身長計のおすすめデザイン12選!木製やウォールステッカーなどがママに人気

コラム 公開日:2018/11/20
身長計のおすすめデザイン12選!木製やウォールステッカーなどがママに人気

みなさんは子どもの頃、家の柱で身長を測って記録した思い出はありませんか?子どもの頃の成長スピードは著しく、〇ヶ月で〇cm伸びた!と確認するたびうれしく感じましたよね。近頃では、子どもの成長を簡単に知ることのできる自宅用の身長計がたくさん販売されています。デザインや素材も豊富で、インテリアとして映えるようなものも見つけられますよ。ここでは身長計の選び方やおすすめデザインについてまとめてみました。子どもの成長を身長計でぜひ記録してみてくださいね。

身長計を使用している先輩ママたちにインタビューしてみました!

身長計を購入したきっかけについて教えてください

「子どもの成長を知ることができるのは親にとってうれしいもの。しかし、幼稚園や小学校での身体測定の機会は数ヶ月に1回という頻度でそれほど多く実施されていません。長男が小学校3年の頃、3ヶ月ぶりに計測したとき以前より一気に身長が伸びていることがあり、『一体いつ伸びたの!?』とびっくりしたこともありました。そこで子どもの成長をしっかりチェックしたいと思い、購入に踏み切りました」(小学校4年生の男の子と6歳の女の子のママ)

「私には1つ下の妹がいるのですが、小さい頃実家の柱で父に身長を測ってもらい、よく妹とどっちが高いなどと背比べしたものです。いまでも実家にはその記録したものが柱に刻まれていて、見るたびに当時の思い出が蘇りほっこりとした気持ちになります。そんな思い出を子どもたちにも残してあげたいと思い、購入を決めました」(5歳と4歳の女の子のママ)

どんなタイプやデザインの身長計を選んだのか教えてください

「子ども用品を専門に扱うお店で、子ども自身に好きなデザインを選んでもらいました。キャラクターものは大きくなると飽きが来る時期があると思いますが、壁に貼って剥がせるウォールタイプのものだったので、飽きても簡単に取り外すことができるからいいなと思いました。お値段も1,000円前後と安く、数年使えれば十分もとが取れるんじゃないかと思いますよ」(小学校1年生の男の子のママ)

「マメなお母さんなら赤ちゃんの頃から子どもの成長日記を記録していたりするのでしょうが、私はそういった作業が苦手。長女が5歳になるまでその類のものは何もしてきませんでした。ですが、せめて身長の成長ぶりだけでも記録してあげられたらと思ったので、長く使用できる木製の身長計の購入を決めました。身長計はママ友おすすめの写真を飾れるフォトフレームつきのものに。娘2人に1つずつ用意。それぞれ身長の目盛り部分に計測した日付を直接書き込んで、そのときに撮影した写真を飾っています。いつか娘が成長したときプレゼントしてあげられたらいいなと考えています」(5歳と3歳の女の子のママ)

「長男が生まれたとき、友人から出産のプレゼントとして床に敷いて測るタイプのおしゃれな身長計をもらいました。近頃はSNS映えを狙って撮影するねんねフォトが流行っていますが、これは下に敷くだけで一気におしゃれな感じに。息子がハイハイを卒業するまで毎月定期的に撮影し、かなり重宝しました。とっても嬉しかったので友人の出産プレゼントとして私も贈ったほどです。身長計は出産プレゼントに贈ると喜んでもらえるお品だと思います」(3歳の男の子と0歳の女の子のママ)

身長計の選び方が知りたい

身長計のタイプや素材、デザインはさまざま。そのため、どのような点に留意して身長計を選べばよいのか分からないという人もいるのではないでしょうか。ここでは身長計を選ぶ際のポイントについてご紹介しましょう。

年齢に見合ったもの

身長計によって測定できる身長の高さ設定が異なります。壁に立てかけたり貼ったりして使用するタイプの身長計の場合は、まだ歩けない赤ちゃんの身長を測るには適していないため、乳児用のタオル身長計などを使用する必要があるでしょう。また測定範囲の限度が小さいものであれば、一定の時期までしか使用することができません。反対に長さのあるものであれば、大人も測ることができ家族みんなの身長を測定することも可能となります。どれぐらいの身長まで対応しているのか、どれぐらいの期間使用したいのかなどを考慮して選ぶとよいでしょう。

収納場所や設置場所

壁に取りつけるタイプの身長計の場合、そのスペースを確保しなければいけません。購入してからスペースが足りなかったということがないように事前にチェックし、そのサイズに見合ったものを選ぶようにしましょう。また、布性や紙製のものであれば、折りたたんでコンパクトにすることができるため、収納場所に困りません。その点もチェックしておくとよいでしょう。

素材やタイプ

木製タイプ

インテリアとしてこだわりたいのであれば、木製タイプの身長計がおすすめ。木のあたたかな温もりが感じられ、部屋の雰囲気にもナチュラルに馴染んでくれそうです。年月を重ねるごとに、木製ならではの風合いや味が出てくるのも魅力のポイント。経年の変化を楽しむことができるでしょう。また、木製タイプはほか素材に比べて頑丈でしっかりしています。そのため、子どもの成長記録を長く保存したいという人にも選ばれているようです。

ウォールステッカータイプ

近頃人気なのがウォールステッカータイプの身長計です。裏面が粘着素材となっていて、一度貼ってもきれいに剥がすことができます。壁に穴をあけたり傷をつけたりする必要がないため、持ち家だけでなく賃貸に住んでいる人にも最適。また木製タイプの身長計に比べてお手頃価格で手に入れられるのもうれしいところですね。

布タイプや紙タイプ

上記でも少し触れましたが、布タイプや紙タイプの身長計はコンパクトに折りたたんだり、くるくると丸めて収納することが可能です。そのため、普段は閉まっておいて身長を測る際に取り出すといったこともできますね。

プラスチックタイプ

身長計はプラスチックタイプも販売されています。プラスチックは軽量で、両面テープで壁に貼りつけることができるため、壁を傷つけることのできない賃貸の人でも使用可能。なかには、壁の高い位置に貼りつけてそこからバーを下ろして身長を測るタイプのものもあります。

デザイン

身長計のデザインはシンプルなものから、カラフルでポップなのものまで多彩です。キャラクターものであれば、子どもも喜んで身長を測らせてくれるようになるかもしれません。また、なかには身長計とフォトフレームがドッキングしたようなデザインのものも販売されています。これなら成長記録とともに、そのときの写真を飾っておくこともできますね。お気に入りのデザイン重視で選んでみるのもよいでしょう。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム