ベビー用テーブルチェアのおすすめは?食事でマストな人気商品12選

コラム
公開日:2018/12/19
ベビー用テーブルチェアのおすすめは?食事でマストな人気商品12選

赤ちゃんが座るための椅子、ベビーチェア。そして、赤ちゃんが離乳食を開始して食事をとれるようになる頃、必要になってくるのが、「テーブルチェア」です。手持ちのテーブルに取り付けられ、コンパクトなのでとても便利です。ここでは、テーブルチェアの選び方と、人気のおすすめアイテム12選をご紹介します。

ベビー用テーブルチェアとは

手持ちのテーブルに取り付けて使うことができる、コンパクトなベビーチェアのこと。離乳食が始まると、赤ちゃん1人分の食器が増えるため、テーブルが少しでも広くなると便利です。また、ベビー用テーブルチェアがあれば、家族で一緒に食事を取りやすくなります。

ベビー用テーブルチェアの種類と選び方

テーブルチェアを選ぶ時、「手持ちのテーブルに取り付け可能かどうか」という点が重要です。また、購入の前にまず、仕様を確認しましょう。
テーブルチェアにはいくつか種類があります。それぞれの特徴と選び方を見ていきましょう。

ベルトのあるタイプ

テーブルチェアには安全のためにベルトが付いているものがほとんど。腰部分のみベルトがあるもの、肩部分にもベルトが付いているものがあります。
腰部分のみのベルトが付いているタイプは、ある程度体つきがしっかりしてきて、座り方も安定していれば、問題なく使えるでしょう。お座りができるようになったばかりの頃や、小柄な子供 の場合は、抜け出したり立ち上がったりすることも防げる肩ベルト付きのものが安心です

背もたれ付きタイプ

背もたれ付きタイプは、離乳食を開始して間もないまだ姿勢が安定しない頃や、よく動く子供に向いています。背もたれがあると姿勢が安定するので、赤ちゃんにとってはもちろんのこと、食事を介助するママにとっても楽です。

洗えるタイプ

テーブルチェアは食事の時に使うものなので、汚れるのは当然。とはいえ、離乳期が進んで、手づかみ食べをする頃になると、いっそう汚れは気になります。成長の証であるとはいえ、ママにとってはため息が出てしまうことも。そんな時には、簡単に自宅で洗えるタイプのテーブルチェアがいいですね。

外出先で使えるタイプ

テーブルチェアの中でも、コンパクトに折りたためるものなら、外出先にも持ち運ぶことができます。

テーブルチェアの選び方

テーブルチェアは、お座りができるようになれば使えますが 、まだ不安定な赤ちゃんのためには、しっかりベルトで支えてくれるものが安心です。また、もっと活発になってくると、椅子の上で立ち上がったり抜け出そうとすることも。そんな時のためにも、椅子自体に安定感があり、また赤ちゃんの体をしっかりと固定してくれるものがいいですね。

あなたにおすすめ

注目コラム