百玉そろばんが知育に人気!おすすめ商品や口コミをチェック

コラム 公開日:2018/12/06
百玉そろばんが知育に人気!おすすめ商品や口コミをチェック

指で珠を動かしながら数字の数え方や算数の基礎を学ぶことができる百玉そろばんは、知育玩具として注目されています。まだ月齢の小さな子どもでも指で玉を掴むという動作を覚えたり、カラフルな珠を目で楽しんだりとおもちゃとしても活躍してくれるため、早い段階で購入を検討しているママやパパも多い様子。そこで今回は百玉そろばんの使い方や魅力、おすすめ商品について先輩ママたちの口コミも交えながらご紹介します。百玉そろばんで子どもといっしょに楽しく数字を学んでみませんか?さっそく詳しくみていきましょう。

百玉そろばんとは何か知りたい

そもそも百玉そろばんとはどういうものなのでしょうか。一般的なそろばんには1本の棒に対して5つの珠が並んでいますが、百玉そろばんは1本の桁に対して10個の珠が並んでいます。そしてこれが10列並んでいるため、100玉そろばんと呼ばれているのです。また、百玉そろばんは小さな子どもでも扱いやすいように、普通のそろばんよりも大きいサイズで作られているのが特徴のひとつ。そのため、百玉そろばんは一般的なそろばんの子ども版とも言えるでしょう。

百玉そろばんの使い方を知りたい

百玉そろばんはとてもシンプルな使い方で、分かりやすいのも魅力のポイント。まずはすべての珠を右側に寄せて「1、2、3…」と数字を数えながら珠をひとつずつ左側に送っていきます。また、「10、9、8…」と逆に数えながら右から左へ動かすのも方法です。これを基本として、2飛びで数を数えたり、5飛びにしたりと応用していくこともできるでしょう。この方法を利用すれば、九九の基本やしくみも理解しやすくなるかもしれません。また、数をまだ数えられない小さなお子さんでも、珠を触ったり動かしたりして楽しむこともできるでしょう。

百玉そろばんのメリットを知りたい

百玉そろばんは、珠を指で動かして楽しみながら数に触れることで、1から10までを基本とした数の数え方を自然と身に着けることができると言われています。百玉そろばんを使うことで視覚的に数をとらえて考えることができるため、数を足したり、引いたりといった計算力の基礎を養うことも期待できるでしょう。手で珠を動かしたり、ぱちぱちと音がしたりすることで、子どもの脳によい刺激を与えてあげることができるでしょう。

百玉そろばんの選び方を知りたい

百玉そろばんのデザインやタイプはさまざまです。ここでは百玉そろばんの選び方のポイントについてご紹介します。

安全性

子どものための安全性を考慮して作られている日本のおもちゃには、品質を保証する安全器基準マークの「SGマーク」や「STマーク」が与えられています。お子さんが安全に使用することができるよう、このマークがついているかどうかもチェックしてみるとよいでしょう。

色彩

珠のカラーがはっきりとした色合いのものであれば、視覚的に数を捉えやすいと言われています。また、5珠ずつ色分けされているものだと、さらに数を捉えやすくなるようです。パステルカラーの珠であれば、インテリアを邪魔しにくいといったメリットがありますが、子どもの知育を考えるのであれば、色合いのコントラストがはっきりとしたものを選ぶことが重要となるでしょう。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム