3歳の習い事は何が人気?おすすめの習い事と先輩ママたちの経験談

コラム
公開日:2018/12/21
3歳の習い事は何が人気?おすすめの習い事と先輩ママたちの経験談

できることが増えてくる3歳児。言葉も増えて会話もたくさんできるようになり、動きもどんどん活発になってきます。この年齢になると、赤ちゃん時代よりも習い事の選択肢が増えます。色々な経験をさせてあげたいけれど、時間とお金にも限りがあり、まだまだ遊ぶ時間も大切にしたい3歳の習い事は何を選ぶか迷ってしまいますよね。そんな3歳の習い事のおすすめは何でしょうか。先輩ママの3歳の時の習い事の経験談を交えながら、おすすめの習い事をご紹介します。

3歳で習い事をするのは早い?

3歳になると、自我が芽生えはじめ、言葉の発達も進みます。そんな中、音楽、英語、体操、知育…小さいうちから様々な経験をさせて可能性を引き出してあげたいと思うのが親心。3歳になると幼稚園や保育園にも通い出す子供たちも多く、だんだんと先生のお話も理解できるようになったり、気の合うお友達ができたりもしてきます。
0歳から習い事がある昨今、3歳は習い事を始めるのに早すぎる年齢だということはないでしょう。先輩ママに聞いたところ、3歳では多くのママが習い事をさせた経験があるようです。

運動や芸術系の習い事は、子供が「遊びの延長」ととらえるような楽しいものが多いようです。小さいうちはたっぷり遊ばせてのびのびと育てたいと考えるママにも、運動系・芸術系の習い事はおすすめです。体を動かすのが好きな子には体操、歌や踊りが好きな子にはリトミックやダンス、お絵かきや工作が好きな子にはお絵かき教室など、わが子の好きなものを選べば子供も「習い事」というよりも「遊び」感覚で楽しんで参加できるでしょう。

また、英語や幼児教室など学習系の習い事は、他の運動系の習い事などに比べてまだ早いのではないかと感じて悩みがちですが、こちらも3歳のレッスン内容は遊びを取り入れたものがたくさん。体験レッスンなどに参加してみて子供自身が楽しいと感じているのであれば、能力を伸ばしてあげる良いチャンスなのではないでしょうか。

その子の個性と成長をじっくり見て選んであげましょう。

3歳から習い事をするメリット

集団生活の練習に

まだ園に通っていない未就園児の3歳にとっては、習い事は今後入園してから待ち受けている集団生活に向けての練習に。同じくらいの年齢の子供たちと一緒に過ごすことで刺激を受けたり、先生の話をじっと聞く経験ができるのも3歳の習い事で得られるメリットです。

先輩ママの声

「幼稚園入園を控えて、集団行動になじめるか不安でしたが、入園前に習い事で集団行動を経験したことによって娘も私も新しい生活への安心に繋がりました」(Cさん/Sちゃん6歳)

子供の自信と成長につながる

できることが増えて好奇心旺盛な3歳。いろいろなことに挑戦したくなり始める年齢でもあります。習い事は、子供が「これを頑張ってやろう」と思える対象として、とてもわかりやすいもので、何かに真剣に取り組んだ経験は、大きくなってからも必ず役に立ちます。1つのことに取り組むなかで集中力も養え、できないことができるようになった時の自信が大きな成長へとつながります。

先輩ママの声

「スイミングを習い始めて、シャンプーの時水が顔にかかるのが嫌で泣いていた息子が、お風呂で自ら顔を洗うと言い出した時はびっくりと同時に嬉しくなりました!水に対する抵抗がなくなり、自信がついたようです」(Mさん/Yくん5歳)

可能性や能力を高める

人間の脳は、生まれてから6歳頃までに急速に発達するといわれていて、本来持っている能力や可能性を伸ばすには、幼児期が最適とされています。この頃に取り組んだ経験は、子供の可能性や能力を高めてくれる効果も大いにあるでしょう。とはいえ、親の希望だけで無理強いしてしまい、嫌いにさせてしまっては逆効果です。子供が本当にやりたいことなのか、無理をしていないかをしっかりと見極めてあげることが大切です。

3歳の習い事の選び方

子供が好きなものを

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、子供自身が好きな習い事を選べば、上達も期待できます。普段の生活や遊びから好きなものを見極めて、それを伸ばしてあげられるような習い事を選べば、子供も遊びの延長で楽しんで通うことができるでしょう。

体験レッスンを利用して

子供の将来を考えて、運動能力、語学力、表現力など様々な可能性を伸ばしてあげたいと考えたとき、まだ経験したことがないものは、体験レッスンで子供の反応を見て選ぶのがおすすめです。内容はもちろん、同じ習い事でも教室の雰囲気や先生との相性によっても子供の反応が違ってくるので、体験レッスンや教室見学をしてから決めたほうが、入ってから「思っていたものと違った」と後悔する、などの失敗を避けられます

先輩ママの声

「幼稚園に入る前の3歳の頃は毎日時間を持て余していたこともあり、様々な体験レッスンに行っていました。行ってみると教室によって内容や雰囲気が違いました。その当時すぐに習い始めることに繋がらなくても、大きくなってからの習い事選びの参考にもなりました」(Mさん/Kちゃん8歳)

3歳の習い事の数や頻度はどのくらい?

赤ちゃん時代と比べて、3歳ができる習い事はたくさんあるので、その選択にも迷います。しかし、まだまだ自由遊びやのんびりした時間、中にはお昼寝の時間も必要な子もいる3歳の子供。あまりたくさんの習い事をさせてしまうと、疲れてしまうのでおすすめできません。先輩ママたちの話を聞いていると、多くても2つくらいにとどめておくのが良さそうです。

3歳の習い事の種類は?おすすめ10選

運動系の習い事

1.水泳

引用:コナミスポーツクラブ

ベビースイミングは親子で参加するスクールがほとんどですが、3歳になると母子分離でレッスンを受けられるスクールも増えます。スイミングは水への苦手意識が薄いうちの水慣れや、体力や筋力などの体づくりに効果があるとして人気の習い事です。

■スクール紹介

コナミスポーツクラブ
2歳から受講できる「リトルスイミング」では、親離れからはじめ、水慣れ・キック練習や潜りの練習を楽しみながら行います。歌あそびや手あそびなどを取り入れ、無理なく水が好きになれる工夫がされています。

セントラルスポーツ・キッズ
3歳~小学生未満は、母子分離で受けられる「幼児コース」の他に、1人で参加するのが不安な子も安心な「親子スイミング」もあります。

2.体操

体操教室は、さまざまな運動の基礎を身につけるのに最適な習い事といわれています。また、幼児期の体操は身体の運動能力はもちろん、脳の運動コントロール機能も成長していくといわれていて、ママたちの関心も高い習い事。遊び感覚で楽しめるので、小さい子供も嫌がらずに楽しんで通えることが多いようです。

■スクール紹介

コナミスポーツクラブ
「スポーツリトル」コースでは、手遊び、リズム体操、でんぐり返し、鉄棒で前回り、跳箱のぼりおりなどを通して、運動能力の発達と親離れ練習、集団生活の練習ができます。

カワイ体育教室
入園前は親子で参加できる「2さいクラス」、入園後は母子分離で参加する「幼児クラス」があります。

3.サッカー

引用:ユアササッカークラブ

サッカーは他のスポーツに比べて比較的低年齢から入れるスクールが多い習い事です。特にパパがサッカー好きの場合、早いうちからサッカーを始めさせたいと思うご両親も多いよう。3歳のサッカーは技術の向上というよりは、楽しいボール遊び。「3歳から始めて将来はサッカー選手に!」なんて気負わずに、気楽な気持ちで始めてみるのが楽しく続けるコツのようです。

■スクール紹介

ユアササッカークラブ
全国展開の2、3歳から幼児・小学生向けのサッカースクール。サッカーを通じて、知力、体力、人間性などを育んでくれます。

4.ダンス

引用:ETCダンススクール

テレビを見ながらダンスを真似して踊ったり、曲が流れていると自然に動き出している子供を見ていると「この子はダンス好きなのかも!」「ダンスの才能があるのでは!」と考えるママもいますよね。中学でダンスが必修化したこともあり、小さい頃からリズム感を身につけさせたいと考えているママたちにもダンスは人気の習い事。
ダンスと言ってもヒップホップ、ジャズ、バレエ、チアダンス、フラダンスなど様々な種類があります。その子の興味のありそうなジャンルを見極めて、また発表会などの有無を確認して選ぶのが◎。

■スクール紹介

ETCダンススクール
3歳~小学校入学迄の幼児専用のヒップホップレッスンを開講。レッスンではリズム遊びから始まり、幼児向けの簡単なステップや振付迄を行い、先生の真似をしている内に、リズミカルでかっこいいダンスが踊れるようになります。

5.空手

引用:ティップネス・キッズ

空手教室は3歳から始められるところも多いよう。心身を鍛え礼儀作法や感謝の心を学べます。男の子だけでなく女の子にもおすすめです。

■スクール紹介

ティップネス・キッズ
経験・初心者から上級者まで、レベルに合わせて指導を行っています。定期的な昇段・昇級制度により、子供の向上心をはぐくんでくれます。

芸術系の習い事

6.リトミック

引用:リトミック研究センター

リトミックは音楽を使って、身体的・感覚的・知的を伸ばしてくれる教育法です。3歳くらいのレッスンでは、お絵かきや工作で手や指の感覚を養ったり、絵本で表現力を学んだり、言葉のリズムを打ったりステップしたりしながら、語いと音楽リズムを発達させてくれます。

■スクール紹介

リトミック研究センター
全国からリトミック教室が探せます。「情操教育」、「音感教育」、「生活習慣」三位一体を子供たちが自然に身に付けられるようにプログラムが考えられています。

7.ピアノ

引用:島村楽器

習い事の定番でもあるピアノ。最近は脳の発達や、心と身体の成長など、ピアノが子供に与える音楽以外の影響も話題となりますます注目されています。個人差はありますが、3歳くらいなら片手ずつ鍵盤で演奏できるようにもなってくるので、そろそろ始めてみようかと考え始めるママもいるようです。

■スクール紹介

島村楽器
様々な年代に合わせたレッスンを展開。「3歳からの幼児の基礎音楽コース」はその子の興味、得意なことなどに合わせて講師がレッスンを組み立てていく、セミオーダーメイドの個人レッスンで、楽しみながら音楽の力が身につきます。

8.お絵かき教室

引用:こども美術教室 がじゅく

3歳になると人の顔が描けるようになってきたり、ハサミやのりを使って工作ができるようになったり、おうちでのお絵かきや工作も上達してくる頃。そしてそんな姿を見て、「お絵かきや工作が好きそうだな」「得意そうだな」と我が子を見て感じるママたちもいるのでは。お絵かき教室では、絵の具や大きなキャンバスなどの道具を使ってのお絵かきや工作など、おうちではなかなかできない経験ができ、子供の創造力や表現力を伸ばしてくれます

■スクール紹介

こども美術教室 がじゅく
1回の授業から参加できる2〜3歳児対象の親子参加型プログラムがあります。絵具や粘土をはじめ様々な道具を使ったアートを経験できます。

学習系の習い事

9.英語

引用:ECCジュニア

「英語を習わせたいと思っているけど、日本語もままならないうちから始めるのは…」と赤ちゃんのころ躊躇していたママたちも、お話が上手になってくる3歳ごろになると本格的に英語教室を検討し始める人も。3歳のレッスンでは、聞くこと、話すことを中心とした内容のレッスンを通して、英語や英語圏の文化に触れていくことを目的とした教室が多いようです

■スクール紹介

ECCジュニア 子供英会話教室
2・3歳児クラスのレッスンでは英語での「知育あそび」を中心に、幼児の心や知能を育てて自然に英語が身につくように促します。

10.幼児教室

引用:めばえ教室

3歳児からの幼児教室では主に幼稚園・保育園に適応しやすくするために、集団内で行動する学習などを行っています。集団内で自己主張する力や、他人を思いやる心などを育んでくれ、人生に役立つ脳の土台作りも行っていきます。

■スクール紹介

めばえ教室
3歳の「めばえコース」では、言葉や文字を受けとめる遊びや具体物を使って数と量を受けとめる遊びを経験していく中から、さまざまな思考の芽を発達させていきます。

3歳の習い事、実際どうだった?先輩ママたちの経験談

実際に先輩ママたちは3歳の頃に子供にさせていた習い事に、現在どんなメリットを感じているのでしょうか?また、小さいうちからやっておけば良かった、逆にもう少し大きくなってから習わせるのでも良かったかも、と思う習い事はどんなものがあるのでしょうか?

先輩ママたちの経験談を聞いてみると、同じ習い事でもママや子供によって、意見は様々!十人十色の経験談を踏まえて、我が子に合う習い事選びの参考にしてください。

3歳の時に習わせておいて良かったと思う習い事

「リトミック。歌を歌ったり曲に合わせて踊ったりするのが好きになったし、親子参加型だったので親子のコミュニケーションの時間を定期的に作れた事が良かったです」(Nさん/Sくん8歳、Mくん5歳)

「体操とリトミックを習っていたおかげで入園前に友達がでました。また、集団の中での我が子の行動を見て向いている幼稚園選びなどの参考にすることができたし、集団行動を学べました。体操は手足全てを使うので、バランスよく身体能力を鍛えるのに役立ったと思います」(Kさん/Tくん5歳)

「単発のリトミックや英語遊びなどに参加していましたが、吸収力のある3歳はなんでも、やったらそれなりに成長すると感じました。ただ費用対効果を考えると、幼稚園入る前は遊び中心のイベントに参加したり、ママがちゃんと遊んであげたりで経験を増やしてあげるだけでも十分じゃないかとも思います」(Rさん/Aちゃん9歳、Mちゃん7歳、Hちゃん7歳)

「公文を早くからやらせていたことで、家で勉強する習慣が身につき小学校の宿題もスムーズに取り組めています。周りの頑張ってるお友達を見て刺激を受けるのも良かったようです」(Yさん/Kくん7歳、Sくん5歳)

「3歳から英語を始めました。私から離れない性格だったのが、徐々に楽しめるようになり、外国人の先生と遊ぶ英語教室の異空間な雰囲気にだんだん慣れることができたことで、本人に自信がついた気がします」 (Aさん/Rくん7歳、Rくん4歳)

「個人的には2.3歳でやる習い事の中では、体操教室が一番効果があがる習い事のように思います」(Mさん/Rくん11歳、Sちゃん9歳、Cちゃん5歳)

後悔!3歳から習わせておけば良かったと思う習い事

「スイミング。小さい頃から始めている子は小学校1~2年生で卒業していて、他にやりたい習い事ができた時、そちらに通える時間を確保できるからです」(Yさん/Sくん10歳、Kくん10歳、Yちゃん8歳)

「サッカーを小学校に入ってから始めたのですが、小さい頃からやっている子に比べて球に対する感覚が身につきにくいと感じました」(Mさん/くん9歳、Sちゃん9歳、Cちゃん5歳)

「勉強系の習い事はしていなかったのですが、中学受験を考えてお勉強が悩みの種になってきた今となっては、七田式教育など幼児教室が気になります」(Yさん/Rちゃん10歳、Sちゃん7歳)

「体力がないと感じているのでスイミングをやって、もっとを体力つけさせておけば良かったと思います」(Yさん/Kくん7歳、Sくん5歳)

「体操とスイミングです。運動神経の土台は6歳までらしいと後から聞き、男の子なのでもう少し早くからやらせてもよかったかなと思いました」(Mさん/Hくん8歳)

体操はやらせておけばよかったと思いますが、兄弟がいると時間の選出が難しくて…」(Aさん/Rくん7歳、Rくん4歳)

「スイミング。幼稚園や小学校の授業だけでは泳げるようにならないので、必要を感じて小2から習わせてしましたが、泳力でクラス分けされるから、小さい子と一緒で恥ずかしそうにしています」(Mさん/Rちゃん9歳、Kちゃん7歳)

もうちょっと大きくなってからでも十分と思う習い事

「サッカーを習わせていましたが、実は本人はサッカーが好きではなく、みんなと遊びたいだけだったようです。それに気づいたのは2年後くらいだったので、見極めを早くすれば良かったと思います」(Aさん/Sくん8歳、Kちゃん5歳)

「3歳からのサッカーは早すぎたみたいで、みんなの中に入っていけず私にベッタリで毎回大変でした」(Nさん/Sくん8歳、Mくん5歳)

「スイミング。喘息気味だったので、心肺能力を鍛える面では早くから始めてとても良かったですが、水泳能力という面では先生のアドバイスを理解&実践できる歳まで成長してからでも充分だと感じました」(Kさん/Kくん11歳、Tくん5歳)

「英語教室に週2時間通わせていました。小学校に入って英検に受かるのが周りより少し早かったですが、小学校から英語を始めた子たちも高学年になるとどんどん受かってきているので、高いお金を費やした割に成果は薄いように感じています」(Hさん/Mちゃん11歳、Mちゃん9歳、Sちゃん7歳)

「習字(書き方)に保育園の時から行っていましたが、字を書く機会が増える小学生になってからでないとなかなか上達しないように思いました」(Yさん/Sくん10歳、Kくん10歳、Yちゃん8歳)

「スイミング。小さいうちはなかなか進級しないからもどかしかったですが、水慣れだと思って、割り切って期待しなければ大丈夫だったかもしれません」(Yさん/Rちゃん10歳、Sちゃん7歳)

「英語は何回レッスンしても結局歌ったりするだけ。リズム遊び、ただ楽しむだけと割り切ればいろいろ体験するのは母子で楽しめていいと思います。またピアノは小さい子に練習させるのが大変。本人がやりたい!と言い出してから始めるほうが練習もちゃんとやって、結果的に伸びると思います」(Rさん/Aちゃん9歳、Mちゃん7歳、Hちゃん7歳)

「発表会が盛んなダンススクールに入りましたが、まだ小さい時にがっつりやる必要はなかったかも。今はもう少しゆるいスクールに替えてダンスを続けていますが、そのほうが本人にも合っているみたいで楽しめています。同じ習い事でもその子のカラーに合ったスクールを見極めるのが大事だと思います」(Yさん/Kくん7歳、Sくん5歳)

「フラダンス。自分でやりたいという意思がちゃんとでてくる小学生から本人の意思で始めたのでやる気があり、中学生になった今も楽しんで長く続けられています」(Cさん/Aちゃん13歳、Eくん7歳)

「英語は小1から始めましたが、正直幼少期から習ってる子とレベルの違いをそんなに感じません。3歳の時は英語を取り入れたダンスを習わせていましたが、1年しか通わなかったため成果が見られませんでした。習い事に成果を求めるのはいけないと思いますが、ダンスやバレエなどは、一度やるからには長い間続けないと意味がないように思います」(Mさん/Rちゃん9歳、Kちゃん7歳)

「テニスは幼いと技術が身につきにくいので、ある程度大きくなってからの方が上達も早くおすすめです」(Mさん/Rくん11歳、Sちゃん9歳、Cちゃん5歳)

その子に合った習い事を見極めることが大切

以上、先輩ママたちの実体験からの経験談をご紹介しました。
全体的にリトミックや体操は3歳で習っていて良かったと感じているママが多く、人気の習い事であるスイミングや英語は意見が分かれました。同じ習い事でもその親子によって捉え方は様々です。

3歳だと「これやりたい!」と子供が言っても、気持ちが変わってしまったりすることもしばしば。また目に見える上達や効果はすぐには得にくいもの。ママたちは長い目で見守ってあげ、時には頑張っている子供を優しく励ましてあげることで、親子ともにストレスなく通えるでしょう。
それらを踏まえたうえで、その子に合った習い事を見極めて選ぶことが大切なようです。

文/藤井万理

あなたにおすすめ

注目コラム