ベビーシートの人気おすすめ12選!選び方やママたちの口コミも

コラム
公開日:2018/07/28
更新日:2019/10/07
ベビーシートの人気おすすめ12選!選び方やママたちの口コミも

出産を経て産院から自宅までの帰り道や、定期健診、実家への帰省など、赤ちゃんと車で移動する機会が多いママもいることでしょう。そんなときに必要なのが、ベビーシートです。しかし、ベビーシートと言っても、シートを寝かせられるタイプのものや、持ち運びできるタイプのものなど、種類はさまざま。どんなベビーシートがよいのか、迷ってしまいますよね。本記事では、そんなママに向けてベビーシートの種類や、選び方をご紹介します。おすすめのベビーシートについてもピックアップしているので、これから準備予定の人は参考にしてみてくださいね。

ベビーシートの先輩ママ体験談・口コミ

どんなベビーシートを購入しましたか?

「うちは男女の双子。後部座席に2台のベビーシートを並べて装着できることが必須条件だったため、なるべくコンパクトなサイズのものをと思って選びました。コンパクトな設計だと、子どもが成長したとき長く使えないんじゃないかと心配していましたが、4歳まで使えるものでコンパクトなものが見つけられたので大満足です」(10ヶ月の男の子と女の子の双子ママ)

「出産前に標準タイプのベビーシートを購入しました。しかし、うちの賃貸マンションはエレベーターがなく、子どもが寝てしまったときにいつも子どもを抱えて階段をのぼるハメに……。取り外しができてベビーキャリーにもなるタイプのものを買えばよかったと少し後悔しています」(1歳男の子ママ)

「ベビー用品専門店で、そのとき安くで売り出されていたものを購入しました。しかし、サンシェードが付いていないタイプだったため、夏の暑い日差しのときは窓から差し込む日が子どもの顔に当たってまぶしそう。後日、後付けできるサンシェードを購入することとなってしまいました」(5ヶ月女の子ママ)

ベビーシートの必要性について

ベビーシートは、道路交通法によって6歳未満の子どもに使用が義務づけられています。これには新生児ももちろん含まれています。もちろん、産院を退院して自宅へ帰る際にも着用しなければいけないため、出産前から準備しておく人も多いようです。

また、レンタカーを借りる際にもベビーシートを持参、または借りる手続きを済ませておかなければいけません。市によっては、ベビーシートの貸し出し・補助金・不用品譲渡などのサービスを行っているところもあるようです。

ベビーシートの種類と特徴

ベビーシートにはどんな種類があるのか、ここでチェックしておきましょう。

シートベルト式とISOFIX(アイソフィックス)式

車へのシートの取り付け方法のこと。シートベルト式はベビーシートをシートベルトで固定する方式のもので、従来はこのタイプが一般的でした。一方、ISOFIX式は、専用の固定アンカーを利用してシートに取り付けるタイプのもので、近年ではこのタイプのものが増えてきています。

回転式

ベビーシートには据え置き型と、回転式の2種類があります。回転式は、自由にシートの向きを変えられるのが特徴で、赤ちゃんを乗せたり降ろしたりの動作をスムーズに行うことができます。据え置き型の場合は、赤ちゃんの成長に応じてシートを前向きにするために設置しなおさなければいけませんが、回転式であればその手間も省くことが可能です。

多機能

多機能タイプは、ベビーシートを取り外してゆりかごとして使用できたり、専用のベビーカーに取り付けてベビーカーシートとして使用できたりする、マルチに使えるシートのことです。これ1台で何役も果たしてくれるため出費を抑えることができ、また赤ちゃんが眠ったときにベビーシートごと運べる点などが大きな魅力です。

ベビーシートの選び方

ベビーシートの選び方のポイントを4つご紹介します。

機能 

ベビーシートは、上記でも説明したように、取り付け方法がシートベルト式とISOFIX式で違ったり、ベビーキャリーやベビーチェアとして使えるマルチタイプのものだったりと、機能によってさまざまなタイプがあります。ママ1人で使用する場合は乗せ降ろしのしやすい回転式、移動が多いのであれば多機能タイプなど、使うシチュエーションも考慮しながら検討するとよいでしょう。

対象年齢

ベビーシートによって、使用できる対象年齢が異なります。いつ頃まで使用したいのかを購入前にイメージしておくと商品を選びやすくなるでしょう。

適合車種

ベビーシートによって取り付け方法が異なるため、車種によっては使用できないケースもあります。そのため、装着予定の車が適合しているのかどうか、各メーカーの「車種別チャイルドシート適合表」を確認することが大切です。

安全性

現在、日本で使用が認められているベビーシートには「Eマーク」、または「自マーク」と呼ばれるものが貼りつけられています。「Eマーク」は、国土交通省の安全基準を満たしていることを示すものです。また、輸入品の場合は「米国安全基準」やECE規制(ヨーロッパ)が適用されています。この点も購入時にチェックするようにしましょう。

ベビーシートの人気オススメ12選

数あるベビーシートのなかから、おすすめ12選をピックアップしてみました。ぜひ参考にしてみてください。

タカタ 04アイフィックスWS ISOFIX(アイソフィックス) チャイルドシート(0~4歳向け) ブラック TKIFXWS003

Child Guard(チャイルドガード) ISOFIX固定 タカタ04アイフィックス WS ブラック 日本製 0か月~ (1年保証) TKIFXWS003Child Guard(チャイルドガード) ¥ 66,000 ※2020/01/23 11:33 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

車のエアバッグ技術を応用した「タカタ」独自のエアパッドを搭載したベビーシート。万一の正面衝突時も、頭部のクッションが衝撃を吸収して、赤ちゃんをしっかりガードしてくれます。取り付け方はISOFIX式。成長や体格に合わせて、高さを簡単に調節することが可能。ショルダーアジャスターもワンタッチで操作できるように設計されているので、ママ1人でもラクラクです。
本体サイズ:W415×D620×H655(mm)
製造国:日本
機能:ISOFIX対応チャイルドシート
対象:0ヶ月 ~ 48ヶ月

エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシート クルットNT2プレミアム 【シートベルト取付】 

エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシート クルットNT2プレミアム 【シートベルト取付】 新生児から4歳用(サンシェード付き/ワンタッチハーネス) チャコール ALB860カーメイト(エールベベ) ¥ 36,800 ※2020/01/23 11:33 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

シートベルトで取り付けるタイプのベビーシートです。シート裏でベルトを通す必要はなく、すべて見える部分で取り付け作業できるため、スムーズに固定することが可能。サイドにあるレバーで360度クルクルと回転し、赤ちゃんを抱っこしたままでもシートを簡単に動かすこともできます。サンシェードが他メーカーに比べ大きく設計されているのも特徴で、強い日差しでも赤ちゃんを紫外線からしっかりガードすることができるでしょう。
サイズ:高さ71×幅47×奥行き65cm(サポートレッグ収納時、サンシェード除く)
製造国:日本国
素材 :本体材質:ポリプロピレン(一部ポリアセタール、ナイロンなど) 本体カバー:「ママの手」クッションカバー : ポリエステル、ウレタンフォーム 本体クッション:発泡ポリスチレン、ウレタンフォーム
対象:0ヶ月 ~ 48ヶ月

新生児~4歳頃までのチャイルドシート 車内ゆったりコンパクトサイズ neb:o

【安全性を追求したスリムタイプのチャイルドシート】 (欧州安全基準 ECE-R44認定) 新生児から乳幼児まで使える(0~4歳) ふかふかシートカバーは洗濯可能 ドライブ中も安定した座り心地 (パープル色)システムK ¥ 9,480 ※2020/01/22 10:24 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

鮮やかなカラーがスタイリッシュなこちらのベビーシートは、スリムに設計されているのが特徴。そのため、車内にゆったりとしたスペースを確保することができ、軽自動車にも最適です。また、座面はふわふわとクッション性のある素材が用いられているため、赤ちゃんも快適。カバーも洗濯OKなので、汚れてしまっても安心です。
サイズ:(約)幅41cm 奥行き43cm 高さ62cm
製造国:中国
素材:本体 樹脂 シート:ポリエステル100%
重量:約5.3kg
機能:3点シートベルト固定式
対象:約0歳~4歳頃 体重;約18kg

Recaro レカロ ゼロワン アッシュグレイ RC6303.21547.07 新生児~4才頃までの360°回転式チャイルドシート

Recaro レカロ ゼロワン アッシュグレイ RC6303.21547.07 新生児~4才頃までの360°回転式チャイルドシート ISOFIX取付 ASPも標準装備のベーシックモデルRecaro Amazonで詳しく見る

「レカロ」の「ゼロワン」は、頭部・肩・腰・太もも部分に衝撃吸収材を内蔵。もしものときも衝撃を吸収し、赤ちゃんへのダメージを軽減するよう設計されています。ベルト部分も、ねじれにくいようにデザインされているため、装着時もストレスフリー。5段階のリクライニングで、赤ちゃんに合わせてきめ細やかに調節できるのも魅力です。
本体サイズ: 665~705(H)×446(W)×590~690(D)mm (ASP収納時、サポートレッグと幌は除く)
対象:0ヶ月 ~ 48ヶ月

マキシコシ チャイルドシート 【日本正規品保証付】

Amazonで詳しく見る

「マキシコシ」のこちらのベビーシートは、装着がしっかりできているかどうかを音と光で知らせてくれる機能を搭載。「しっかり固定したつもりができていなかった」といったうっかりミスを、この機能で防ぐことができます。また、シートは、ピンクやブルーなどカラフルなカラーも展開。機能だけでなく、デザインにおいてもママやパパのお気に入りが見つけられそうです。
本体サイズ:幅47.5×奥行61×高さ59.5cm
製造国:オランダ
対象:6ヶ月 ~

サイベックス CYBEX シローナ 【ISOFIX対応】回転式チャイルドシート(新生児~4歳頃向け) 

サイベックス cybex シローナ 【ISOFIX対応】 回転式チャイルドシート (新生児~4歳頃向け) トゥルーブルーcybex Amazonで詳しく見る

「サイベックス」は、欧州で高く評価されている人気のチャイルドシートブランドです。この「シローナ」は、前向き、後ろ向きにも装着することのできる、360度回転機能を搭載しているベビーシートで、装着時のママやパパの腰への負担も軽減。新生児~4歳ごろまで使用できるため、長く使えるのも魅力でしょう。
本体サイズ:約44×69×53-58cm
重量:約15kg
対象:0ヶ月 ~ 48ヶ月

GRACO (グレコ) ロングユースチャイルドシート マイルストーン アルミニウム GR 

GRACO (グレコ) ロングユースチャイルドシート マイルストーン アルミニウム GR 【新生児から12年間買い替えなしでこれ1台】 カップホルダー付 67166グレコ ¥ 23,100 ※2020/01/22 10:24 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

一般的なチャイルドシートは、長くても4歳ごろまでの使用となっていますが、この「グレコ」のシートは、なんと新生児~12歳までこれ1台で対応することが可能。新生児に対応した後ろ向きモード、体重9㎏からの前向きモード、そして15㎏から使えるジュニアモードと成長に応じて形を変化させることができるため、コストパフォーマンスも良好。カップホルダーも施されていて、使い勝手も抜群です。
本体サイズ]:【後ろ向き時】W:48 × D:72.5~88.5 × H:71.1~51.6 (cm) / 【前向き時】W:48 × D:64~60.5 × H:83~61.5 (cm) / 【ジュニアシートモード時】W:48 × D:55~55.5 × H:86.5~64.2 (cm) ※いずれもカップホルダーを除く
機能:シートベルト固定
重量:8.3kg
対象:新生児から11歳頃まで 体重2.5㎏から36㎏まで

リーマン ピピデビューフォルテ ノワールブラウン CF-404 3点式固定 チャイルドシート 0歳

リーマン ピピデビューフォルテ ノワールブラウン CF-404 3点式固定 チャイルドシート 0歳リーマン Amazonで詳しく見る

体温が高い赤ちゃんは、長時間座ると背中がムレてしまうことも。このシートは3Dメッシュ素材を使用し、通気性とクッション性を考慮して設計されているため、赤ちゃんも快適に過ごせます。取り付け方法も3ステップで簡単に完了!ママにとっても赤ちゃんにとってもおすすめのベビーシートです。
本体サイズ:W47.5×D52.5×H63cm
製造国:日本
対象:0ヶ月 ~ 48ヶ月

Mamakids 多機能ベビーシート 2way ~15ヶ月(13kg) まで Z-33 ブルー

Mamakids 多機能ベビーシート 2way ~15ヶ月(13kg) まで Z-33 ブルーMama&Kids Amazonで詳しく見る

ゆりかご、ベビーシート、ベビーラック、ベビーキャリーと4つの役割を果たしてくれるマルチな多機能タイプ。本体重量は、なんとわずか2.3㎏。おどろきの軽量設計で、ママの持ち運び時の負担も軽減できます。また、サンシェードにニット素材が用いられているのもめずらしく、おしゃれでありながら通気性にも優れています。
商品サイズ:幅38×奥行64×高さ57(cm)
素材:ポリプロピレン、pp綿(ポリプロピレン繊維)、ニット
本体重量:2.3kg
対象年齢:新生児~15ヶ月 体重13kgまで

マキシコシ チャイルドシート 【日本正規品保証付】 

Amazonで詳しく見る

ベビーシート・バウンサー・ベビーキャリー・ベビーカーと1台で4役もこなしてくれるマルチな「マキシコシ」のシート。本体重量も約4㎏と軽く、赤ちゃんを乗せたまま移動する負担も軽減されています。日よけや風よけにもなる「サンキャノピー」を標準搭載。カラーも豊富でおしゃれ好きなママにもぴったりな1台です。
本体サイズ:幅44×奥行67×高さ56cm
セット内容・付属品:サンキャノピー、ヘッドサポート
本体重量:4.05 Kg
対象:0ヶ月 ~ 15ヶ月

ドゥーナ doona インファントカーシート クラシカルグレイ

doona インファントカーシート クラシカルグレイ【グッドデザイン賞受賞/世界初チャイルドシートにもなるベビーカー】758006doona Amazonで詳しく見る

ヨーロッパ安全基準、米国安全基準をともに満たし、世界レベルの安全性を誇る「ドゥーナ」。この「インファントカーシート」は、チャイルドシートとベビーカーの機能を併せもつ多機能型で、ベビーカーからチャイルドシートへの取り付け方法もワンアクションでとっても簡単。パッドはクッション性に優れており、新生児から追加パーツなしで使用することができます。
本体サイズ:ベビーカー時:44×82×99cmチャイルドシート時:44×66×60cm
機能:5点式シートベルト
対象:0ヶ月

britax ベビーシート ベビーセーフアイサイズ コスモブラック 新生児~15ヶ月頃 【日本正規品保証付】

ブリタックス・レーマー 【日本正規品・条件付き無償交換保証あり】 チャイルドシート ベビーセーフアイサイズ コスモブラック 新生児~15ヶ月頃 ベビーシート BABY-SAFE i-SIZE BRX24376britaxrömer(ブリタックス(ブライタックス) レーマー) ¥ 39,600 ※2020/01/23 00:45 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

英国王室も使用していると言われている「ブリタックス・レーマー」のベビーシートは、安全性の高さからメルセデスベンツ等の有名自動車メーカーの純正チャイルドシートにも指定されています。大型のシートで、身長40cm~83cmまで使用することが可能。また、シートの取り外しは背もたれ後ろのレバーで行うため、背の低いママでもスムーズ。子どもだけでなく、ママやパパのことも考えて作られたベビーシートです。
本体サイズ:奥行67×幅44×高さ58 cm
対象:0ヶ月 ~ 15ヶ月

(文/まんだいみき)

あわせて読みたい記事はこちら

チャイルドシートマットの必要性は?人気&おすすめ11選!
チャイルドシートマットの必要性は?人気&おすすめ11選!
子供を車に乗せる時に使用するチャイルドシートやジュニアシート。 実は、子供を座らせる面は柔らかく作られていますが、裏面は意外に固い作りなのです。しかも、すべりやすい素材のものが多く、車の座席に置くと不安定な感じがして心配になりませんか? また、子供の食べこぼしや靴の汚れが、車の座席を汚さないかこちらも心配になりますよね。 しばらく使用したチャイルドシートを外してみたら、お菓子のカスや飲み物のシミが出てきてビックリなんてことがないために、おすすめしたいのが「チャイルドシートマット」です。「チャイルドシートマット」は愛車のシートを傷や汚れから守るアイテム。種類や素材にこだわりを持ったアイテムをピックアップしてご紹介します。
記事を読む
チャイルドシートの人気おすすめおもちゃ15選!種類・選び方・注意点は?
チャイルドシートの人気おすすめおもちゃ15選!種類・選び方・注意点は?
赤ちゃんが車内で楽しく過ごせ、大人が安全に運転できるための工夫のひとつといえば、チャイルドシートに乗ったまま使えるおもちゃ。ただ、チャイルドシートのおもちゃと一口にいっても、種類が豊富でどれがよいのか迷ってしまうかもしれません。「チャイルドシートのおもちゃをこれから買いたい」「使っているおもちゃがイマイチで買い替えたい」というママのために、今回はチャイルドシートのおもちゃに関する豆知識と人気おすすめ商品15選もご紹介!ぜひチェックしてくださいね。
記事を読む
チャイルドシートの日よけはどんな種類が人気?おすすめ10選
チャイルドシートの日よけはどんな種類が人気?おすすめ10選
夏の子供連れのお出かけは、日差しが気になりますね。車内まで容赦なく照りつける夏の太陽を遮る工夫が必要になります。そこで、車でのお出かけの際にぜひ検討してほしいのが、チャイルドシートの日よけ。ここではチャイルドシートの日よけについて説明し、おすすめ商品も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
記事を読む

あなたにおすすめ

注目コラム