防災頭巾の作り方が知りたい! おすすめ商品&選び方も紹介!

コラム
公開日:2018/09/21
更新日:2019/10/02
防災頭巾の作り方が知りたい! おすすめ商品&選び方も紹介!

地震、台風、火事…など、災害によって避難をしなければならないときはいつ来るか、誰にも分かりません。そういったときのために用意しておきたいのが防災頭巾です。特に子供は、どこが危ないのか、どうやって危険を回避すればいいのか、ということまで理解して行動できないことがほとんどです。子供にピッタリの防災頭巾を用意して、いざというときの備えを親子でしっかり確認しておきましょう。

防災頭巾とは?

災害時に頭を守るための簡易的な防具が「防災頭巾」です。丈夫な布製の袋に綿などの緩衝材を入れてあり、頭にかぶれるよう2枚を縫い合わせてあるのが一般的です。

大切なのは、買って終わりにせず、万が一のときに備えて手の届くところに保管しておくこと。災害発生時には頭にかぶって避難します。近年では、火災時にも使えるよう難燃繊維を用いているものも多く見られます。

防災頭巾って効果があるの?

固くて重いものが落下したり飛来したりしてきた場合、頭を守る効果はヘルメットほどはありません。とはいえ、3,000円以下の防災頭巾を対象にして行った衝撃吸収性能試験では、日本防炎協会が認定しているものはどれも衝撃吸収率が50%以上あり、最も優れたものでは85%もあったそうです。

国民生活センターでも、消費者へのアドバイスとして、「防災頭巾を購入する際は、詰物が使用によってかたよらない構造や劣化しにくい素材か、また、(財)日本防炎協会の認定品を購入の目安にするとよい」と明記しています。

また、長期休みなどで子どもが防災頭巾を持ち帰った際には、防災頭巾に傷みがないかなどをしっかり確認することも忘れないようにしましょう。

幼児用の防災頭巾の選び方が知りたい!

サイズ

大人用の防災頭巾を幼児がつけるとぶかぶかで、前が見えなくなってしまいます。子供の頭のサイズにもよりますが、縦横30cm×25cm以上が一般的な幼児のサイズです。商品のサイズは平置きで測ったものが多いので、試しに新聞紙などで子供の頭に沿って頭巾のようなものを作り、それをあらためて採寸してみてはいかがでしょう。
また、試着ができない場合は、購入後、すぐに着用してみることが大切です。サイズが合わない場合は、返品・交換ができるか問い合わせてみましょう。
試着するときはかぶって終わりにせず、カバーから出す動作、子供が自分でかぶってみる動作など、実際に即した動作を1人でできるかを確認しましょう。また、かぶったまま走ったり、動き回ったりしても、脱げたりずれたりしないかも確認しておきましょう。

素材

素材は「難燃」「防炎」などの加工がされているものが一般的です。化学繊維のなかには火災などで溶けてしまい、肌に貼り付いてしまうものがあるので気をつけましょう。
もし、難燃・防炎などの加工がされていない防災頭巾を購入してしまった場合は、防炎加工のスプレーなどを頭巾全体にかけておきましょう。
毎日使うものではないですが、丸洗いができるほうが清潔ですよね。その点も注意して選んではいかがでしょうか。

一般的な防災頭巾は、すぽっとかぶって首元を留めるタイプがほとんど。この形だと、折りたたんで平たくしておけば持ち運びがしやすく、保管の場所も取りません。
最近多いのが、「防災頭巾カバー」と呼ばれるもの。これは、防災頭巾を入れておくカバーで、座布団やイスの背もたれに使用し、日頃から手元に置いておけるようにするアイテムです。これに入れて手元に置いておけば、いざというときに「どこに置いたのだっけ?」ということがなく、安心です。

デザイン

子供が手元に置きたくなるデザインを選ぶのがベスト!普段は座布団として使うのであれば、モチベーションを上げるためにも、子供が好きなデザインであることも大切ですね。
もう1つ気にしたいのが、色です。被災したとき、派手な色づかいの方が目立ちます。子供が好きだからといって真っ黒の防災頭巾を選んでしまうと、がれきの下敷きになったときや夜間に、発見されにくくなります。防災頭巾は、子供の好きなデザインで、かつ、派手な色のものを選ぶとよいでしょう。

幼児用の防災頭巾を手作りしたい!

防災頭巾は基本的に直線裁ちで簡単なつくりなので、手作りが得意でない人でも挑戦できるアイテムです。インターネットで検索すれば、防災頭巾の作り方がたくさんヒットしますよ。子供と一緒に生地を選ぶところから始めると、より愛着が持てるようになるでしょう。くれぐれも生地選びの際は、「防炎加工」または「難燃性」のものを選ぶのを忘れずに! どうしてもお気に入りの生地で防炎加工・難燃性のものが見つからない場合は、防炎加工スプレーをふきかけましょう。
また、防災頭巾カバーを手作りする人もいるようです。はぎれや古着などを使って、オリジナルの防災頭巾カバーを作ってみてはいかがでしょうか。

手作り防災頭巾カバーのアイデアはこちら

また、防災頭巾バッグのパターンの販売もありますよ。

防災頭巾バッグの型紙[ny-010]kami-to-nuno ¥ 1135 ※2019/11/12 23:25 時点の楽天価格楽天で詳しく見る

パターン(A3×10枚サイズ)、オリジナルネームタグ 1枚、レシピ(PDF)がセットになっているから、好きな生地とマジックテープを用意すれば、すぐに作り始められます。

幼児用のおすすめ防災頭巾/防災頭巾カバー

防災頭巾

防災ずきん 【0~3歳用】 乳幼児タイプ 防炎協会認定品

防災ずきん 【0~3歳用】 乳幼児タイプ 防炎協会認定品 大明企画防災ずきん ¥ 2,640 ※2019/11/11 02:37 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

乳幼児用の防災頭巾です。脱げにくく、ずれにくい防災頭巾がほしい場合は、子供の頭のサイズによっては乳幼児用を選択するのもアリですね。

対象年齢:乳幼児(0~3歳)
サイズ:ずきん=約23×23×11cm、専用袋=約29×29cm
材質:表地=ポリエステル(難燃加工)、裏地=ポリエステル(難燃加工)、芯材=ポリエステル(難燃加工)

アーテック 防災頭巾

子供用防災ずきんアーテック ¥ 1,745 ※2019/11/11 02:37 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

燃えにくいようにアルミ加工がされた防災頭巾です。光沢もあって、万が一の時にも目立ちそうですね。シンプルなデザインなので、かわいらしい防災頭巾カバーとセットで使うようにするのはいかがでしょう。
サイズ:幅約26×奥行約44(cm)
素材:アルミ加工難燃素材、難燃性綿、ポリエステル
重量:249 g

ガマカ工業 防炎協会認定カネカロン防災クッション(S) 幼児用

防炎協会認定カネカロン防災クッション(S) 幼児用26x37cm イエローガマカ工業 ¥ 930 ※2019/11/11 02:36 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

見た目は可愛くても、防炎性・耐衝撃性・自己消火性に優れた、実用的な防災頭巾です。シンプルなつくりなので、災害時にもあわてずに装着することが可能です。また、あご止めゴム付きでずれる心配もありません。イエロー・ピンク・ブルーの3色から選べます。耳穴付きなのもうれしいポイント。
サイズ:幅260×奥行370×高さ75mm
重量:180g
材質:表地・裏地=ポリエステル50%、アクリル系50%(カネカロン)、中わた=ポリエステル100%(スーパーエクスター 難燃わた)
カラー:イエロー、ピンク、ブルー

デビカ 防災頭巾

デビカ 防災ずきん ハイグレード ブルー サイズ:約W30×D7×H42cmデビカ(Debika) ¥ 1,884 ※2019/11/11 02:36 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

衝撃に配慮されており、たくさんの中綿が詰まった防災頭巾。ポケットがついていて、マスクやティッシュなどを入れておくこともできるのが便利ですね。ゴムバンドもついているので、幼稚園や学校のイスに掛けておくのにぴったりです。
サイズ:約W30×D7×H42cm
重量:300 g
材質:難燃加工ポリエステル

ナカバヤシ 防災ずきん 笛付き

ナカバヤシ 防災ずきん 笛付き ブルー BZ-102Bナカバヤシ(Nakabayashi) ¥ 1,090 ※2019/11/11 02:33 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

ブルーのチェックがかわいらしい防災頭巾。なんと笛付きです。笛は、地震などでがれきの下に埋もれてしまった場合や、暗闇の中で自分の居場所を知らせるのにとても有効です。頭巾のふちにはひもでつなげられた、笛を収める場所があるので、なくすこともありません。
サイズ:W27×D6×H40cm
材質:表生地・裏記事=ポリエステル、中綿=難燃ポリエステル、笛=アルミ
仕様:笛付(音の大きさ100dB:約100m先から聞こえる大きさです)、二つの耳穴付、連絡先が記入できる名札付き
重量:272 g

サンリオ 防災頭巾【マイメロディ】4才~8才【(財)日本防炎協会認定品】

防災頭巾【マイメロディ】4才~8才【(財)日本防炎協会認定品】防災ずきん 子供用 小学生 小学校 サンリオキャラクター マイメロサンリオ Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

女の子に人気のキャラクター「マイメロディ」の防災頭巾です。これなら女の子も嫌がらずにつけてくれそうですね。防炎加工や名札などの基本的な防災頭巾としての機能がしっかりとあり、(公財)日本防災協会の認定品である点も安心ですね。
対象年齢:4歳~8歳
サイズ:(約)26×41cm
材質:表地・裏地=ポリエステル(難燃加工)、芯材=ポリエステル(難燃加工)
仕様:耳穴付(避難時に音が聞こえるように)、ネームラベル付

大明企画 日本防炎協会認定品 防災ずきん セーフティークッション

日本防炎協会認定品 防災ずきん セーフティークッションSタイプ 90041大明企画 ¥ 1,430 ※2019/11/11 02:27 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

明るい黄色で災害時に目立つ、シンプルな防災頭巾。名前や血液型などの個人情報を記入するスペースが左右にあるのがポイント。どちらか一方が汚れたり、がれきに挟まって片方が見えなくなったりした時に便利なつくりになっています。
対象年齢:4歳~7歳
サイズ:250x280mm
重量:約200g
材質:ポリエステル100%

防災頭巾カバー

アーテック 背もたれカバー防災ずきん用紺

アーテック 背もたれカバー防災ずきん用紺 3977アーテック ¥ 788 ※2019/11/10 23:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

シンプルなつくりで、イスの背もたれに掛けることができるようになっています。カラーは紺色やパープルなので、汚れが目立ちにくいのもポイント。速乾性もあるのでお手入れもラクチンです。
サイズ : 本体383x344mm
重量:222 g

COLORFUL CANDY STYLE 収納便利な2way防災頭巾カバー

防災頭巾カバー 【低学年高学年用:背板幅36cmタイプ】 ピアノの上で踊る黒猫ワルツ(ブラック) N4711700COLORFUL CANDY STYLE ¥ 3,180 ※2019/11/11 02:26 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

柄がかわいい防災頭巾カバー。ピアノを習っている子や猫好きさんにおすすめしたいデザインです。イスの背もたれにつけるだけでなく、座布団としても使うことができます。持ち手がついているので、運ぶときにも便利です。
サイズ:(平置き本体外寸)縦35cm × 横47cm
素材:綿100%
重量:191 g

防災頭巾の関連商品

加賀ヘルメット 子供用 オサメット ジュニア

子供用 オサメット ジュニア 50~56cm (osametjr KGOJR-1) (オレンジ, 箱付き(巾着なし))加賀ヘルメット ¥ 4,320 ※2019/11/11 03:03 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

防災頭巾に近いはたらきをする、折りたたみ式のヘルメットです。使い方はとっても簡単で、折りたたんだ状態で頭に乗せ、左右を引き下げるだけ。あとはヘッドバンドとあごひもを留めればOK。折りたたみ式というと強度に不安があるかもしれませんが、厚生労働省の検定合格品なので、安全性はバッチリです。防災頭巾に比べると少しかさばりますが、家族でそろえて置いておくのもいいですね。
サイズ:(収納時) W281×H210×D45mm、(完成時)W281×H210×D132mm、頭囲 50-56cm
材質:ABS樹脂(帽体)

富士(FUJI)ナノトロン 防炎剤スプレー 500ml

富士 ナノトロン 防炎剤スプレー 500ml富士(FUJI) Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

防炎加工のできるスプレーで、防災頭巾をはじめ、畳などに塗布することで、火が燃え広がりにくくなる効果があります。これ1本で、畳3枚分の広さにスプレーすることができるので、家族みんなの防災頭巾にかけたり、余った分は家のカーテンやエプロンなどに使ったりしてはいかがでしょうか。
容量:500ml

地震大国日本、と言われますが、近年は台風や竜巻などの災害で毎年多くの被害が出ています。「自分だけは大丈夫」という油断は大敵! 日頃から防災の意識を高めておきましょう。そして、いざというときのための準備をしっかりとしておきましょう。
また、昨今は学校指導のもと、防災頭巾が必需品となっているところが多くなっています。早めに準備をして、子供自らがどこに置いてあって、どんなときにどう使うのか、ということを理解できるようにしておきたいですね。

小学生の防災頭巾のおすすめは?選び方から口コミ、人気商品紹介!
小学生の防災頭巾のおすすめは?選び方から口コミ、人気商品紹介!
小学校入学の準備品リストに、必ずと言っていいほど入っている防災頭巾。火災や災害時、子どもの安全を守ってくれるアイテムだからこそ、じっくり調べて選びたい! 今回は先輩ママの体験談を交えながら、上手な選び方、口コミで評判のアイテムをご紹介します。
記事を読む
防災頭巾カバーの人気おすすめ12選と作り方!座布団・背もたれにも
防災頭巾カバーの人気おすすめ12選と作り方!座布団・背もたれにも
防災頭巾は、非常事態のときに危険から頭部を守るための簡易防具です。地震が多い日本では入園・入学アイテムとなっていることも多く、防災頭巾を保管しておくための「防災頭巾カバー」もマストアイテム。最近は、おしゃれでかわいいデザインもそろっています。今回は、防災頭巾カバーを選ぶ際に役立つ豆知識と、実際の商品を全部で12個ピックアップしました。最後には、防災頭巾カバーを手作りする方法やおすすめ書籍についてもご紹介!ぜひ参考にしてくださいね。
記事を読む

文/吉岡ケイ

あなたにおすすめ

注目コラム