マタニティ用オールインワンは便利でおしゃれ♡おすすめ人気15選

コラム
公開日:2018/12/11
更新日:2018/12/12
マタニティ用オールインワンは便利でおしゃれ♡おすすめ人気15選

妊娠してお腹が大きくなるにつれ、毎日のコーデに悩むママも多いですよね。そんな人におすすめなのが、「マタニティ用オールインワン」。1枚あるだけでコーデの悩みから解放され、しかもおしゃれに見える優れものです!今回は、マタニティ用オールインワンの種類・選び方のポイント・おすすめのブランド・着用時の注意点を紹介します。さらに、おすすめの人気マタニティ用オールインワン15選もピックアップしました。ぜひ参考にしてくださいね。

マタニティ用オールインワンとは?

出典/Amazon

そもそも、オールインワンとは、上下がつながった洋服の総称です。英語では「すべてがひとつに含まれたもの」という意味で、1着でトップスとボトム2つの役割を兼ね備えます。そして、妊婦さん用につくられたものが、マタニティ用オールインワン。さまざまなマタニティファッションブランドが、マタニティ用オールインワンを取り扱っています。
一般的なオールインワンと同じで、マタニティ用オールインワンもインナーを必要とするものがほとんど。インナーを変えるだけでいろいろな雰囲気が楽しめ、着回し力も抜群です。マタニティコーデに悩むことが多いママは、1枚持っておくととても役立つかもしれませんね。

マタニティ用オールインワンの種類をチェック!

出典/Amazon

先ほどもお伝えしたように、オールインワンは上下ひとつながりになった洋服の総称。そして、オールインワンにもいくつか種類があります。ここでは、代表的な4種類について紹介しましょう。

オーバーオール

前身にも背中にも当て布があり、サスペンダーが付いたパンツのこと。英語の「overall」が語源。もともとは作業着の一種で男性用の洋服でした。最近では、前身の当て布がウエストの少し上あたりまでしかないオーバーオールもあるようです。

サロペット

前側に当て布があり、背中側には当て布がない洋服のこと。英語のオーバーオールに当たる、フランス語の「salopette」が語源。ボトムはパンツだけでなく、サスペンダーの付いたスカートになっていることもあります。素材やデザインの種類が多いのも特徴。

コンビネゾン

上下がつながった洋服の総称で、一般的に女性用を指すことが多いようです。フランス語の「combinaison」が語源。フォーマル・カジュアルウェア・ルームウェアと、幅広く展開されています。

ロンパース

赤ちゃん用の洋服として知られているロンパース。しかし、最近では赤ちゃん用だけでなく、上下がつながった洋服全般を指すこともあります。特に、下がショートパンツタイプのつなぎをロンパースと呼ぶことが多いようです。

マタニティ用オールインワンの選び方が知りたい!

マタニティ用オールインワンを選ぶときのポイントを、4点紹介します。

デザインで選ぶ

先ほど紹介した、オーバーオール・サロペット・コンビネゾン・ロンパースなどの中から、まずは気に入ったデザインを選ぶと良いでしょう。また、パンツの丈感も選ぶときに考えたいポイント。脚をしっかり覆えて暖かい10分丈や、おしゃれ感のある7分丈、足さばきが良くトイレにも行きやすい膝丈など、それぞれ特徴があります。

色や柄で選ぶ

マタニティ用オールインワンも、色柄のバリエーションが豊富です。シンプルで合わせやすいベーシックカラーの無地や、ファッションのポイントになる色柄ものなど、選択肢はいろいろ。また、前後を逆にして2WAYで着られるものもあるようです。毎日のマタニティライフが楽しくなるような、気分がアガる1着を選びましょう!

サイズで選ぶ

妊娠中はお腹・バスト・お尻などを中心に、ママの身体はだんだんサイズが大きくなっていくもの。オールインワンはゆったりしたつくりが多いですが、中にはフィット感のあるデザインのものもあるでしょう。長く着用したいなら、少し大き目のサイズを選ぶと◎!素材が伸びにくい場合も、普段より1サイズ上を検討することがおすすめです。

素材で選ぶ

以前は、デニムやコットンなどのイメージが強かったオールインワン。しかし最近では、フォーマル感のあるものや、きちんと感のあるオフィスウェアなどもそろっています。もちろん、普段着やルームウェアになりそうなゆったりしたものも豊富!TPOに合わせて選びたいですね。

マタニティ用オールインワンのブランドが知りたい!

マタニティ用オールインワンを取り扱っているブランドを、4つ紹介します。次の項目では、各ブランドの商品もご紹介していますので、参考にしてくださいね。

Angelibe(エンジェリーベ)

マタニティウェア・授乳服・ベビーウェアなどが豊富にそろう、Angelibe。おしゃれ心をくすぐるデザインの洋服が豊富です。産前産後に使えるカシュクールデザインのマタニティ用サロペットや、親子でおそろいにできるマタニティ用オールインワンとトップスのセットなどがあります。

Milk Tea(ミルクティー)

快適な着心地なのにきれいめスタイルが叶う、Milk Tea。こちらも、マタニティ用オールインワンやマタニティ用サロペットを取り扱っています。オフィスにも着ていけそうなハイネックトップスとニット素材でできたサロペットのセットや、シワになりにくいマタニティ用オールインワンなど、魅力的なものがたくさん!

Sweet Mommy(スウィートマミー)

おしゃれで機能的なマタニティウェアや授乳服を展開する、Sweet Mommy。オーバーオールやサロペットなど、マタニティ用オールインワンの種類も豊富です。袖がレースになったトップスとサロペットのセットや、授乳もできて産前産後と長く使えるオーバーオールなどがあります。

COMME CA BLANC D'OEUF(コムサブロンドオフ)

元気でポジティブなマタニティライフを応援する、COMME CA BLANC D'OEUF。カジュアルな中にも、華やかさとモードさを兼ね備えたマタニティウェアが豊富です。マタニティ用オールインワンのラインナップには、動きやすいジャージ素材のサロペットや、ストレッチ素材のオーバーオール、暖かいニット素材のサロペットスカートなどがあります。

マタニティ用オールインワンの着用シーンはいつ?

マタニティ用オールインワンを着るのに適しているのは、どんなシーンなのでしょうか?

日常的なシーンで

マタニティ用オールインワンを着るシーンとして1番多いのは、日常的なシーンという人がほとんど。マタニティ用オールインワンにはデニム・コットン・麻などの素材が多いため、カジュアルウェアとして普段使いされることが多いでしょう。また、ゆったりシルエットも多く、ルームウェアやワンマイルウェアでの利用にもぴったりです。

オフィスやパーティーシーンで

少しかっちりしていたり、きれいめのデザインだったりするマタニティ用オールインワンであれば、通勤や仕事着、または結婚式やパーティーなどでも使えそうです。マタニティ用オールインワンをワンランク上の装いに見せるためには、レースのインナーや、上質なアクセサリー・バックなどの小物を合わせることがおすすめ。

マタニティ用オールインワンの注意点は何?

マタニティ用オールインワンを着用する際に、注意したいポイントを3点紹介します。

サイズに注意する

マタニティ用オールインワンに限らず、「着た感じがきつい!」と感じたら、その洋服の着用はやめておきましょう。サイズの小さい洋服はお腹の赤ちゃんに負担を掛けたり、ママが着用ストレスを感じるとお腹が張ったりすることも考えられるためです。妊娠中は、身体が楽なことが一番!着用の度にきつくないか確認しましょう。

ひとりで着脱できるようにしておく

おしゃれで動きやすいマタニティ用オールインワン。しかし、着脱はセパレートの洋服に比べて少々難しいかもしれません。マタニティ用オールインワンを着てお出かけする前に、まずは1人で着脱できるよう練習しておきましょう。もっとも大変なのは、おそらくトイレのシーン。ファスナーに手が届くか、裾が床に付かないように脱げるか、しっかりと確認してくださいね。

羽織ものを持っておく

マタニティ用オールインワンは、中にインナーを着るタイプのものがほとんど。そのため、着膨れしないように、薄手のインナーをチョイスする人が多いでしょう。過ごしやすい季節は良いのですが、季節の変わり目や温度調節が難しい場所では羽織ものを持っておく方がベター。ママの身体を冷やさないように、ストールやカーディガンなどを携帯しておきたいですね。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム