おしりふきのおすすめは?選ぶときの注意点やおすすめ商品7選

コラム 公開日:2018/12/06
おしりふきのおすすめは?選ぶときの注意点やおすすめ商品7選

赤ちゃんに欠かせないおしりふき。たくさんの種類のおしりふきからどれを選べばいいのか、悩む人もいますよね。赤ちゃんのおしりを清潔に保つためのおしりふきですが、商品によって特徴があります。今回は、たくさんあるおしりふきの中からおすすめのおしりふきをピックアップしてみました。選び方や注意点なども一緒に紹介するので、おしりふき選びの参考にしてみてください。

先輩ママに聞いた!おしりふきはどうやって選んだ?

実際におしりふきを使っているママに、どうやって選んだかインタビューしてみました!

毎日使うからリーズナブルなおしりふき

「初めての子なのでおしりふきについて全くわからず、おむつと同じメーカーのものをとりあえず買ってみました。シートが厚くふき取りやすかったので良かったのですが、頻繁に使うものなので、毎回あっという間になくなっちゃって。少し安いものに変えたのですが、たくさん入っていてコスパはばっちり!」(6ヶ月男の子ママ)

肌が弱い子でも使える優しいおしりふき

「肌が弱くてすぐ荒れてしまうので、とにかく肌に優しいおしりふきを買っています。アルコールや肌に悪い成分が入っていない無添加のものがおすすめです。あとは、こすりすぎると肌に負担がかかるから、厚手でさっと汚れが取れるおしりふきにしています」(3ヶ月女の子ママ)

トイレに流せる便利なおしりふき

「トイレトレーニングを始めてからは、トイレに流せるおしりふきを使っています。使いやすいしそのままトイレに流せるので衛生的にもいいですよ。自宅のトイレにひとつ置いているのと、お出かけのときにひとつ持ち歩いています」(2歳女の子ママ)

おしりふきはどう選ぶ?選び方を知りたい!

生まれたその日から使うおしりふきは、1日に何度も使います。たくさんある中からどのおしりふきを選べばいいか、選び方をチェックしましょう。

新生児~2、3ヵ月の赤ちゃんにおすすめのおしりふき

肌が薄くやわらかい新生児~2.3か月の赤ちゃんは、水分量が多いおしりふきを選びましょう。デリケートな肌は、こすりすぎるのも荒れる原因になってしまいます。ごしごしこすらなくても済むように、厚手でさらっと汚れをとることができるシートがおすすめです。

4ヶ月頃~の赤ちゃんにおすすめのおしりふき

この時期は、おむつメーカーや子供用品のお店で買える一般的なおしりふきでも安心して使えますよ。1日に何度も使うので、何個かパックになっているものや箱で買えるものがおすすめです。
しかし、あまりに安いおしりふきだとシートが薄くこすらなければいけなかったり何枚も必要になるというデメリットが。敏感肌の子や荒れやすい子は、肌に悪い成分が入っていないおしりふきを選んでくださいね。

トイレトレーニング中の子供におすすめのおしりふき

おしりふきには、トイレに流せるタイプのものがあります。トイレットペーパーで拭いてもいいのですが、水分が入っている方が肌への負担がありません。そこで、トイトレ中にもおしりふきをおすすめします。流せるタイプのおしりふきは使ってそのまま流せるので、便利なだけでなく衛生的ですね。

おしりふきを使う上での注意点は?

おしりの手入れは、男の子と女の子で少し違いがあります。

男の子

男の子は、おしっこだけなら拭かなくても大丈夫と言われることがありますがそれは間違いです。皮膚についたままだと、ばい菌が原因で炎症を起こしてしまうことも。汚れが少ない外側から拭き、徐々に汚れがたくさんついている部分を拭いてあげましょう。
始めはポンポンと軽く拭き、さらに綺麗なおしりふきで拭き取ってあげてくださいね。

女の子

男の子と同様に、おしっこがついたままだと炎症を起こしてしまうので、清潔にすることが重要です。女の子は尿道・膣・お尻の穴の位置が近くばい菌が入りやすい形状なので、前から後ろに向かって拭くようにしましょう。粘膜の部分は、とてもデリケートです。傷つけないように優しく丁寧に拭くことを意識してくださいね。1回目は軽くポンポンと洗い流すような感覚で拭き、2回目に仕上げのイメージで拭き取ると清潔に保てます。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム