手足口病の潜伏期間は? 大人も感染するの?外出はいつから?【小児科医監修】

 専門家監修
公開日:2018/12/24
更新日:2019/03/22
手足口病の潜伏期間は? 大人も感染するの?外出はいつから?【小児科医監修】
監修
渡辺とよこ先生
わたなべ医院院長

この記事は、手足口病の潜伏期間や外出のタイミングなどについてまとめたものです。
ウイルスの感染によって、発熱やのどの痛みを伴い、手足や口に発疹ができる手足口病。ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱(プール熱)と並び「三大夏風邪」と呼ばれる夏にはやる病気です。くしゃみやせき、便に排泄されたウイルスが手について、そこからうつるケースもありますが、辛い時期は1~2日。回復すれば外出してもよいのでしょうか。大人がうつる心配はないのでしょうか。

手足口病とはどんな病気?

手足口病とは、コクサッキーA16、A10、A6、エンテロウイルス71といったウイルスの感染によって、その名前の通り、手のひら、足底、足背、口の中などに周囲が赤くて、真ん中が白い米粒大の水疱性の発疹が出る感染症のこと。原因ウイルスは複数あり、それぞれ感染力が強いため、何度もかかってしまうことがあります。またウイルスの型によっては、ひじやおしり、性器の周辺にも水疱が出ることも。

手足の水疱は、ときに痛みやかゆみを訴える子もいますが、ほとんど痛みません。問題は口の中の水疱。破れてただれ、強い痛みを伴う潰瘍となるため、つばを飲み込むのも辛く、子どもは食欲が落ちたり、不機嫌になったりするでしょう。

発熱するのは、感染者の1/3程度。熱が出ても37~38度ぐらいで、出ないこともあります。ただし、近年流行しているコクサッキーウイルスA6による感染は39度台の高熱が出ることがあります。また体感や四肢に大き目の水疱が出る、回復して数週間後に一時的につめが抜け落ちるなど、従来型とは異なる症状が見られます。

11ケ月のとき。水疱が出てきて3日目の手首の様子。


口の中の水疱がつぶれて潰瘍になると痛がります。

指の間にも、ふちの赤い米粒大の水疱が。

まれに重症化することあるので注意

手足口病は、たいてい軽くすむ病気ですが、まれに重症化し、無菌性髄膜炎や脳炎などを併発することがあります。特にエンテロウイルス71に感染した場合は、他のウイルスによる手足口病感染に比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高くなっています。高熱が続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけにこたえないなど、子どもの意識状態が朦朧としていたら異常事態です。ただ具合が悪いだけでなく、明らかに様子がおかしい場合は、すぐにドクターにかかりましょう。

赤ちゃんや子供が夏によくかかる感染症「ヘルパンギーナ」の症状とおうちケア
赤ちゃんや子供が夏によくかかる感染症「ヘルパンギーナ」の症状とおうちケア
のどの痛みが強く、思うようにおっぱいが飲めない、離乳食が食べられないなどの症状が見られるヘルパンギーナ。夏に流行する感染症として病名を聞いたことはあるけれど、具体的な症状はわからない、というママも多いはずです。ここではヘルパンギーナについて、その原因や治療法などを詳しく紹介していきます。
記事を読む

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

監修
渡辺とよこ先生
わたなべ医院院長
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。

あなたにおすすめ

注目コラム