フォローアップミルクとは?いつからいつまで飲ませるべき?おすすめのフォローアップミルク10選!

コラム
公開日:2018/10/02
フォローアップミルクとは?いつからいつまで飲ませるべき?おすすめのフォローアップミルク10選!

「フォローアップミルク」という名前を聞いたことはありますか?普通の粉ミルクとの違いや、フォローアップミルクのメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。

フォローアップミルクとは?

フォローアップミルクとは、離乳食では不足してしまう栄養素を補うための粉ミルクのことです。新生児に与える一般的な粉ミルクは赤ちゃんに必要な栄養素がすべて含まれていますが、フォローアップミルクは離乳食だけでは十分に摂取できない栄養素を補う目的で作られています。離乳食で不足しがちな栄養素が豊富に含まれていますが、メーカーによってカルシウムやビタミンに特化したもの、鉄分やミネラルに特化したもの、脳の働きを助けるDHAに特化したものなどそれぞれ特徴があります。

フォローアップミルクは必要なの?

フォローアップミルクは必ず飲ませた方がよいものなのでしょうか?"栄養が不足している状態”とはどんな場合なのでしょう。

フォローアップミルクを検討する目安は?

フォローアップミルクは、離乳食が1日3回になる段階で食事では摂取しきれない栄養素を補うものです。栄養が足りない場合に与えるべきものなので、離乳食をしっかり食べているのであれば、無理に飲ませる必要はありません。赤ちゃんの様子などが下記にあてはまるようであれば、フォローアップミルクを検討してみましょう。

・離乳食の進捗が遅い
・離乳食の好き嫌いが多く、なかなか食べてくれない
・食べムラがある
・卒乳に向けて牛乳を飲ませたいが、まだ1歳未満のため牛乳を与えられない
・母乳の出が悪くなってきて栄養不足が心配

離乳食と一緒に母乳や粉ミルクをしっかり飲んでいる、または生後9ヶ月未満であればフォローアップミルクは必要ないでしょう。赤ちゃんの栄養が足りているかどうか不安な場合は、乳児健診や育児相談などで聞いてみることをおすすめします。

フォローアップミルクのメリットとデメリットは?

フォローアップミルクのメリット

赤ちゃんに離乳食の好き嫌いが多かったり、食べムラがあったりするとママは不安ですよね。アレルギーがある食材かどうかも気にしながら離乳食を食べさせるので、ママの心配も多い時期です。そんな時、手軽に栄養を補えるのがフォローアップミルクです。新生児用の一般的な粉ミルクより、作り方も簡単で価格も安価です。

フォローアップミルクのデメリット

離乳食をしっかり食べていて栄養が十分に摂れているようであればフォローアップミルクを飲ませる必要はありません。タンパク質やカルシウムを過剰に摂取してしまうと、腎臓に負担がかかることもあるため与え過ぎには要注意です。

フォローアップミルクはいつからいつまで飲ませるべき?

フォローアップミルクの多くは、生後9ヶ月~3歳まで飲めるとされています。離乳食を1日3回食べることができるようになってから飲み始めるのがよいでしょう。離乳食が完了して食事がきちんと食べられるようになったり、牛乳が飲めるようになったりすれば無理に与える必要はありません。

フォローアップミルクの飲ませ方は?

フォローアップミルクはもちろん哺乳瓶で飲むこともできますが、ストロー付きのマグで与えても大丈夫です。コップを使う練習にするのもOK!
フォローアップミルクは離乳食の補助として与えるものなので、飲ませるタイミングは離乳食の後やおやつの時間がよいでしょう。

フォローアップミルクはどれくらいの量を飲ませるべき?

月齢や体重、離乳食の量を元に、フォローアップミルクのパッケージを参考にしながら目安の量を飲ませるようにしましょう。大体、生後9~12ヶ月であれば1日に450~600ml、それ以降はおやつの時間に400ml程度が目安になります。

おすすめのフォローアップミルク10選!

大缶のフォローアップミルク

明治 ステップ 800g

明治 ステップ 800g明治 参考価格:¥1,625Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

1~3歳までの鉄・カルシウムの充足率が100%。11種類のビタミン、ミネラルの推奨量、目安量も70%以上サポートします。乳児の発育に重要な成分の1つであるDHA配合。

原産国:日本
内容量:800g
対象年齢:1歳~3歳

森永 チルミル 大缶 820g

森永 チルミル 大缶 820gチルミル 参考価格:¥1,545Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

オリゴ糖が2種類入っていて、母乳育ちに近い排便を手助け。砂糖不使用で風味がよいのが特徴です。対象年齢は1歳~3歳頃まで(生後9ヶ月頃からでもOK)。水にも溶けるので簡単に作れます。

原産国:日本
内容量:820g

ビーンスタークつよいこ(大缶)820g

ビーンスタークつよいこ(大缶) 820gビーンスターク Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

鉄分、DHAが多く含まれています。カルシウムも牛乳と同じくらい配合。ビタミンCとビタミンDも補えます。母乳に含まれているオリゴ糖、ヌクレオチドも配合。

原産国:日本
内容量:820g
対象年齢:9ヶ月~

雪印メグミルクたっち 850g

雪印メグミルクたっち 850gビーンスターク 参考価格:¥1,650Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

離乳期に不足しやすい鉄、ビタミンなどがバランスよく摂取できます。タンパク質やミネラル、DHA、ヌクレオチド、オリゴ糖、β-カロテン等も配合。対象年齢は9ヶ月~3歳頃まで。

原産国:日本
内容量:850g

アイクレオのフォローアップミルク 820g

アイクレオのフォローアップミルク 820gアイクレオ 参考価格:¥2,089Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

育ち盛りの赤ちゃんに欠かせない鉄分とビタミンCを適正バランスで配合し、吸収しやすく作られています。5種類のヌクレオチドとDHAの基となるエゴマ油、β-カロテンやオリゴ糖、ビオチンも含まれています。対象年齢は9ヶ月~3歳頃まで。

原産国:日本
内容量:820g

お出かけに便利! キューブタイプ・スティックタイプのフォローアップミルク

明治 ステップ らくらくキューブ 28g×16袋

明治 ステップ らくらくキューブ 28g×16袋明治ステップ 参考価格:¥2,259 (¥141 / 袋)Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

明治「ステップ」のキューブタイプ。計量いらずで簡単に作れます。キューブタイプなのでこぼれることもなく、お出かけにも便利。1~3歳までの鉄・カルシウムの充足率が100%。11種類のビタミン、ミネラルの推奨量、目安量も70%以上サポートします。DHA配合。

原産国:日本
内容量:28g×16袋

森永 チルミル スティックタイプ 14g×10本

森永 チルミル スティックタイプ 14g×10本チルミル 参考価格:¥387Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

森永「チルミル」のスティックタイプ。オリゴ糖が2種類入っていて、母乳育ちに近い排便を助けます。砂糖不使用で風味がよいので、離乳食との相性もgood。対象年齢は1歳~3歳頃まで(生後9ヶ月頃からでもOK)。水にも溶けるので簡単に作れます。

原産国:日本
内容量:14g×10本

ビーンスタークつよいこ(スティック) 14g×18本

ビーンスタークつよいこ(スティック) 14g×18本ビーンスターク 参考価格:¥1,313Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

雪印「つよいこ」のスティックタイプ。鉄分、DHAが多く含まれています。カルシウムも牛乳と同じくらい配合。ビタミンCとビタミンDも補えます。オリゴ糖、ヌクレオチドも配合。

原産国:日本
内容量:14g×18本

雪印 たっち スティックタイプ 14gx10本

雪印 たっち2 スティックタイプ 14gx10本ビーンスターク 参考価格:¥480Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

雪印「たっち」のスティックタイプ。さっと溶ける顆粒タイプです。鉄、ビタミンなどがバランスよく摂取できます。タンパク質やミネラル、DHA、ヌクレオチド、オリゴ糖、β-カロテン等も配合。対象年齢は9ヶ月~3歳頃まで。

原産国:日本
内容量:14g×10本

アイクレオのフォローアップミルク スティックタイプ 13.6g×10P

アイクレオのフォローアップミルク スティックタイプ 13.6g×10Pアイクレオ 参考価格:¥511Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

「アイクレオのフォローアップミルク」のスティックタイプ。鉄分とビタミンCの適正バランスで配合し吸収しやすく作られています。5種類のヌクレオチドとDHAの基となるエゴマ油、β-カロテンやオリゴ糖、ビオチンも含まれています。対象年齢は9ヶ月~3歳頃まで。

原産国:日本
内容量:13.6g×10パック

赤ちゃんに合ったフォローアップミルクを取り入れよう

フォローアップミルクは足りない栄養分の補助として取り入れるもの。離乳食をなかなか食べてくれないときは、上手くフォローアップミルクを取り入れてみてください。スティックタイプのものやキューブタイプのものも多くあり、手軽に作ることが可能です。必要な栄養分とあわせて、赤ちゃんに合ったフォローアップミルクを見つけてくださいね。

文/nohara_nagi

あなたにおすすめ

注目コラム