ホホバオイルとは?赤ちゃんにおすすめな理由をアロマセラピストが解説!

コラム
公開日:2019/04/09
更新日:2019/04/11
ホホバオイルとは?赤ちゃんにおすすめな理由をアロマセラピストが解説!

ホホバオイル愛用歴10年以上のアロマセラピストが、その魅力とおすすめ商品を厳選してご紹介。ベビーマッサージ教室などで勧められることも多いホホバオイルは、保湿力が抜群に高く、皮膚のバリア機能を補ってくれる優秀なスキンケアアイテムです。そのユニークな特性や万能ともいえる使い道、選ぶ際のポイントなどを詳しくお伝えします!(アロマセラピスト 雨宮あかり)

ホホバオイルの効果や使いみちはいろいろ!

肌の表面をバリアする

ホホバオイルは過酷な砂漠地帯で身をまもるために、ワックスエステルで表面を覆い大切な水分の放出を防いでいます。
実は人間の角質層もこれと同じなんです。水分を保つために、ホホバと同じようにワックスエステルが含まれています。つまり、ホホバオイルを皮膚に塗ることで肌のバリア機能が整い、肌内部のうるおいを守ることができるのです。

皮脂バランスを調整し肌質を選ばない

ホホバオイルには皮脂を調整する作用があるとされ、乾燥肌はもちろん、水分と油分のバランスをくずした大人のニキビ肌にもよいとされています。また刺激性も低く、比較的敏感肌の人にとっても安心といえるでしょう。

UV対策、ヘアケア、クレンジング、頭皮ケアにも

アメリカ南西部~メキシコの先住民族であるプエブロ族は、砂漠の太陽から皮膚と髪を守るためにホホバの種をつぶして利用してきたそうです。もちろん、しっかり紫外線を防御するならUV商品を使ったほうがいいと思いますが、日常的にホホバを使っていると肌のバリアが高まり、日焼けによる乾燥やほてりなどの影響を受けにくくなるようです。

また、毛穴の汚れを取ってくれることからメイククレンジングオイルとして愛用する人も。顔や体の皮膚だけでなく、頭皮も柔らかくすることができ、皮脂分泌のバランスを正常に保って美しい髪を育てるのにも役立ちます。ヘッドスパにホホバオイルを使う美容院も多いんですよ。

自宅でできるヘアケアとしては、スキンケアをした際、手のひらにうっすら残ったホホバオイルを毛先にのばすのが手軽でおすすめ!お高いトリートメントを使わなくても、パサつきのない艶髪をキープできますよ。

ホホバオイルって赤ちゃんにどんなメリットがあるの?

デリケートな赤ちゃんの肌には、刺激が少なく安全性の高いものを使いたいですよね。ホホバオイルはこれまで書いてきたように、安定性が抜群で変質しにくく、刺激も少なめ。バリア機能を補い、うんちやおしっこなどの外的な刺激から赤ちゃんの肌を守ってくれます。また乾燥しがちな赤ちゃんの肌の水分を保ち、肌トラブルを予防して健康な肌づくりに役立ちます。

※ただし、すべての赤ちゃんに肌トラブルが起こらないわけではありません。使ってみて肌に赤みやかゆみが出たらすぐに流水で洗い流し、症状がおさまらなければ皮膚科を受診してくださいね。

ホホバオイルの赤ちゃんへの使い方

赤ちゃんへの具体的な使用方法としては、次のようなものが挙げられます。

①ベビーマッサージ
②お風呂上がりの全身スキンケア
③おむつかぶれの予防としておしりに

個人的には「ベビーマッサージするぞ!」とわざわざ時間を作らなくても、お風呂上がりの赤ちゃんの全身にホホバオイルを塗布するだけで、スキンシップにも役立つんじゃないかな?と感じています。

ホホバオイルを赤ちゃんに使う際の選び方ポイント

オーガニック認証を受けているかどうか

赤ちゃんに使うスキンケア全般にいえることですが、植物由来の成分を含むものに関しては、オーガニック認証されているかどうかが1つの判断基準になります。有機栽培された原料は、安全性が高いだけでなく、働きもパワフル。ただしメーカーによってはオーガニック商品だけれど認証は取得していないとか、大量に仕入れてパッキングしているため1つ1つにはマークがついていないというケースもあります。
オーガニックのホホバオイルであってもそうでなくても、まずはママが自分で使ってみて、さらに赤ちゃんにパッチテストをしてから使うようにすると安心ですね。

低温圧搾されたもの

これもほとんどの植物油にいえますが、原料からオイルを搾るときに、高い熱を加えて圧搾すると効率よく大量のオイルが生産できます。さらに、ヘキサンなどの溶剤を使う溶剤抽出法だと、原料に含まれる99%が搾り出せるそうです。これらの方法で作られたオイルは安い反面、もともとの栄養素が失われてしまったり、オイルに含まれる脂肪酸が変質してしまうこともあるから注意が必要!ちょっぴりお高くても、低温圧搾でじっくり搾られたホホバオイルを選ぶようにしましょう。

精製か未精製か

市販されているホホバオイルには、精製されたものと、未精製のものとがあります。

精製されたもののほうがより刺激が少ない?

脱臭・脱色された透明無臭のオイルです。メーカーによっては脱臭加工のみ施した黄色いホホバオイルと、脱色したクリアなホホバオイルを分けて商品展開していることもあります。たとえば、ホホバの色素成分にかぶれやすいとか、ホホバの香りが苦手な人には役立つアイテム。不純物が少なく、赤ちゃんや敏感肌の人にも安心だといわれています。ただし、スキンケア成分まで取り除かれてしまう上に、精製の過程で余計な成分を添加しているような商品もあるので、注意して選びましょう。

楽天で詳しく見る

未精製は天然そのままの成分が含まれている

ホホバ独特のほのかな香りを持つ、金色の輝くオイル。未精製のホホバオイルは、脱臭や脱色など人の手が加えられておらず、成分が天然の状態に近い形で含まれています。つまり、オイルそのもののパワーがギュッとつまっているということ。使ってみて、ホホバの香りや使い心地に問題がないようであれば、未精製オイルのほうが断然おすすめ!

楽天で詳しく見る

Profile
雨宮あかり
アロマセラピスト
東京の下町で、ママのためのアロマセラピーサロンを運営して10年。(公社)日本アロマ環境協会のアロマセラピスト課程講師や、育児メディアの編集・ライターも務める。プライベートでは男子2人、女子1人を育てるママ。
◆サロン HP◆アロマセラピーサロン FLOTTERブログ

あなたにおすすめ

注目コラム