子供の熱が上がったり下がったりするのはどうして?その原因と対処法【小児科医監修】

 専門家監修
公開日:2018/11/22
更新日:2019/10/08
子供の熱が上がったり下がったりするのはどうして?その原因と対処法【小児科医監修】
監修
渋谷紀子先生
総合母子保健センター愛育クリニック

この記事では、子供の発熱で考えられる原因と受診のタイミング、対処法について解説します。熱が下がった、とひと安心していたら、また上がってくる……。赤ちゃんや子供にはよく見られる発熱のパターンです。いったん下がった熱がぶり返すのはどうしてなのでしょうか。

子供の熱が上がったり下がったりする原因は? 
免疫や体温調節の機能に関係することも

そもそも熱がなぜ高くなるのかというと、ウイルスなどの病原菌から体を守るためです。ウイルスは熱に弱いので、体温が上がると増殖しにくくなります。同時にウイルスを攻撃する免疫機能の働きも、体温が高いと活発になります。

ですから、熱がぶり返したのなら「病原菌との闘いはまだ終わっていない」ということ。それを踏まえた上で、熱が上がったり下がったりする原因としては、次のようなものが考えられます。

体温の日内変動

一般的に体温は早朝が最も低く、夕方に最も高くなります。食事をとったり動いたりといった日中活動も体温を上昇させます。病気のときもこの体温リズムに変わりはないので、朝には下がっていた熱が、午後や夕方になると上がるのです。

ホルモン分泌のリズム

炎症を抑える働きのある副腎皮質ホルモンは朝から午前にかけて多く分泌され、夜にかけて減少していきます。そのため副腎皮質ホルモンの分泌が少なくなる夕方以降の時間帯に、熱が上がりやすくなります。

体温調節機能が未熟なため

子供、特に赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、外気温など環境の影響を受けて体温が上下することがあります。また授乳や食事、運動、外出、入浴などの日中活動によって体温は上がりますが、このときも大人以上に体温が高くなりがちです。

免疫の働きが成長中だから

赤ちゃんや子供は体の機能や免疫機能が発達している最中です。そのため、大人とは熱の上がり方、下がり方が違うことがあります。子供によっては、下がったり上がったりを繰り返すこともあるでしょう

病気によるパターン

病気によって熱の出方にパターンがあります。熱が上がったり下がったりしやすい病気には主に次のようなものがあります。

腎盂(じんう)腎炎

腎臓のなかで尿が集まる腎盂から尿管、膀胱へと続く尿の通り道を尿路といいます。この尿路のどこかに炎症を起こすのが尿路感染症です。

尿の出口である尿道口から大腸菌などが入って起こることが多いようです。熱は高くなりやすく、尿の回数が増える、排尿時に痛みがあるなどの症状がでます。

ただし、症状をうまく伝えられない乳幼児の場合、高熱とともに機嫌が悪くなるだけなので、気づかれないうちに炎症が進んでしまうことがあります。

ウイルス感染症

子どもの風邪のほとんどはウイルスが原因で起こります。原因となるウイルスの種類は200種類以上におよぶといわれています。1日の中で熱が上がったり下がったりするパターンをとりやすいウイルスもありますが、子どもの側の体力との兼ね合いでも熱の出方は変わってきます。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマは細菌の一種で、呼吸器感染症の原因となります。症状はただの風邪症状から気管支炎、肺炎までいろいろですが、特に肺炎を起こしやすい菌として知られています。熱は微熱のこともありますが、39度以上の高熱になることもあり、上がったり下がったりするパターンをとることもよくあります。咳は病状が進むにつれて、ゴホゴホとたんが絡んだような湿った咳になります。

インフルエンザ

インフルエンザでは、数日続いた熱が下がった後に再度上がることがあります(これを「二峰性(にほうせい)発熱」といいます)。2回目の発熱は通常様子をみるだけで自然に下がりますが、1回目の熱が下がった直後では治ったと判断するのが難しいため、出席停止期間が、解熱後2日(乳幼児では3日)と定められています。

麻しん(はしか)

麻しんは、10日くらいの潜伏期間の後に、風邪のような症状で始まります。38℃くらいの熱が出て3‐4日したところで少し下がり、その後高熱とともに発疹が出現するという経過をとります。途中で熱が下がるのは半日程度ですが、非常に感染力が強い病気なので、そのときに周囲に感染を広げないよう注意が必要です。

中耳炎

鼓膜のある「中耳」という部位に炎症が起こる病気です。風邪のウイルスや肺炎球菌などの細菌が、鼻やのどの奥から耳管という管を通って中耳に入ることによって発症します。

風邪症状に続いて熱が出るほかに、しきりに耳を触る、耳を痛がる、耳を触ろうとすると嫌がる、耳だれが出る、不機嫌になるなどの症状が見られます。

薬剤が影響している可能性も

発熱は体が病原菌と戦っているサインですから、元気であれば体温を無理に下げる必要はありません。しかし、熱のために食事がとれない、眠れない、などが続くと、体力を消耗してしまうため、つらそうなときは解熱薬を使用することがあります。解熱剤は治療薬ではなく、あくまで「一時的に」熱を下げる薬であるため、効き目が切れるとまた熱は上がります。このように解熱薬の使用で「熱が上がったり下がったり」している場合もあるので、使用した時間はメモしておくとよいでしょう。

子供の熱が上がったり下がったりしているときの
受診のタイミングは?

いったん下がっていた熱がまた上がり始めたけど、高熱というほどでもない……。このような場合、病院に行くべきかどうか迷いますよね。最も大切なのは熱が何度かだけにとらわれず、子供の様子を観察すること。以下にあげる点を受診の目安にしてください。

受診のタイミングーしばらく様子を見ていいケース

・熱はあるけど機嫌はいい。

・食欲があり、水分もとれている。

・おしっこの量・回数は普段通り

・おもちゃで遊んだり、周囲の出来事に興味を示したりしている


熱はあっても元気で、他に気になる症状がない場合は家で様子を見ていてもいいでしょう。ただし、初めて熱を出したときや家庭で判断しにくい、と感じるときは病院を受診すると安心です。

受診のタイミングー診療時間内に受診すべきケース

・38度以上の熱があり、元気がない

・高熱ではないがグズグズしている

・授乳量や食事量が少ない

・せき、嘔吐などほかの症状が出てきた

・発疹が出てきた

熱以外の症状が出てきた場合や子供がつらそうに見える場合は、かかりつけ医を受診します。これらの症状以外にも、日ごろ接しているママやパパが「おかしい」「いつもと違う」と感じたら、その勘を信じて受診したほうがいいでしょう。

受診のタイミングー大至急、受診すべきケース

・生後3カ月未満で明らかに熱がある

・熱に加えて嘔吐や下痢を繰り返し、顔色が悪い

・熱に加えて、体を突っ張ったりがくがくとふるえたりするような「けいれん」があった

・呼吸が苦しそうに見える

・おしっこの量や回数が明らかに少なく、ぐったりしている

熱の高さに関わらず、これらの条件に当てはまるなら夜中でも大至急、病院へ向かいましょう。

子供の熱が上がったり下がったりしているときの対処法は? ホームケアのポイント

熱が上がったり下がったりする場合、その経過に合わせてホームケアをします。

熱の上がり始めの対処法

熱が上がるときは血管が収縮し、寒気がしたり、ふるえが出たりします。体は熱いのに手足が冷たくなることも。このようなときは温かくして過ごすのが基本。重ね着をしたり布団や毛布でくるんだりするといいでしょう。

熱が上がり切ったときの対処法

熱が上がりきると、体がほてり汗ばんできます。呼吸も荒くなりがちで、皮膚と呼気の両方から水分が失われることに。この段階で重要なのは水分補給。母乳やミルク、白湯、麦茶、ベビー用イオン飲料など、飲みたがるものをこまめに飲ませましょう。

衣類や布団は様子を見ながら、1枚減らすなど少し涼しくします。子供が気持ちよさそうなら、首やわきの下、太もものつけ根などをタオルに包んだ保冷剤やしぼったぬれタオルで冷やしてもいいでしょう。

熱が下がってきたときの対処法

またぶり返すこともあるので、しばらくは安静にして様子を見ます。安静にといっても、寝て過ごす必要はありません。外出や体を激しく動かす遊びはひかえて、室内でおもちゃ遊びをしたり、絵本を読んだりして過ごすといいでしょう。

そのほかの対処法のポイント

室温と湿度

室温は大人が快適と感じる温度で大丈夫。目安は夏なら25~28度、秋から冬は23~25度程度です。そのうえで子供が寒そうなら衣服を1枚重ねる、暑そうなら1枚脱がせるといった調節をします。エアコンの風が直接当たらないように注意してください。

乾燥する冬は湿度にも気を配りましょう。湿度は40~60%をキープするのが理想的。加湿器を設置したりぬれタオルを部屋で干したりして調節します。

食事

子供が食べたがるものを食べさせます。ただし、発熱時は胃腸の消化力が低下するので、消化に時間がかかる食品は避けたほうがいいでしょう。消化の良いおかゆやうどん、ビタミンミネラルが補給できるリンゴやバナナなどの果物がお勧めです。食欲がない場合は水分補給ができていれば無理して食べさせる必要はありません。

お風呂・シャワー

熱以外の症状がなく機嫌がいいなら、ぬるめのお風呂に短時間入ったりシャワーを浴びたりしてもかまいません。他の症状があるときやつらそうなときは、お湯でしぼったタオルで体をふく程度にとどめておきましょう。

子供の熱が上がったり下がったりしているとき、
平熱になったと判断していいのはいつ?

熱が上がったり下がったりしているときは、できるだけ朝・昼・夜の1日3回、熱を測るようにしましょう。その結果、まる1日平熱が続いたら「熱が下がった」と判断していいでしょう。

ただし、平熱になったからといって油断は禁物。数日間続いた熱で体力を消耗しているので、2~3日は外遊びを避けて、室内で過ごしましょう。

“子供の熱が上がったり下がったり”を経験したママの体験談

3ヶ月半ばにオムツ替えをしていて、息子の体が熱いことに気がつきました。体温計で測ってみたら38度6分! 私もパパも風邪をひいていたので、大人の風邪がうつったのでは、と思いました。

発熱に気づいたのは午前中で、それからは30分おきに体温をチェック。すると、37度後半に下がったかと思うと、また38度前半と上がったり下がったり。息子はというと、熱の高さに関係なくご機嫌で、母乳の飲みもいつも通り。熱以外の症状もありませんでした。

自宅で安静に過ごしてこのまま様子を見るべきか、3ヶ月と小さいから万が一を考えて病院へ行くべきか、さんざん迷いました。そんな私を見て、ばあばが「そんなに心配なら、病院行けばいいじゃない」とひと言。そこで夕方の診察時間に小児科に行ってみたのです。

結果、ドクターからは「子供は熱が出やすいからね。まだ3ヶ月だし薬はやめておきましょう。母乳を飲ませていれば大丈夫」と言われ、特に診断名もつきませんでした。

その後も36度台に下がったかと思うと、37度5分になるなど上がり下がりを繰り返していましたが、2日後には平熱に戻りました。

(4ヶ月・男の子)

赤ちゃんや子供はいろいろな病気をしながら、免疫力をつけていきます。熱の高さに惑わされず子供の様子を確認して、心配な点があれば診察時間内に受診しましょう。

赤ちゃんが38度の発熱!熱が下がらないときの対処法は?

監修
渋谷紀子先生
総合母子保健センター愛育クリニック
東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院、山王病院、NTT東日本関東病院などの勤務を経て、現職。専門は小児アレルギー。私生活では四女の母でもある、やさしくパワフルなドクターです。

あなたにおすすめ

注目コラム