息子のトイレトレーニング~オムツそのものが外せない!(前編)【新米ママぴろよの部屋vol.068】

息子のトイレトレーニング~オムツそのものが外せない!(前編)【新米ママぴろよの部屋vol.068】

連載 育児マンガ・新米ママぴろよの部屋

こんにちはー、あらいぴろよです。

今日は「トイレトレーニング」…オムツ外しのお話・前編です。
まず初めに、全くきれいな話じゃないからお食事中の人は後で読んでくれよな!

さてさて、うちは2才から通い始めた保育園の先生がトイトレをガンガン進めてくれたので気づいたら息子はトイレで用を足せるようになってました。
正直私はほとんど何もしてないんですわ。

じゃあアンタなんの話を書くのよ?っていうとね。
息子はトイレで用を足せるようになったはずのに、なかなかオムツそのものが外せなくて…
ていうか私のある行為のせいで、Mやすが謎のトイレルールを持ってしまい困ることになります。
一体何があったのか…

それではいくぜ!ヒィアウィゴー!


ほんと残念なことに私の気遣いは「THE・余計なお世話」になってしまいました。
ですからみなさんがトイトレをする時は、私と同じ失敗(無駄な気遣い)をしないで欲しい。

やると決めたからには、貫くんや!それが漢や!(違う)

でもね、マンガ内でサラッと書いてますけど、トイトレは無理に続けなくていいんですって。
子どもとトイトレ指導者のメンタル・季節なんかを考慮して、お休みしてもいいんだって。
保育士さんもね「時がくれば、外れる」ってなんか匠みたいなこと言ってました。
要はタイミングが大事で、その波にさえ乗れればあっと言う間なんだけど、無理にその波を作ろうとしたり、乗ろうとするとアチャーなことになるんだってさ。

実際Mやすは2才2カ月~2才5カ月までトイトレ(お漏らし体験)してから、冬が来たので一回休み、3才から再スタートで1カ月もしないうちにマスターしてます。
※してくれたのは保育園です。
それにね、オムツにも受け止めきれない量はありますし決壊しますから。

待っていれば必ずその波は来るんや…!逃さないで、そのビックウェーブ!
(ほんと私何もしてねーな)

ただウンチッチだけは、その波に乗り損ねてしまいオムツとともに取り残されてしまったわい。
これをどうやって解決したのか。
その話はまた次回で!

ちゃお~!

 
★次回は8月22日(水)更新予定です。


この連載について

PROFILE
あらいぴろよ
イラストレーター
イラストレーターで一児の母。さまざまな雑誌や書籍、webなど幅広くイラストを手がけている。趣味は散歩とプロレス観戦。著書には、Millyの連載とはまったく違う視点で描かれた育児マンガ『ワタシはぜったい虐待しませんからね!』(主婦の友社)などがある。『“隠れビッチ”やってました』(光文社)が映画化決定! 2019年冬公開予定。

発売中 :ワタシはぜったい虐待しませんからね!※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム