赤ちゃんにパジャマっていつから着せる?新生児〜1歳のサイズもチェック!

コラム
公開日:2018/08/17
赤ちゃんにパジャマっていつから着せる?新生児〜1歳のサイズもチェック!

先輩ママはいつごろから赤ちゃんにパジャマを着せたのか、どのくらいの頻度洗濯したのかなど、気になる赤ちゃんの「パジャマ事情」をリサーチしてみました。

生まれたばかりの赤ちゃんは、3時間おきに起きておっぱいやミルクを飲み、飲んだらまた寝て、というように昼夜の区別があまりありません。吐き戻しも多く頻繁に着替えさせる必要もあることから、肌着+ロンパースのローテンションで、「パジャマを着せる」という発想にはなかなか行きつかないのではないでしょうか。

ただ、ママとしては昼と夜の生活リズムを徐々につけていきたいものですよね。そのためにも必要なのが、夜寝るときは「パジャマ」を着せるという一手間。大人だってパジャマから日常着に着替えると、1日が始まったなとスイッチが入ります。だからこそ、パジャマをうまく使って、赤ちゃんにも徐々に生活リズムをつけてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんにパジャマは必要?いつから着せる?

赤ちゃんにパジャマが絶対必要かと言われれば、必ずしも必要ではないかもしれません。
そもそも、新生児のころは昼夜関係なく寝たり起きたりの繰り返し。暑い夏は着替えさせやすいよう前開きの肌着1枚を着せて、赤ちゃんをゴロンと寝かせているママも多くいます。
でも、上にも書いた通り、規則正しい生活を送るためには、夜、寝る前にパジャマを着がえさせることで「今から寝るよ」という意識付けを赤ちゃんに与えてあげるのもとても大事です。
清潔に洗濯されたパジャマでぐっすり眠れば、大人も気持ちよいですよね。そんな習慣付けを赤ちゃんの頃からしていると、規則正しい生活につながっていきそうです。

前開きタイプの短・長肌着のやめどき目安については、次の記事を参考にしてみてくださいね。 

ベビーシューズはいつから?おむつのサイズアップは? 衣類の始めどき・やめどき
ベビーシューズはいつから?おむつのサイズアップは? 衣類の始めどき・やめどき
毎日どんどん大きくなる赤ちゃん。洋服やおむつもあっという間にジャストサイズからキツキツに。衣類やおむつの「いつから?」「いつまで?」に、ドクターがお答えします。
記事を読む

 また、前開きタイプの肌着やコンビ肌着卒業後の肌着について、参考になる記事はこちらです。 

赤ちゃんの肌着にベビーロンパースがおすすめ!人気14選&選び方!
赤ちゃんの肌着にベビーロンパースがおすすめ!人気14選&選び方!
短肌着やコンビ肌着を卒業した後、どのような肌着を赤ちゃんに着せたらいいのか悩んでいませんか。おすすめのアイテムは、ベビーロンパース。肌着としてだけではなく、夏場は1枚で着せたり、肌寒ければカーディガンを重ねて調節したりと、ウエアとしても活躍してくれる優秀なアイテムです。ここでは、そんなベビーロンパースの選び方のポイントや先輩ママの体験談を紹介。おすすめの人気商品14選も、参考にしてみてくださいね。
記事を読む

先輩ママ125人にパジャマを着せ始めた時期を聞きました!

赤ちゃんにパジャマはいつから着せた?

一番多かったのは生後7〜11ヶ月ごろからと回答したママ。次に多かったのが生後3〜6ヶ月ごろと回答したママでした。
全体的に見ると、首すわり後〜1歳前までにパジャマを着せ始めたというママが多いようです。

赤ちゃんが生後7〜11ヶ月のころにパジャマを着せた理由

先輩ママからは
「朝と夜の区別をつけて生活リズムをつけるため、前開き肌着を着せなくなったタイミングでパジャマを着せるようになりました」
「寝返りなど動くようになったので、上下分かれたパジャマを着せ始めました」
「上下別の洋服を着せるようになり、日中出かけることも増えたため、夜はパジャマになりました」
「よく動き回るようになり、股下スナップを留めるよりもズボンをスッと履かせるほうが楽になったので」
「日中、出掛けることが増えたころにパジャマを始めました。離乳食が始まると、どうしても汚れてしまうので、朝ごはんはパジャマで食べて、着替えてからお出かけしています」
「それまでは昼も夜もありませんでしたが、ある程度、昼夜の区別がついてきたため」
「保育園入園に向けて、生活リズムを作りたかったから」
「布団を蹴ってしまってお腹が冷えそうなので、専用のパジャマを着せました」
「吐き戻しも減ってきて、何度も着替えなくなってきたので」
「ロンパースだと着替えが大変になってきたので、パジャマにしました」
「売場にロンパース肌着以外のものが多く出てくるのが70cm~だから、自然とパジャマを選ぶようになりました」

という理由が聞かれました。
生後7〜11ヶ月ころは、つかまり立ちをしたりハイハイをしたりと動きが活発になる赤ちゃんも多い時期。ロンパースと言われるつなぎ服を卒業し、上下セパレートの服を着せるようになるのもちょうどこのころからです。そのタイミングに合わせて、パジャマを取り入れたというママが多い印象でした。

赤ちゃんが生後3〜6ヶ月のころにパジャマを着せた理由

次に生後3〜6ヶ月のころにパジャマを着せ始めたママの理由をご紹介します。
「だんだんと朝、夜の区別、メリハリをつけようと思いました」
「まだわからないかもしれないけど、昼と夜の区別をつけたかったから」
「パジャマを着ると生活リズムを整えやすいと聞いたので、始めました」
「首が座ったタイミングくらいでパジャマを着せ始めました」
「昼夜のリズムをしっかりつけたいと思ったのと、外出が増えてきたので、寝るときはパジャマにしました」
「生活リズムがついてきて“パジャマを着たらねんねだよ”“着替えたら起きるよ”と区切りになるかな?と思い、パジャマを使用しました」

首すわりという成長のタイミングに加え、朝と夜の区別をつけるためという理由が多く聞かれました。
生まれた季節にもよるところはありますが、ちょうど外出も増えてくるこの時期に、パジャマを取り入れて生活リズムをつけていくママも多いようです。

赤ちゃんのパジャマの選び方

赤ちゃんの成長段階によって、パジャマの選び方は変わってきそうです。まだ首がすわっていない時期なら、前開きの着せやすいものがよいでしょう。首が座ってからなら、かぶせて着せるタイプ、腰がすわってきたら上下セパレートタイプなど、着せやすさを意識して選んでみてください。
また、オムツ替えが頻繁な時期は、股にスナップボタンが付いたものを選ぶと便利ですね。

なお、生後3ヶ月くらいまでは「パジャマ」という商品名で探しても見つからないケースが多いかと思います。でも、先輩ママの赤ちゃんにパジャマを着せ始めた理由にもあったように、大切なのはパジャマに着替えて昼夜の区別をし、生活リズムをつけていくこと。「パジャマ」として販売されているものでなくとも、夜寝る時に着る専用のものを決めてあげるといいでしょう。その際は、寝るときに着るものなので、汗を吸いやすく、なるべく着心地のよいものを選んであげると、赤ちゃんも気持ちよくぐっすりと眠ってくれそうです。

赤ちゃんのパジャマのサイズ目安は?

ベビーパジャマとして市販されているものは、だいたい70〜80cmからが多いようです。それまでは肌触りのよいロンパースなどをパジャマとして代用してもよいですね。

こちらの記事では、80cmくらいからのキッズパジャマのおすすめをご紹介していますので、合わせて読んでみてくださいね。 

男の子・女の子用おしゃれで可愛いキッズパジャマ!人気&おすすめ13選
男の子・女の子用おしゃれで可愛いキッズパジャマ!人気&おすすめ13選
子どもたちが快適な眠りにつくためには、キッズパジャマの選び方が重要なポイントになってきます。どうせなら、ママも子どもも納得できる、お気に入りの1着を見つけてあげたいですよね。そこで今回は、キッズパジャマを選ぶ時のポイントと、オススメの商品をご紹介します。ぜひ、子どもたちにパジャマを購入してあげる際の参考にしてみてください。
記事を読む

 ベビー服のサイズは以下の表が目安です。ただ、服によってサイズ感は違いますし、個人差もありますので、あくまで目安として参考にしてください。

赤ちゃんのパジャマの着せ方

肌着の上にパジャマが基本です。ただ赤ちゃんの肌はとてもデリケート。肌に優しい素材を選びつつ、暑すぎず、寒すぎないものを着せてあげてください。また、季節ごとに注意したいこともご紹介します。

赤ちゃんのパジャマ、夏の着せ方

・ 暑い時期は肌着+ズボン等でもOK
・ 冷房でお腹が冷える場合があるので、お腹が出ないよう注意
・ あせもができないよう、通気性がよく、汗を吸収してくれる素材がおすすめ

赤ちゃんのパジャマ、冬の着せ方

・ 肌着+長袖パジャマが基本スタイル
・ 厚手のパジャマに毛布に布団……、など温めすぎにも注意(冬でも汗をかきます)
・ スリーパーや腹巻などをうまく活用して、温度調節をする 

先輩ママ125人にパジャマを洗濯する頻度について聞きました!

赤ちゃんのパジャマの洗濯はどうする?

「毎日」と回答したママが62.4%と、一番多かったです。子どもに限らず、人間は寝ているときにたくさんの汗をかきます。朝起きたときに見た目ではわからなくても、汗っかきな子どもならなおさら、夜着ていたパジャマはたくさんの汗を吸っているはず。できれば毎日洗濯をして、清潔なパジャマを着せてあげると赤ちゃんも気持ちがよいのではないでしょうか。

赤ちゃんにパジャマを着せて生活リズムをつけよう!

今回は赤ちゃんのパジャマ事情をリサーチしてみましたが、いかがでしたか。規則正しい生活をさせたいと、生後まもなくからパジャマを着せていた、というママもいました。習慣は、こういった日々の積み重ねで作られていきます。ぜひ、ご家庭にあったタイミングで「赤ちゃんにパジャマ」を取り入れてみてください。

文/大勝きみこ

あなたにおすすめ

注目コラム