安眠グッズで妊婦さんもぐっすり!選び方や注意点&人気おすすめ7選

コラム 公開日:2018/12/06
安眠グッズで妊婦さんもぐっすり!選び方や注意点&人気おすすめ7選

色々なことに敏感になってしまうマタニティ期。ぐっすりと眠りたい、と思ってもなかなか寝付けずに困ってしまうこともあるかもしれません。そこでおすすめなのが安眠グッズ。リラックス効果も抜群で、プレママを快適な眠りへと誘ってくれます。この記事では、妊婦さん向けの安眠グッズや安眠グッズ江御使うときの注意点、おすすめの安眠グッズなどのご紹介をします。

妊婦の安眠グッズとは何?

妊娠中は体の変化や不調により、なかなか熟睡できないことも多いですよね。十分な睡眠がとれないと、日中につらくなったり、ちょっとしたことで気分が落ち込んだりイライラしたりしてしまう妊婦さんもいるでしょう。妊婦さん向けの安眠グッズは、そんなつらい寝不足に陥らないように、睡眠をサポートしてくれるグッズのことです。

妊婦の安眠グッズを使うメリットは?

安眠グッズを使う一番のメリットは、やはり良質な睡眠が取りやすくなること。しっかり眠ることができれば、健康なマタニティライフにつながります。さらに、リラックス効果もあるので妊娠中のイライラや気分の落ち込みをやわらげてくれることでしょう。

妊婦の安眠グッズにはどんな種類があるの?

クッション

お腹が大きくなると、寝返りが打てなくなったり、うつぶせで眠れなくなったりするのでどうしても眠りが浅くなってしまいがちです。そんなときにおすすめなのが安眠クッション。体にかかる負担を軽減してくれるので、快適な眠りにつくことができます。

精油

気持ちの落ち込みやイライラを軽減して、リラックス効果が期待できる精油。ただし精油の種類によっては妊娠中に使用しない方がいいものもあり、使えるものでも「妊娠中期以降ならOK」「妊娠後期ならOK」といった目安があります。まずは医師や専門知識を持つアロマセラピストなどに相談するとよいでしょう。
一般的に、妊娠中でも使いやすい精油と言われているのがオレンジやベルガモットなど。これらは柑橘系の中でもリラックスしたいときに適した精油ですので、妊娠中期以降にアロマディフューザーなどを使って、部屋に香らせるとよく眠れるかもしれません。

アイマスク

妊娠中はトイレが近くなり、夜中にトイレに起きることもしばしば。大きなお腹で暗闇を歩くのは危険なので、廊下や部屋の電気をつけたままにしておきたい、でも明るい部屋では眠れない……。そんな人におすすめなのがアイマスク。光りを遮ることで、眠りを誘うホルモンが分泌されやすくなり、眠りが深くなると言われています。

妊婦の安眠グッズの選び方は?

安眠グッズを選ぶ際は、自分が眠る際にどんなことに困っているか、を考えるようにしましょう。例えば、眠るときの体勢がしんどくなった、という人は抱き枕やマルチクッションを選ぶとよいでしょう。

妊婦の安眠グッズを使用するの際の注意点は?

本当に必要かどうかを考える

周りの人に勧められたから、口コミ評価が高かったから、というだけでなく、今ほんとうに必要かどうかを考えて購入するようにしましょう。
たとえば、おなかの圧迫感で眠れないという人には抱きまくらが役立ちますが、人によっては温めのお風呂にゆっくり入るようにしたり、寝る前のスマホやPC使用をやめるとよく眠れるようになることも。本当に必要なグッズかどうかを考えて購入することがポイントです。

長く使えるかどうか

マルチクッションは、出産後、授乳クッションとして使用できるものもたくさんあります。購入するなら、長い期間使用できるものを選ぶようにしましょう。

価格で考える

妊娠中や出産後は、何かと出費がかさみがち。お財布とよく相談して、無理のない価格のものを購入することをおすすめします。無理して高いものを買ったのに、まったく使わなかった……などということがないようにしましょう。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム