【産婦人科医監修】妊娠初期の流産の確率は? 原因や兆候、手術は? 予防法は? 

 専門家監修
公開日:2018/11/28
【産婦人科医監修】妊娠初期の流産の確率は? 原因や兆候、手術は? 予防法は? 
監修
竹内正人先生

妊娠初期の妊婦さんにとっていちばん心配なのは流産でしょう。流産は妊娠全体の約15%で起こるといわれています。妊娠初期の流産の確率や原因、種類などについて、ここで詳しく解説します。

妊娠初期の流産とは?

赤ちゃんがおなかの中から出て、生存できるギリギリのラインは、妊娠22週とされています。このため、妊娠22週までに胎児が亡くなってしまったり、母体から外に出てしまったりすることを「流産」といいます。

流産は発症した時期によって分類され、妊娠12週未満の流産を「初期(早期)流産)」、妊娠12週以降22週未満の流産を「後期流産」といいます。

流産の診断では、必ず超音波検査を行います。正常な妊娠の場合、まず子宮のなかに胎嚢(たいのう・胎児が入っている袋)を確認できます。続いて、胎嚢のなかに胎児が認められ、同時に胎児心拍も確認されるようになります。胎児の心拍が止まり、それ以上成長できなくなってしまうと、妊娠を終わらせるために子宮が収縮します。自然に子宮口が開き、胎児はとどまることができず、胎嚢などの組織とともに体の外に排出されます。

妊娠初期の流産の種類は?

流産は妊婦さんの症状や子宮のなかの状態によって、次の4つに分類されます。

稽留(けいりゅう)流産

胎児は亡くなってしまったものの、まだ子宮のなかにとどまっている状態です。妊婦さんに自覚症状はなく、健診などで初めて確認されることがほとんどです。
子宮口……開いていない
症状……出血や下腹部の痛みなどの症状がない状態(まれに少量の出血を認めることがある)
超音波検査……胎嚢は認めるが胎児心拍は確認できない、または一度胎児心拍が確認できたものの、確認できなくなっている
治療……子宮の中に残っている胎児や胎嚢などの組織を取り出す手術(子宮内容除去術)を行う場合と、子宮の中に残った内容物が自然に出てくるのを待つ(待機療法)場合がある

進行流産

流産が進行している状態です。進行流産が起こったあとは不全流産や完全流産に移行します。
子宮口……開いている
症状……多量の出血や周期的な強い下腹部の痛みがある
超音波検査……胎嚢は認めるが胎児は確認できない、または胎嚢や胎児は認めるが胎児心拍は確認できない
治療……子宮の中に残っている胎児や胎嚢などの組織を取り出す手術(子宮内容除去術)を行う場合と、子宮の中に残った内容物が自然に出てくるのを待つ(待機療法)場合がある

不全流産

流産が進行し、胎児や胎嚢などの組織の一部が子宮の外に排出されたものの、まだ内容物が残っている状態です。
子宮口……開いている
症状……出血や下腹部の痛みが持続する
超音波検査……胎嚢は認めるが胎児は確認できない、または胎嚢や胎児は認めるが胎児心拍は確認できない
治療……子宮の中に残っている胎児や胎嚢などの組織を取り出す手術(子宮内容除去術)を行う場合と、子宮の中に残った内容物が自然に出てくるのを待つ(待機療法)場合がある

完全流産

流産が進行した結果、胎児や胎嚢などの組織がすべて子宮の外に排出された状態です。
子宮口……閉じている
症状……出血や下腹部の痛みがあったが、すでに軽くなっているか、治まっている
超音波検査……胎嚢も胎児も確認できない
治療……自然に子宮収縮が起こり、子宮はもとの状態に戻るため、治療の必要はとくになく経過観察になる

そのほかの流産

流産のリスクのある状態は「切迫流産」

胎児心拍は確認できるものの、流産のリスクのある状態を「切迫流産」といいます。流産は妊娠の継続はできませんが、切迫流産は妊娠を継続できる可能性が高いです。
子宮口……開いていない
症状……少量の出血、軽い下腹部痛、下腹部が張っている感じ、腰痛など
超音波検査……胎児が確認でき、胎児心拍も確認できる
治療……安静に過ごすのが基本。症状や仕事、家庭の状況などによって、自宅安静から入院まで、安静の度合いは異なる。初期の切迫流産で薬を使うことはないが、妊娠16週以降で子宮収縮がある場合は、子宮収縮を抑える薬が使用される。

とても早い時期に流産してしまう「生化学的妊娠」

尿検査で妊娠反応があったものの、超音波検査で胎嚢が確認される時期(妊娠5週ごろ)より前に妊娠が終わってしまった状態を「生化学的妊娠」といいます。かつては妊娠と診断される前に自然に妊娠が終わっても、女性は気づくことなく次の生理を迎えていました。
近年、妊娠検査薬の感度がとても高くなり、より早く妊娠に気づけるようになったため、「生化学的妊娠」が注目されるようになりました。妊娠や流産としてカウントされることはなく、医学的に「流産」とは区別されています。とくに治療の必要はありません。

妊娠初期の流産の確率は?

医療機関で確認された妊娠の約15%が流産になります。そのうちの約9割が、妊娠12週までの初期に起こっています。初期流産は、決してめずらしいことではありません。

妊娠初期の流産の原因は?

初期流産の原因は胎児側にあることが多く、最も多いのは染色体異常です。つまり、流産の大半は、もともと育つことが難しい受精卵だったということです。
また、流産は妊婦さんが高齢になるにつれて、発生頻度が高くなります。35歳以上の妊娠になると、胎児の染色体異常が増えるというデータがあり、35~39歳での流産率は約20%、40歳以上では50%を超えるとされています。

母体側の初期流産の原因としては、子宮奇形、子宮筋腫などの子宮のトラブルや、免疫的な因子、血液の凝固障害などがあります。

一方、後期流産の多くは、子宮頸管無力症(お産の前に子宮口が開いてしまう状態)や絨毛膜絨毛炎(胎児を包む卵膜に細菌が感染して発症する病気)などの母体側のトラブルによって起こります。

妊娠初期の流産の兆候や症状は?

流産の主な兆候は、性器からの出血と下腹部の痛みです。次のような症状がある場合は、注意が必要です。

出血

・ダラダラと出血が続く
・量が多い
・鮮やかな色の出血が続く
・下腹部の痛みを伴う

下腹部の痛み

・強い痛みが続く
・周期的な痛みがある
・出血を伴う

このような症状があるときは、早めに受診しましょう。とくに生理のときより出血量が多い場合や、下腹部の痛みが激しい場合は、進行流産もしくは異所性妊娠(子宮外妊娠)の可能性があります。早い対応が必要になるので、夜間・時間外であっても病院に連絡し指示をあおぐようにしましょう。

妊娠初期の流産の場合、手術は必要?

稽留流産、進行流産、不全流産の場合、子宮の中に胎児や胎嚢などの組織がいつまでも残っていると、出血が続いたり、感染症にかかったりするおそれがあります。そのため子宮の中に残った胎児や胎嚢などの組織を取り出す「子宮内容除去術」を行うか、自然に出てくるのを待つ「待機療法」を行います。待機療法のメリットは、経済的な負担が少ないことですが、まれに子宮内に内容物が残ってしまうことがあり、その場合は予定外の入院や、結局は子宮内容除去術が必要になる可能性があります。

どちらを行うかは、医師と相談して決めましょう。流産後に大量の出血や貧血、感染症を合併した場合はすぐに子宮内容除去術が行われますが、そうでなければ急ぐ必要はありません。流産と診断がついてから1週間ほど過ぎて、気持ちが落ちついてから手術を受ける人が多いようです。

妊娠初期の流産は予防できる?

妊娠初期の流産は、母体側ではなく胎児側に原因がある場合がほとんどです。残念ながら、予防することはできません。ただ、少しでもリスクを減らすために、日常生活では次のことに注意しましょう。
まず、たばこです。血液中のニコチン濃度が高くなるほど流産率が高くなり、ヘビースモーカーの流産率は、たばこを吸わない女性の約2倍いわれています。妊娠したら禁煙し、受動喫煙にも注意しましょう。
また、妊娠中に飲酒をすると、アルコールが胎盤を通過して胎児に届き、「胎児性アルコール症候群」といって胎児の発育に影響する可能性があるのでやめましょう。
ストレスがたまるのも体にとってよくありません。仕事などが忙しく疲れたときは、体を休めたり、気分転換を。栄養バランスのよい食事をとり、健康的に過ごしてください。

【管理栄養士監修】妊娠中の栄養不足の原因や症状、対策は?赤ちゃんへの影響は?
【管理栄養士監修】妊娠中の栄養不足の原因や症状、対策は?赤ちゃんへの影響は?
妊娠すると、おなかの赤ちゃんのためにもバランスのいい食事を食べ栄養をとる必要があります。妊娠中は体調を崩しやすいため、思うように食事がとれず、栄養不足になることも。妊娠中に陥りがちな栄養不足について、原因や症状、対策からおすすめの食事まで紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。
記事を読む

取材・文/小沢明子

監修
竹内正人先生
⽇本医科⼤学⼤学院修了。⽶国ロマリンダ⼤学留学を経て、葛飾⾚⼗字産院などに勤務。
よりやさしい「⽣まれる・⽣きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠をこえて活動する⾏動派産科医。

あなたにおすすめ

注目コラム