【産婦人科医監修】臨月の胎動は減る? 位置は? 先輩ママの体験談も

 専門家監修
公開日:2018/11/30
更新日:2018/12/18
【産婦人科医監修】臨月の胎動は減る? 位置は? 先輩ママの体験談も
監修
竹内正人先生

臨月に入り、胎動を感じにくくなると心配になることもありますよね。臨月の胎動について、産婦人科医の竹内先生に教えてもらいました。

【ひと目でわかる妊娠週数】

※妊娠初期の妊娠週数
妊娠2ヶ月(妊娠4週~妊娠7週)
妊娠3ヶ月(妊娠8週~妊娠11週)
妊娠4ヶ月(妊娠12週~妊娠15週)
※妊娠中期の妊娠週数
妊娠5ヶ月(妊娠16週~19週)
妊娠6ヶ月(妊娠20週~23週)
妊娠7ヶ月(妊娠24週~27週)
※妊娠後期の妊娠週数
妊娠8ヶ月(妊娠28週~31週)
妊娠9ヶ月(妊娠32週~35週)
妊娠10ヶ月(妊娠36週~39週)

胎動とは?

「胎動=おなかの赤ちゃんの動き」です。程度に差はありますが、胎動はお産するまで感じます。

妊娠20週前後になると、多くの妊婦さんが胎動を感じます。経産婦さんは、過去の経験があるので、初産婦さんより早めに気づくことが多いですが、早くても16~17週ごろ。初めは、腸の動きと胎動を勘違いする妊婦さんも多いようです。

胎動は赤ちゃんが動いている様子そのものなので、赤ちゃんの状態を知る非常に大事なバロメーターです。

胎動を早く感じる分には問題ありませんが、妊娠22週を過ぎても胎動を感じない場合は少し心配です。ただ、今は超音波で赤ちゃんの発育状態を見ているので、健診の時に先生から何も言われていなければ問題ないでしょう。

おなかの赤ちゃんにも個性があり、動き方にも個性があります。激しく動く赤ちゃんもいれば、おとなしくゆっくり動く赤ちゃんもいます。胎動が強くて弱くても、胎動を感じられれば心配いりませんし、ママが胎動として感じていなくても超音波検査で問題がなければ心配ありません。

臨月になると胎動が減る理由は? 

胎動が減るというより、「臨月になると胎動を感じにくくなる」だけです。
妊娠37週を過ぎたら、胎動を感じにくくなります。お産に向けて赤ちゃんが下がってきて骨盤に頭が入ってくるためです。しかし、胎動がまったく感じられない場合は、すぐに受診をしましょう。

妊娠30週を過ぎたら、「胎動カウント」をしてみましょう。
赤ちゃんの元気度チェックにもなります。時間は決めずに、赤ちゃんがまさに元気よく動いていると感じるときに、横になってリラックスした状態で行います。胎動を数え、10回感じるのに何分かかったかを記録します。続けて動くときは、止まるまでを1回と数えます。よく動いているときであれば、10回数えるのに平均で10分くらいです。30分以上かかるときは、また別の時間に測定してみてください。1時間以上かかるときは、念のために病院に連絡を。

臨月になったのに、まだ胎動で痛いけど大丈夫?

臨月になっても胎動が強いことに問題ありません。赤ちゃんが下がっていない場合もありますが、超音波でチェックをし、先生が何も言わなければ心配いりません。生まれる直前まで活発に動く赤ちゃんもいます。

胎動

臨月に入ると胎動の位置は変化する?

赤ちゃんが下がってくるので、 胎動を感じる位置も少し下の方に感じるようになります。

臨月の胎動ってどうだった? 先輩ママの経験談をご紹介

初産婦さんに聞きました!いつまで胎動を感じていた?

初産婦さんでは、妊娠37週・38週まで胎動を感じていたママが半数以上。

経産婦さんに聞きました!いつまで胎動を感じていた?

一方、経産婦さんは妊娠40週まで胎動を感じていたママが約4割も!

「妊娠9ヶ月のときにマタニティフォトを撮影したのですが、そのときに思わず”ウッ”と声が出てかがんでしまうほどの蹴りを感じました」(小口紗欧里ママ)

「胎動のたびに”いてて”となっていました。足をぐいーんと伸ばすのがはっきりわかり、かかとが見てわかるほどでした。胎動のビデオをたくさん撮影しました。お産に向けて、徐々に下がっていくのがわかりました」(島田綾花ママ)

※本記事中の画像はイメージです。

構成・取材・文/木村美穂

出典 :はじめてママ&パパの妊娠・出産※情報は掲載時のものです

監修
竹内正人先生
⽇本医科⼤学⼤学院修了。⽶国ロマリンダ⼤学留学を経て、葛飾⾚⼗字産院などに勤務。
よりやさしい「⽣まれる・⽣きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠をこえて活動する⾏動派産科医。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム