子連れハワイ旅行の準備!ホテル選び、おすすめのスポット、あって良かった持ち物は?【1歳児・園児・小学生の3人子連れ★2018年版最新ハワイ情報】

コラム 公開日:2018/10/11
子連れハワイ旅行の準備!ホテル選び、おすすめのスポット、あって良かった持ち物は?【1歳児・園児・小学生の3人子連れ★2018年版最新ハワイ情報】

子連れ海外旅行に人気のハワイ。夏休みに8歳(女)、5歳(男)、1歳11ヶ月(男)の3人の子供を連れて家族5人で7泊9日の子連れハワイ旅行をした編集部スタッフが、自身の体験を交えながら、子連れハワイ旅行の事前準備、現地での過ごし方、おすすめのお土産や、子供が喜ぶスポットなどをご紹介します!

子連れハワイ旅行の旅行手配

旅行の手配をする際、まず迷うのは航空券+ホテルがパッケージされたツアーを選ぶか、全て個人で手配するかです。

パッケージツアーを申し込む

ツアーを申し込んだ場合のメリットは、旅行会社によっては空港にお迎えが来てくれたり、現地でトロリーが無料で乗れたり、お得なオプションがついていたりなど。自分で色々手配する手間も省け、現地でも旅行会社のツアーデスクを利用できたりと、安心して旅行ができます。

我が家の初子連れハワイは長女が1歳の時の7年前ですが、初めての子連れ海外に不安もあり、現地に旅行会社のツアーデスクもあり安心で手間いらずなパッケージツアーでハワイに行きました。

個人手配をする

さらに家族が増えてから、旅行をする際は個人で手配することが増えました。なぜかというと、子連れだと1日にたくさん予定を詰め込めないので、欲張りな我が家はその分滞在日数を長くして色々と楽しみたいからです。そして途中で移動をして複数の宿に泊まります。旅先で泊まる宿を変えることで、行動範囲やプールを変えて楽しむことができるので、グアムや沖縄の子連れ旅行でも個人手配で複数の宿に泊まりました。
今回も様々な航空会社と宿を比較検討して、7泊9日で2つの宿に泊まる計画をしました。

自分でアレンジできて充実した旅にはなりますが、もちろん手配や移動にかかる労力もあり大変でもあるので、のんびりリゾートを楽しみたい方には1つの宿でゆっくり楽しむ、というスタイルがおすすめです!

子連れハワイ旅行で航空会社の選び方

航空会社の選び方は、価格、空港へのアクセスのしやすさ、便の出発時間、機内でのサービスの良さ、マイルが貯まるかなど、何を重視したいかで決まります。
我が家は子供が生まれる前の2人旅ではマイルを貯めていたANAで、長女が1歳の時の初めての子連れハワイでは、できるだけ移動時間を減らすため家から近い羽田空港から直行便が出ているハワイアン航空で、そして今回の5人旅は、価格重視でスクートを選びました。スクートは2017年12月に出航が始まったばかりのシンガポール航空系列のLCCで、現在日本でホノルル便が出ているのは関西国際空港からだけです。
ちょうど実家は関西エリア! 今回は夏休みの実家帰省も兼ねて、関空からこのスクートを利用することにしました。

実は、今回ハワイに行こうと言い出したのは、このスクートの噂を関西在住の友人から聞いてきた主人でした。スクートは予約する時期によって価格の差が大きいようなのですが、我が家は出発の5か月前に予約したところ、家族5人(その内の1歳児は無料)で往復20万円弱という今までのハワイ旅行の中でも群を抜いての最安値でした。主人の友人家族はさらに早い時期に予約し、さらにお安く手配できたそうです!

ただし、預け荷物、機内食、WiFi、ブラケットなどのサービスは全て有料です。

シンガポール系列なのでアジアンテイストな機内食でしたが、子供にも食べやすいお味でした。

実際に乗ってみたところ、特に不自由な点は感じませんでした。同じような子連れの利用客が多く、逆に少し騒いでしまってもお互い様という空気もあり安心でした。

子連れハワイ旅行でホテルを選んだ基準

ホテル選びでの5人家族の壁…

ホテル選びは4人ならスムーズなところ、5人では予約の壁がありました。アメリカの消防法でだいたい一般的なホテルのスタンダードルームの定員は4人です。これは5人目が1歳の添い寝の赤ちゃんでも5人で泊まることは禁じられているそうです。なので、5人でホテルを予約するとなると、ランクアップした広めのスイートルーム、またはスタンダードルームを2部屋予約しなければなりません。それでは急に予算があがってしまうので、我が家はホテルを断念し、個人手配でコンドミニアムを借りることにしました。

申し込みは、初めて「エアビーアンドビー」を使ってみることにしました。エアービーアンドビーは部屋を所有しているオーナーから直接借りることができる民泊のようなシステムです。事前に部屋の階数やインテリア、備品なども画像で確認できるので旅のイメージを具体的に膨らませやすいです。実際に利用したことがある友人から「旅行会社を通じて泊まるより料金も安く、部屋も事前に選べるのでおすすめ!」と聞いて、今回予約してみました。

オーナーと英語でやりとりをしなければならないのが難点ですが、今回は朝便で到着する旨を相談したところ、無料でアーリーチェックインさせてもらうことができ、助かりました。オーナーにもよりますが、融通がきくのも利点です。

1つめの宿に選んだのはワイキキの東側のアストン・アット・ザ・ワイキキバニヤン。波が穏やかで子供に優しいクヒオビーチの近く、プールサイドには滑り台などのちょっとした遊具と自由に使えるバーベキューコンロがついていること、駐車場が無料だったことが決め手でした。3泊しました。

ワイキキビーチから2ブロックに位置するアストン・アット・ザ・ワイキキバニヤン。カピオラニ公園やホノルル動物園も徒歩圏内です。

2つ目の宿はワイキキの西側のイリカイ・ホテル&ラグジュアリー・スイーツのコンドミニアムのお部屋です。アラモアナセンターにも歩いて行ける立地、金曜日のヒルトンの花火が見えるお部屋が選べたのでこちらに決めました。4泊しました。

イリカイ・ホテル&ラグジュアリー・スイーツはヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートのお隣。ヒルトンラグーンで遊んだり、ヒルトン内のお店でスイーツを食べたりしました。

コンドミニアムのサービスと使い心地

コンドミニアムはキッチンがついていて、ホテルよりも大きめの部屋が多く、家族5人でもゆったりと過ごせました。子連れだからキッチン付は便利だろうと思っていたのですが、実際に料理することはほとんどありませんでした。なんだかんだで日中はほとんど外に出ていたので、プレートランチやハンバーガーなどをテイクアウトして部屋やプールや海で食べることが多かったです。

コンドミニアムのダイニングはホテルのテーブルより広めでゆったり使えました。

この旅行中、料理したのは結局2回だけ。偏食でハワイではポテトとお肉ばかり食べていた年中さんの息子がどうしてもオムライスを食べたい!と駄々をこねてワイキキでオムライスを食べられるお店を探したのですが見つけられず、材料を買って作りました。そしてその翌朝、残りの材料でおにぎり、卵焼き、きんぴらを作りました。
旅行中は極力家事をしたくない派ですが、毎日ジャンキーな食事が続いていたので、手料理を食べさせることができ、子供たちのためには良かったと思います。これもコンドミニアムだからこそできること。
旅行中、和食が食べたくなるかもと、念のため日本から醤油と砂糖とみりんとだしを小分けにしたものを持って行ったのが使えました。

プールを重視したい子連れにおすすめのホテル

ワイキキといえばビーチ!だからか、子供向けプールが充実しているホテルは少ないです。プールを思いっきり楽しむのが目的なら、グアムや沖縄のほうが良いという感想が正直なところですが、ワイキキで子供が楽しめるプールを重視してホテルを選ぶなら、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートシェラトン・ワイキキ・ホテルがおすすめです。

また、ワイキキからは離れますが、コオリナのアウラニ・ディズニー・リゾート&スパ・コオリナ・ハワイはプールがとても充実しています。我が家の子供たちは海よりもプールが大好きなので、アウラニに泊まることも検討していたのですが、今回はワイキキ周辺を楽しみたいという思いから見送りました。
しかし、アウラニへ朝食を食べに行った際に、楽しそうな流れるプールやスライダーを見て、子供たちはこのプールに入りたい!と大騒ぎでした。プールサイドにディズニーキャラクターが遊びに来てくれるのも魅力です。

同じ時期、アウラニに泊まった友人の写真を拝借。

友人が泊まった際、モアナにはなかなか会えず、やっと会えたときには感動モノだったそうです。

そしてアウラニディズニーと言えば、今年7月に誕生したばかりの新キャラクター、亀のオルちゃん!ダッフィーの新しい友達で、日本ではまだグッズが買えないということもあり、すでに大人気。

再入荷してもすぐに売り切れるそう。

と、プールやキャラクターなど楽しいことずくめのアウラニ。子供たちのリクエストにより、我が家も次回はぜひ泊まりたいと思っています。

また、プールでスライダーなど豪快にアクティビティを楽しめるくらいの年齢ならば、波のプールや種類豊富なスライダーなどプールアクティビティが充実したウェットアンドワイルドに遊びに行くのもおすすめです。

ただ、我が家の子供たちはプールが好きな割には泳ぎは苦手で、浮き輪でぷかぷか浮いているだけなので、結局はこじんまりしたコンドミニアムのプールで十分満足している様子でした。そしてせっかくのワイキキビーチではなく、ごくごく普通のプールにばかり入りたがる我が子たちを見て、ハワイまで来なくても近所の市民プールで十分なのでは…と嘆く私と主人でした。

子供も足がつく浅さから始まり、端のほうは大人でも足がつかない深さになっていました。

ホテルのキッズアクティビティ

ハワイのホテルではキッズアクティビティを実施しているホテルも少なくありません。キッズアクティビティとは、託児してくれながら、ハワイの文化に触れるようなクラフト作りやマリンアクティビティなどが経験できるサービスのこと。今回、5歳、8歳の上の子たちにハワイならではの経験をさせてあげたかったのですが、1歳児が一緒だとなかなか家族5人の行動範囲を広げることができず……。そこで、子供だけで参加できるこのキッズアクティビティに参加させたいと思いました。我が家が泊まったコンドミニアムにはアクティビティがなかったので、他のホテルで探しましたが、ほとんどが宿泊者限定。
そんな中、ホテルの宿泊者以外も参加できるキッズアクティビティを見つけました。

1つ目の候補はシェラトン・ワイキキ・ホテルの「ポピンズ・ケイキ・ハワイ」、2つ目の候補はザ・カハラ・ホテル&リゾートの「ケイキクラブ」です。どちらも半日プログラムは$100ほどでした。

2人申し込むと半日で$200のコスパに悩みつつ、意を決して予約しようとしたところ、既に滞在中の日程の予約は全て埋まってしまっていました。これは旅行前に予約するべきだったと反省!「予約は2日前まで」の文言に油断していました……。特に夏休みということもあり、繁忙期だったようです。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム