ヘルパンギーナは夏風邪の一種 !安静期間は?保育園はいつから?【小児科医監修】

 専門家監修
公開日:2018/12/25
更新日:2019/03/22
ヘルパンギーナは夏風邪の一種 !安静期間は?保育園はいつから?【小児科医監修】
監修
渡辺とよこ先生
わたなべ医院院長

この記事は、夏風邪の一種であるヘルパンギーナについてまとめたものです。ヘルパンギーナは、突然の発熱とのどの痛みから始まるウイルスが原因の咽頭炎。予防接種はなく治療は対処療法のみです。のどの奥にできた水疱がつぶれると痛くて不機嫌になり、唾液を飲み込むこともできなくなります。辛い時期は2~3日。その間は家で安静にしておきましょう。症状がおさまり、元気になれば保育園に登園できます。

ヘルパンギーナとはどんな病気?

ヘルパンギーナとは、主にエンテロウイルス属のコクサッキーA群が原因で、突然の発熱と口腔内に水疱性の発疹があらわれる急性のウイルス性咽頭炎です。コクサッキーB群やエコーウイルスで発症することもあるため、異なる型のウイルスで何度もかかることがあります。1~2歳からかかり始め、患者は5歳以下が全体の90%以上を占めています。

ヘルパンギーナの症状

*38~39度の高熱が出る

*のどが痛く、飲んだり食べたりするのをいやがる

*口やのどの奥にブツブツがある

ヘルパンギーナにかかると、38~39度の高熱が出るとともに、のどの奥が奥がはれて痛みを伴う水疱が十数個あらわれます。水疱は直径2㎜程度から、大きいものだと5㎜ほど。水疱がつぶれて潰瘍になると唾液を飲み込むのも辛く、不機嫌になったり、食欲がなくなったりします。また、あまり食べられないことが原因で脱水症状が起こることがあります。よだれがたくさん出る、吐く、といった症状が出ることも。口の奥のほうに水疱ができること、突然高熱が出ることが、手足口病とは異なる点です。

熱が上がり始めるときは、熱性けいれんを伴うことがあります。まれに無菌性髄膜炎や急性心筋炎などの合併症を起こすことも。頭を痛がったり、嘔吐したり、見るからに様子がおかしい場合は、すぐに受診しましょう。

のどの奥、左右に赤くなっている発疹が特徴的。

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

監修
渡辺とよこ先生
わたなべ医院院長
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。

あなたにおすすめ

注目コラム