです。
産前産後とても活躍してくれるので、形を変えて使えるマルチクッションを選ぶのをおすすめします。

あなたにおすすめ

注目コラム