突発性発疹の後、保育園はいつから?症状と対処法(写真あり)【小児科医監修】

 専門家監修
公開日:2018/12/24
更新日:2019/03/15
突発性発疹の後、保育園はいつから?症状と対処法(写真あり)【小児科医監修】
監修
渋谷紀子先生
総合母子保健センター愛育クリニック

この記事では突発性発疹の原因、症状、対処法、保育園にいつから通えるかについて解説しています。生後6ヶ月以降の赤ちゃんに多い突発性発疹。保育園に通っているなら、どれくらいお休みしなければならない病気なのか知っておきたいですよね。

突発性発疹の原因は?

突発性発疹はウイルスが感染することによって起こる病気です。原因となるのはヒトヘルペスウイルス6型と7型という2種類のウイルス。この2つは異なったウイルスであるため、突発性発疹に2度かかる赤ちゃんもいます。流行する季節は特になく、1年を通して見られます。

これらのウイルスは一度感染すると体内に一生ひそみます。ですから、赤ちゃんの突発性発疹は周囲の大人を介してうつることが多い、と考えられています。

突発性発疹の症状は?

主な症状はと、解熱後に出る発疹です。咳などの症状はほとんどありませんが、食欲がなくなったり便がゆるくなったりする赤ちゃんもいます。

一般的に熱は高くなりやすく、40度に達することもあります。急に高熱が出ることで、発症に気づくママも多いことでしょう。

発熱の期間は3~4日

熱は3~4日続きますが、突発性発疹の場合、「高熱のわりには機嫌がいい」とよく言われます。しかし、もちろんこれには個人差があり、つらそうな様子になる赤ちゃんもいます。

発疹の期間は3~4日

熱が下がるのとほぼ同時期に、おなかや背中を中心に赤い発疹が出ます。この発疹にかゆみや痛みはありません。発疹は出てから2~3日後にだんだんと薄くなり、3~4日で自然に消えてしまいます。発疹のあとは残りません。

以上が典型的な症状ですが、実際には症状の出方は赤ちゃんによって異なります。感染しても熱だけ、あるいは発疹だけ、さらには症状がまったく出ない赤ちゃんもいます。

診断がつくのは発疹が出た後

確実に診断するためには、突発性発疹のウイルスに対する抗体があるかどうかを調べる血液検査が必要です。しかし実際には、発熱後に発疹が出たことで「突発性発疹」と診断されることがほとんどでしょう。

発症から3~4日間は熱しか症状がないため、医師も突発性発疹かどうか判断しかねることが多いはずです。医師からは「おそらく突発性発疹だと思いますが、様子を見てください」といったアドバイスがなされるかもしれません。

突発性発疹の治療は?

ウイルスによって発症する病気なので、細菌の増殖を抑える抗菌薬(抗生物質)は効果がありません。水分補給など必要なケアを行いながら、自然に治るのを待つのが基本的な対処法となります。

熱が高く、赤ちゃんがぐったりしている場合は、解熱剤が処方されることがあります。熱性けいれんを起こしたことがある赤ちゃんの場合は、けいれん止めの薬が出されることもあるでしょう。

監修
渋谷紀子先生
総合母子保健センター愛育クリニック
東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院、山王病院、NTT東日本関東病院などの勤務を経て、現職。専門は小児アレルギー。私生活では四女の母でもある、やさしくパワフルなドクターです。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム