哺乳瓶消毒には電子レンジのグッズがおすすめ?液体・錠剤両タイプご紹介

コラム
公開日:2018/09/26
更新日:2018/10/05
哺乳瓶消毒には電子レンジのグッズがおすすめ?液体・錠剤両タイプご紹介

出産に向けての準備のなかで忘れていけないのが、哺乳瓶グッズ。母乳育児のつもりでも、出産すぐは乳首を赤ちゃんが上手に吸えなかったり、母乳の出が悪かったりすることが多いものです。また産後はしばらく買い物に出かけづらいので、出産前に準備しておくと安心。哺乳瓶やミルクとともに、哺乳瓶消毒グッズも必要になりますよ。ここでは、哺乳瓶消毒グッズのメリットやデメリット、選び方とともに、おすすめのグッズを紹介。何を選べばいいのか迷っている人は、チェックしてみてくださいね。

哺乳瓶消毒グッズはいつ用意して、何を使いましたか?

「電子レンジタイプの哺乳瓶消毒グッズを、友だちからおさがりでもらいました。母乳だけでいこうと考えていましたが、産後すぐは母乳を赤ちゃんが上手く飲めず、ミルクと混合に。でも1ヶ月ほどしか使わなかったので、おさがりでもらえて助かりました。ただ、サイズが大きかったので、かさばって保管場所には困りました。また、電子レンジから取り出すときに、湯気が熱く何度か火傷しそうになったことも。ミトンを使うなどすればよかったです」

「出産前は母乳で育てるつもりでしたが、母乳の出が悪く、生後2ヶ月からは完全ミルクにすることに。毎日何度も消毒が必要になるので、薬液消毒を選びました。液体タイプも錠剤タイプもどちらも使いましたが、省スペースで保管できる錠剤タイプが便利でした。薬液のにおいが気になるときは、調乳前に水ですすいでいました」

「顆粒タイプの哺乳瓶消毒グッズを選択。さっと溶けるので、問題なく使用できましたよ。薬剤タイプは1日1回薬液を作れば、あとは浸け置きしておくだけでいいので便利でよかったです。でも、赤ちゃん連れでの旅行に行く際は消毒ケースも必要になり、かさばってしまいます。哺乳瓶の煮沸消毒に対応してくれる宿を探すようにしましたが、なかなか見つからず大変でした」

「薬液タイプを使っていましたが、私は手荒れがひどく、生後1ヶ月の頃、電子レンジタイプにチェンジ。肌が弱い人には、電子レンジタイプの方がおすすめかも」

「電子レンジタイプを使っていましたが、使用後に保管ケースとして使うのに抵抗がありました。蒸気がこもっているケース内は、水切りをしても湿気ていて、カビや雑菌が増えそうな雰囲気。ケースから哺乳瓶を一度出して、哺乳瓶とケースの両方を乾燥させるスペースが必要に。キッチンをかなり占領されました」

哺乳瓶消毒グッズもそれぞれのタイプでいろいろな使い勝手があるようですね。買い直したくないという人は、それぞれのメリットやデメリット、選び方のポイントなどをさっそく一緒にチェックしていきましょう。

哺乳瓶消毒をしないといけない理由

赤ちゃんは、ママからおなかの中にいるうちに免疫をもらい生まれてきます。でもその免疫も徐々に低下していき、1歳になっても大人の半分程度の免疫力しかないのだとか。自分が半分の免疫力になって、さまざまな菌やウィルスにさらされると思うと、ぞっとしますよね。そんな免疫力が弱い赤ちゃんが触れるものは、できるだけ清潔に保ってあげる必要があるのです。特に哺乳瓶は、口に直接触れるもの。そして栄養が豊富のミルクは、菌が増殖しやすいんです。しっかり洗えば、哺乳瓶消毒までしなくてもいいのでは?と思うかもしれませんが、小さな穴や溝がある哺乳瓶は洗ったつもりでも洗いきれてないことも。赤ちゃんを菌やウィルスから守るためにも、哺乳瓶消毒を必ずするようにしましょう。

哺乳瓶消毒にメリットやデメリットってあるの?

哺乳瓶消毒をする必要性は分かりましたが、メリットやデメリットも気になりますよね。メリットやデメリットは哺乳瓶消毒アイテムの種類によって異なるので、種類とあわせて紹介します。

煮沸消毒

メリット

・哺乳瓶グッズが入れば、家にある鍋だけで簡単にできる

デメリット

・熱に弱い哺乳瓶では、変形するなど劣化することがある
・火元を離れられない

電子レンジタイプ

メリット

・手軽で簡単
・各メーカーの指定通りにレンジの時間を設定し、スイッチを押せばOK

デメリット

・専用の哺乳瓶消毒容器が必要
・小さい電子レンジでは入らないこともある
・天然ゴムの乳首など、電子レンジに使用できないアイテムもある

錠剤・液体タイプ

メリット

・1日に何度も哺乳瓶消毒ができる
・粗熱を取る必要がなく、消毒後すぐに使える

デメリット

・費用がかさむ
・薬剤のにおいが気になることもある

哺乳瓶消毒グッズの選び方の基準は?

哺乳瓶の使用頻度によって、哺乳瓶消毒グッズの選び方のポイントは変わってきます。

電子レンジタイプ

電子レンジタイプは電子レンジで哺乳瓶消毒をした後、そのまま保管容器として使用することもできます(ただし、消毒直後の状態をキープできるわけではありません)。5分ほどあれば消毒が終了するので、短時間で哺乳瓶消毒が終了。
このタイプは、哺乳瓶の使用頻度が低い人におすすめです。

錠剤・液体タイプ

大きな容器に哺乳瓶を浸けて消毒するため、スペースの確保が必要です。1時間以上薬液に浸す必要がありますが、24時間薬液を使用することができます。
このタイプは、哺乳瓶の使用頻度が高い人(ミルクがメイン)におすすめです。

哺乳瓶消毒グッズのおすすめはこれ!

おすすめの哺乳瓶消毒グッズを、電子レンジ・液体・錠剤の3タイプに分けて紹介します。

哺乳瓶消毒グッズ 電子レンジタイプのおすすめ

西松屋 ほ乳びん消毒器 くまのプーさん

西松屋 ほ乳びん消毒器(くまのプーさん)西松屋チェーン ¥ 1,893 ※2019/12/09 11:24 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

コンパクトな電子レンジタイプの哺乳瓶消毒ケースです。小型の電子レンジでも、すぽっと収まるコンパクトサイズ。水を入れたら、電子レンジで3分加熱すれば消毒完了です。マグも消毒できるので、長く使えそう。プーさんの絵柄もかわいいと人気のアイテムです。

消毒時間:3分
耐熱温度:140℃
使用できる哺乳瓶:ガラス製・耐熱温度100℃以上のプラスチック製・高さが17.8cm以下
本体サイズ:20.8×12×12cm
使用できる電子レンジサイズ:高さ14cm以上

レック Dream Collection 電子レンジ用 ほ乳びん消毒器

レック (LEC) Dream Collection 電子レンジ用 ほ乳びん 消毒器 T-214レック (LEC) ¥ 1,101 ※2019/12/09 11:26 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

すのこを利用すれば哺乳瓶やマグを消毒でき、ホルダーをセットすれば長さがある哺乳瓶も消毒できる電子レンジタイプの哺乳瓶消毒グッズです。加熱時間は3分。「コンパクトで収納に困らない」と帰省先ので哺乳瓶消毒に使用しているという人も。もちろん、完全母乳や混合ミルクの人にもおすすめです。

消毒時間:3分
使用できる哺乳瓶:ガラス製・ポリカーボネート製・高さが17.8cm以下
本体サイズ:20.5×12×12.5m
使用できる電子レンジサイズ:高さ14cm以上

Betta カーブ 電子レンジ 哺乳瓶 消毒用ケース

(ベッタ) Betta カーブ 電子レンジ 哺乳瓶 消毒用ケース 02.ペールピンクベッタ (Betta) ¥ 3,455 ※2019/12/09 12:08 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

Betta(ベッタ)の哺乳瓶を使っている人には、専用の哺乳瓶消毒ケースがおすすめです。あの独特な形の哺乳瓶にぴったり。見た目もとてもおしゃれで、キッチンに置いていても哺乳瓶消毒グッズとは分かりません。卒乳後には、小物入れに使ってもおしゃれですよ。

消毒時間:3分
耐熱温度:140℃
使用できる哺乳瓶:ガラス・PPSU・ポリプロピレン・70~240mlサイズ
本体サイズ:19.5×6.5×12cm

西松屋 SmartAngel 哺乳瓶レンジ消毒器

西松屋 [SmartAngel] 哺乳瓶レンジ消毒器西松屋チェーン ¥ 1,498 ※2019/12/09 11:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

2本同時に消毒できる電子レンジ用の哺乳瓶消毒アイテムです。哺乳瓶とマグをどちらも消毒したい、双子育児中といったママにおすすめ♪1本用よりもサイズが大きくなるので、自宅の電子レンジに入るかの確認はお忘れなく。卒乳後は、蒸し器としても使えて便利ですよ。

消毒時間:3分
耐熱温度:140℃
使用できる哺乳瓶:ガラス製・耐熱温度100℃以上のプラスチック製・高さが17.8cm以下
本体サイズ:20.9×20.1×13cm
使用できる電子レンジサイズ:高さ14cm以上

ベルコット miffyミッフィー 哺乳瓶消毒ケース

ベルコット miffyミッフィー 哺乳瓶消毒ケース BS-036ベルコット ¥ 2,314 ※2019/12/09 11:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

こちらも2本同時に哺乳瓶消毒ができるグッズです。先程とは違って立てることができるので、小スペースに収納可能。ミッフィーの柄がとてもキュートですよね。そのまま哺乳瓶を保管すれば、埃などから哺乳瓶を守ることができ清潔に使用できますよ。

耐熱温度:140℃
本体サイズ:18×23×7cm

蝶プラ工業 消毒用品 電子レンジ用スチーム殺菌容器

蝶プラ工業 消毒用品 電子レンジ用スチーム殺菌容器 041823蝶プラ工業 ¥ 1,632 ※2019/12/09 11:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

円形の哺乳瓶消毒グッズです。哺乳瓶を支える部品が付いているので、哺乳瓶が転がってしまう心配もありません。角がないので、回転タイプの電子レンジでも使いやすいですよ。哺乳瓶の消毒が必要なくなった後は、離乳食の野菜蒸しを作るのに大活躍しそう。

消毒時間:3分
本体サイズ:直径24.5×12cm

メデラ(medela) 電子レンジ除菌バッグ クイッククリーン スチームバッグ

メデラ(medela) 電子レンジ除菌バッグ(5パック) クイッククリーン スチームバッグMedela(メデラ) ¥ 1,550 ※2019/12/09 12:08 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

電子レンジで哺乳瓶などを消毒できるバッグタイプの除菌グッズ。1枚で20回分の消毒に使用できます。赤ちゃん連れでの旅行では、哺乳瓶の消毒に困ることも。でもこのアイテムがあれば、かさばらないし便利です。旅行用に1つ購入しておいてもいいかもしれませんね。口コミによると、240mlの哺乳瓶が2本入るそうですよ。

消毒時間:800~1100W/3分・500~750W/5分
セット内容:5枚入り(1枚当たり20回使用可能)

哺乳瓶消毒グッズ 液体タイプのおすすめ

チュチュベビーつけるだけ

チュチュベビーつけるだけ 1100mlチュチュベビー ¥ 612 ※2019/12/09 11:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

次亜塩素酸ナトリウムを1%配合した哺乳瓶消毒の液体タイプです。1Lの水に12.5mLの液剤を入れば消毒液は完成。1時間以上哺乳瓶を浸け置きするだけで、消毒完了です。24時間繰り返し使用できるので、1日に何度も哺乳瓶を使うというママにおすすめ。

消毒時間:1時間
容量:1100ml
成分:次亜塩素酸ナトリウム1.0%・水99.0%

ピュリファンS

ピュリファンS 1000mlビーンスターク ¥ 672 ※2019/12/09 11:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

薬剤タイプの哺乳瓶消毒グッズのなかでも、薬剤のにおいが気にならないと評判のアイテムです。薬剤のにおいが気になる人は、使用前に水ですすぐこともありますが、においが気にならないアイテムならひと手間省くことができますね。野菜や果物の洗浄にも使うことができます。

消毒時間:1時間
容量:1000ml
成分:次亜塩素酸ナトリウム1.0%・水99.0%

哺乳瓶消毒グッズ 錠剤タイプのおすすめ

Milton CP チャイルドプルーフ

ミルトン Milton CP チャイルドプルーフ 60錠 (哺乳瓶・搾乳器用 洗浄剤)ミルトン ¥ 1,515 ※2019/12/09 12:07 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

水2Lに1錠入れるだけで溶液として使える哺乳瓶除菌グッズです。錠剤はかさばらないので、旅行にも使えて便利。シートははさみを使わないと開けることができない、特殊構造の「チャイルドプルーフシート」を使用しています。赤ちゃんの誤飲を防ぐ工夫がされていて安心。

消毒時間:1時間
内容量:60錠
成分:ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム500mg

チュチュベビー つけるだけタブレット

チュチュベビー つけるだけタブレット 72錠入チュチュベビー ¥ 1,326 ※2019/12/09 12:08 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

液体タイプもいいけど、錠剤タイプはかさばらないので、収納スペースに困らずおすすめ。使い方は液体タイプと同じで簡単です。これも「チャイルドプルーフシート」が採用されているので、誤飲の心配が少なくなっています。

消毒時間:1時間
内容量:72錠
成分:ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム500mg

液体・錠剤タイプの哺乳瓶消毒におすすめのケース

チュチュベビー 哺乳びん・乳首収納ケース ミルボックスミニ 消毒容器兼用

チュチュベビー 哺乳びん・乳首収納ケース ミルボックスミニ 消毒容器兼用チュチュ ¥ 1,201 ※2019/12/09 12:08 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

薬液用の哺乳瓶消毒ケースとして使うこともでき、哺乳瓶の保管ケースとしても使えるアイテムです。コンパクトですが、哺乳瓶を4本(広口なら2本)収納可能で、水切りも付いていて便利。消毒が必要な時期を過ぎた後も、洗浄後の哺乳瓶保管ケースとして大活躍しますよ。

サイズ:22.8×13.7×19.5cm

文/大関杏奈

あなたにおすすめ

注目コラム