おすすめの恐竜の絵本!飛び出すタイプも子どもに人気

コラム 公開日:2018/09/10
おすすめの恐竜の絵本!飛び出すタイプも子どもに人気

はるか大昔、地球に生息していた恐竜たち。今では小さな子どもから大人までを虜にするほどロマン溢れる存在です。そんな魅力的な恐竜を題材にした絵本は子どもたちに大人気!今回は、大人も楽しめる恐竜絵本を図鑑も合わせて12冊ご紹介します。

恐竜の絵本っていつ頃から読むといいの?

恐竜の絵本はいつから読めるものなのでしょうか?調べてみると、2歳児から楽しく読める絵本がありました。2歳児にも分かりやすいように、優しいイラスト&簡単な物語仕立てになっているものが多いようです。年齢が上がるにつれて、恐竜のリアルさや物語性が高くなり、5歳児くらいになると図鑑に載っている専門的な内容も理解できるようになります。
今現在、恐竜の皮膚の色は未だ解明されていない部分なので、絵本や図鑑によって同じ恐竜でも色合いが異なることもしばしば。そんな違いも絵本で楽しむことができるでしょう。

恐竜の絵本にはどんな種類があるの?

恐竜の絵本と言っても種類はさまざま。恐竜が可愛らしく描かれた小さな子ども向けの絵本から、リアルに描写されたもの、立体的に飛び出す絵本などがあります。人間の子どもが主人公になって恐竜と触れ合う話や恐竜が主人公の話など、ストーリー展開もさまざまなので、恐竜が好きな子どもがいる家庭には2~3冊以上の恐竜絵本があることも。大きくなると恐竜図鑑に興味を示すようになり、大人よりも恐竜に詳しくなる子どもが続出!
小さなうちは簡単な絵本で、大きくなるにつれてより難しく詳しい内容の絵本や図鑑に移行する傾向があるようですね。

恐竜の絵本のおすすめが知りたい

自分が主人公!?子供が主人公の絵本

わんぱくだんのきょうりゅうたんけん

わんぱくだんのきょうりゅうたんけんひさかたチャイルド ¥ 1,080 ※2018/10/17 13:56 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

仲良し3人組が新しくできた“恐竜公園”で遊んでいると大きな卵を発見!その卵に導かれてなんと恐竜の世界へ迷い込んでしまいます。はたして仲良し3人組はどうなってしまうのか。
物語の臨場感を最大限に表現するため、ワイドに拡がる大パノラマページも見ごたえ抜群!“わんぱくだんシリーズ”として絵本を揃えることもできるので、ぜひ全シリーズを読破してみましょう。

ぼくがきょうりゅうだったとき (こどもえほんランド)

ぼくがきょうりゅうだったとき (こどもえほんランド)ポプラ社 ¥ 1,404 ※2018/10/17 13:56 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

誕生日プレゼントでもらった恐竜のパジャマを着て、公園に遊びに行く主人公。ところが、公園に本物の恐竜がやってきて「恐竜の世界に遊びにおいでよ」というお誘いが。恐竜の世界で楽しく遊んでいると、肉食恐竜のティラノサウルスが襲ってきた!!さぁ、主人公はこの危機を乗り越えることができるのでしょうか。
「ぼくがきょうりゅうだったとき」は、細かな描写と優しい色合いでぐんぐんと物語に引き込まれてしまう絵本です。主人公の心の成長を描いた内容になっており、子どもへの読み聞かせ教材としても向いているでしょう。

ケイティときょうりゅう博物館 (ケイティのふしぎ美術館)

ケイティときょうりゅう博物館 (ケイティのふしぎ美術館)サイエンティスト社 ¥ 1,728 ※2018/10/17 13:56 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

ロンドン自然博物館を舞台にしたファンタジーです。ケイティが巻き起こす愉快な大冒険を一緒に体験しましょう。
おばあちゃんと恐竜博物館を訪れたケイティ。たくさんの骨にワクワクしながら博物館の奥へ進むと、そこには古代のジャングルが!そこでケイティは小さな恐竜と友達になります。
主人公が女の子ということもあり、女の子でも恐竜絵本に興味を持ちやすくなっています。もちろん男の子でも物語は楽しめるので、兄妹で恐竜絵本を読むことができる一冊です。

マジック・ツリーハウス1 恐竜の谷の大冒険 (角川書店単行本)

マジック・ツリーハウス1 恐竜の谷の大冒険 (角川書店単行本)KADOKAWA / 角川書店 Amazonで詳しく見る

仲良し兄妹がある日見つけた恐竜の本。ページをめくると突然恐竜の時代にタイムスリップしてしまいます。わけがわからないまま、2人はティラノサウルスに追いかけられ、絶体絶命のピンチに……。果たして無事に元の時代に戻ることができるのでしょうか。
「マジック・ツリーハウス1 恐竜の谷の大冒険」は、一冊に2話ずつ収録されており、全ての漢字に読みがながふってあるので、ひらがなが読める子どもなら1人でも楽しむことができます。また、カバーには兄妹の着せ替え人形がついています。

恐竜になった気分が味わえる!恐竜が主人公の絵本

となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)

となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)ポプラ社 ¥ 1,296 ※2018/10/17 13:57 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

小学校へ通う美穂ちゃんは学校に行くのが憂鬱です。なぜならとなりの席の“ますだくん”が緑色をした恐竜で意地悪をするから。ある日美穂ちゃんは、“ますだくん”にお気に入りの鉛筆を折られてしまいます。美穂ちゃんはたまらず、消しゴムを投げ返して抵抗。“ますだくん”はびっくりした様子で美穂ちゃんをにらみ返します。次の日、校門に“ますだくん”の姿が……。
美穂ちゃんと“ますだくん”を中心としたストーリーですが、美穂ちゃんの心の変化を恐竜という形で表現しているところが、子どもにも分かりやすくておすすめです。
使われている漢字も簡単なものばかりなので、漢字を覚えたての子どもでも楽しく読むことができます。

きょうりゅうたちのおやすみなさい (世界の絵本コレクション)

きょうりゅうたちのおやすみなさい (世界の絵本コレクション)小峰書店 ¥ 1,512 ※2018/10/17 13:57 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

「おやすみなさい」の前に、もっと遊んでいたい子どもたちの姿を恐竜に見立てた楽しい絵本です。「もう寝なさい」と部屋の灯りを消しに来たお母さんに、恐竜たちはなんと答えるのでしょうか?
子育てに奮闘するパパママならだれもが通る“寝かしつけ”。もう寝る時間なのに、子どもたちは時間なんて気にせずハッスル三昧……。そんな子育てあるあるをユーモラスに描いたのが「きょうりゅうたちのおやすみなさい」です。いろいろなタイプの恐竜が登場するので、一緒に読みながら、どの恐竜が自分に似ているかを話してみるのも楽しいかもしれませんね。

バーバパパのコミックえほん6 バーバパパと恐竜 (バーバパパえほん)

バーバパパのコミックえほん6 バーバパパと恐竜 (バーバパパえほん)講談社 ¥ 1,512 ※2018/10/17 13:57 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

夜更けに不思議な影を見かけたピカリ・モジャ・リブは、影を追って不思議な洞窟へ潜っていきます。洞窟の先には遺跡があり、そこには怪我をした恐竜が……。
大人気のバーバパパシリーズの一つ「バーバパパと恐竜」は、絶滅したはずの恐竜を見つけ、バーバパパがどうやって恐竜を助けるのかが描かれています。また、一冊に2話収録されているので、物語にあきることなく読み切ることができるでしょう。

まいごのたまご

まいごのたまごKADOKAWA ¥ 1,512 ※2018/10/17 13:58 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

風に吹かれて巣から転がり落ちてしまった迷子の“たまご”が巣に帰りたがっています。周りにいた恐竜たちも協力して“たまご”の親探し開始!やがて、奇跡的に“たまご”の親が判明。ようやく巣に帰ることができた“たまご”は、翌朝ぶじに孵ることができました。
子どもが大好きな恐竜たちが力を合わせて“たまご”を助けてあげる物語。それぞれの恐竜の特徴も網羅されているので、楽しく恐竜のことを知ることができます。

専門的な知識も身につく図鑑

きょうりゅう 新版 (はっけんずかん)

きょうりゅう 新版 (はっけんずかん)学研プラス ¥ 2,138 ※2018/10/17 13:07 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

恐竜に夢中な子どもにぴったりの、最新情報が満載の図鑑!ページをめくると、しかけ扉があったり、恐竜が飛び出してきたり、戦っていたりとバラエティー豊かな演出が満載です。
ダイナミックな“窓あけしかけ"を楽しみながら、恐竜たちの暮らしや特徴がわかる絵本図鑑。
子どもが自らめくって発見する喜びを体感できる図鑑で、厚紙を使用しているため紙で指を切る心配も少なくなっています。イラストページと標本写真のページが交互に構成されているので、楽しみながら知識が身につくでしょう。

世界恐竜発見地図 (ちしきのぽけっと)

世界恐竜発見地図 (ちしきのぽけっと)岩崎書店 ¥ 1,998 ※2018/10/17 13:58 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

図鑑の中でも珍しい、恐竜世界地図が掲載されている「世界恐竜発見地図」。すべて書き下ろしで、図鑑に登場する恐竜の数はなんと1,020頭もいます。世界中の至る所に住んでいた恐竜が、どこで見つかったのかを知ることができる図鑑は今のところこの「世界恐竜発見地図」だけ。
地図を開けば、そこは古代の恐竜世界!あなたはどんな恐竜に出会いたいですか?

恐竜 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)

恐竜 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)講談社 ¥ 2,160 ※2018/10/17 13:58 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

DVDつきの映像でも恐竜のことを学べる図鑑です。2015、2016年の最新情報も網羅した恐竜図鑑で、日本で発見された“フクイベナトル”なども掲載されています。DVDでは、図鑑だと分からない恐竜の動きや声なども知ることができるので、子どもと一緒に大人も楽しむことができるでしょう。
図鑑の写真やイラストは大きくて分かりやすい構成になっており、初めての図鑑にもおすすめの一冊です。

とびだす図鑑 恐竜

とびだす図鑑 恐竜あかね書房 ¥ 1,944 ※2018/10/17 13:59 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

「とびだす図鑑 恐竜」は、恐竜の特徴をわかりやすく表現した仕掛けつきの図鑑です。普通の図鑑を持っている子どもでも大興奮の恐竜ラインナップで、細かいところまで描写されています。それぞれの恐竜の特徴を、飛び出す仕掛けで表現しているので、見た目にも分かりやすく、小さな子どもでも視覚的に理解することができるでしょう。飛び出す仕掛けは大人も感心するほどたくさん。一冊の本としてのページ数は少なめですが、仕掛け込みで考えるととても満足できる内容の図鑑です。

恐竜の絵本の口コミが知りたい

「3歳のころ、恐竜の絵本を息子にプレゼントしました。そこから恐竜にハマってしまい、今では絵本や図鑑を入れて4冊の恐竜絵本を持っています。最近は、恐竜クイズといっていろいろ出題されてはこちらが答えられず、得意そうに教えてくれるようになりました。」(6歳児、2歳児のママ)

「人間が主人公の恐竜絵本を2歳の娘に購入。人間が主人公だと娘もストーリーに集中できるらしく、3歳になる今でも“読んで”とせがまれます。やはり女の子はリアルな絵より少しファンタジーな絵の方が馴染みやすいようです。」(3歳児のママ)

(文:小林胡桃)

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム