【産婦人科医監修】つわりで食べられない! その理由と対処法は?

 専門家監修
公開日:2018/12/26
【産婦人科医監修】つわりで食べられない! その理由と対処法は?
監修
竹内正人先生

妊娠初期のつわりでつらいことは、気持ち悪くなったり、吐き気がしたりして、食べられなくなること。しっかり食べなければおなかの中の赤ちゃんが成長できないのではないかと不安になりますが、つわりの時期は食べられるものを食べればOK。産婦人科医の竹内正人先生に、つわりで食べられなくなったときの対処法をお聞きしました。

そもそも、つわりとはどんなもの?

つわりとは、妊娠初期の妊婦さんに生じる様々な体調変化のこと。主なものに、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃もたれ、食べ物やにおいに対する嗜好の変化などがあります。
つわりが起こるメカニズムは解明されていませんが、胎盤が作られるようになる妊娠初期に急激に増えるhCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の値が高いとつわりが重くなると言われています。つわりが始まるのは妊娠5~7週ごろ。9~12週ごろにピークを迎え、胎盤が完成する15~16週ごろに収まってくることが多いとされています(個人差があります)。

つわりの原因は? 食べられなくなる理由は?

妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)値が上昇し、妊娠の維持に関わる黄体ホルモンの分泌を促します。その副作用として嘔吐や食欲不振といった消化機能の低下による症状が現れ、つわりを引き起こすと考えられています。
つわりで食べられなくなる程度はさまざまです。ある特定の食べ物を口に入れると吐き気がしたり、実際に嘔吐してしまう人もいます。食べ物を調理するにおいをかいだだけで食欲不振になって、食べられなくなる人も。温かい食べ物は食べられないけれど、冷たくすると食べられるという人もいます。

つわりで食べられないときの対処法は?

食べられるものを探す

食べられないと嘆くよりも、少しでも食べられるものを探して試してみましょう。個人差がありますが、冷たいもの、のど越しのいいものなど、「これなら食べやすい」と思えるものが何かあるはずです。

つわり中は食べ物の好みが変わることもあります。それまで嫌いだったものが急に好きになることもあるので、先入観なしでいろいろなものを食べてみるといいでしょう。

妊娠前と食の嗜好が変わることもあります。ポテトフライやから揚げなどの揚げ物が好きになり、それ以外は受けつけなくなることもあります。栄養バランスなどが気になると思いますが、それしか食べられないなら、つわり中は食べられるものを食べることが大事。栄養バランスはつわりが解消されてから補いましょう。

1食の量を調整して、食事の回数を増やす

食べられるものがあっても、一度にたくさん食べると気持ち悪くなる人もいます。そんなときは1回の食事量を減らして、食事の回数を1日5、6回に増やしてみましょう。つわりは空腹になると症状が強くなる傾向があるので、手軽に食べられる軽食を用意しておくと便利です。例えば、につわりを軽減してくれるビタミンB6が豊富なナッツ類やバナナがおすすめです。

酸味のあるもので食欲を促進する

クエン酸を豊富に含む酸味のある食べ物は、だ液の分泌を促し、食欲を増進する効果があります。トマト、レモン、ライム、すだち、かぼす、梅干しなどを常備しておくといいでしょう。

生姜で吐き気を止める

生姜には吐き気を止める効果があるため、料理に生姜を使ったり、湯に生姜を混ぜた生姜湯はつわりがつらいときにおすすめです。ただし、生姜はとり過ぎると胃が荒れてしまうため、スライスなら5枚程度、すりおろしなら小さじ1程度にしましょう。

食べられるタイミングを探す

1日の流れの中で、つわりがつらくなる時間帯やタイミングがあるはずです。それを避けて食べてみると、意外と食べられるときもあります。つわり中は、朝食・昼食・夕食と3食きちんと食べようとしなくてもいいのです。本やテレビを見て、「食べてみようかな、おいしそうだな」と思ったときが食べたいときなので、そのタイミングを逃さないで。

サプリメントを併用しても

どうしても食べることができないときは、サプリメントを活用しましょう。特定の栄養素に偏らず、妊婦さんにとって十分な量の栄養素がバランスよくとれるサプリメントを選びましょう。合わせて、食べることをすべてあきらめずに、食べられそうなときは少量でもいいので口に入れるようにしてください。

水分補給は欠かさずに

食べられないだけでなく、飲むことができなくなったときは、脱水症状にならないように、なんとか水分だけはとるようにしましょう。レモンを絞ったり、氷を入れて冷やしたりと自分が飲みやすくなる飲み方を探してください。飲むとすっきりとした爽快感がある炭酸水や冷たくてのど越しがいい氷もおすすめです。

冷たさが刺激になって、気持ち悪くなったり、吐き気を催す人は熱湯を冷ました白湯などがおすすめ。最近は、コンビニでも常温のドリンクが用意されているので活用してください。

先輩ママたちにアンケートをとりました

つわりでつらいときに、どんな食べ物を食べていましたか?

グミをかんで、気持ち悪さをまぎらわせていました。
ゴールドキウイトマトしか食べられなかったです。
果物全般、トマト、梅干し、カロリーメイト、ゼリー、フライドポテト。食べられないときは野菜ジュース、100%果汁ジュースを飲んでいました。
果物、スムージー、野菜ジュース、ゼリーなど、固形物ではないものや酸味のあるものを少量ずつ食べていました。
●調理せずに食べられるものを用意して、気分がよいときにガバッと食べる!
果物グミじゃがりこだけは食べられました。
クラッカー、バナナ、サラダ、ゼリーなどカロリーの低いものオンリー。
そうめんおそばなど、ツルツルとしてのどごしのいいものを食べていました。
梅干し酸っぱいグミこんにゃくゼリーなどを食べていました。
●1人目のときはキシリトールがダメだったけれど、2人目は大丈夫だったので、ガムばかり食べていました。
●1人目のときはマクドナルドのハンバーガー。2人目のときはトマト
クルミプルーンなどの自然派のお菓子でまぎらわせていました。
●ランチタイムはコンビニのゆで卵でお腹を満たしました。
キウイフルーツ、あめ、グミ、レモンに助けられました。
果肉がやわらかめの果物、ゼリー、ところてんが欠かせませんでした。
●生のトマトキャベツレタスがおいしく感じました。
●マクドナルドのポテトフライ。夜中に夫に買ってきてもらいました。
●ミニサイズのバウムクーヘンドーナッツを持ち歩いていました。
きゅうりなどあっさりとした野菜なら食べられました。
●毎日、ピザ、やきそば、ラーメン、ハンバーガー。とにかくジャンクフードばかり。
●小ぶりのおにぎりを常に持ち歩いていました。
●食べづわりだったので、野菜中心。糖質オフメニューにしていました。
アーモンド、乾燥果物をいつも持ち歩いていました。

出典 :はじめてママ&パパの妊娠・出産※情報は掲載時のものです

監修
竹内正人先生
⽇本医科⼤学⼤学院修了。⽶国ロマリンダ⼤学留学を経て、葛飾⾚⼗字産院などに勤務。
よりやさしい「⽣まれる・⽣きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠をこえて活動する⾏動派産科医。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム