雨の日の自転車送迎のおすすめ対策グッズ12選!

コラム
公開日:2018/08/28
更新日:2019/10/01
雨の日の自転車送迎のおすすめ対策グッズ12選!

ママたちにとって憂鬱なのが雨の日の保育園や幼稚園の送迎。特に普段から自転車送迎をしているママにとっては、送迎の時間に雨が降るかもしれないと聞いただけで気持ちがブルーになったりしますよね。雨の中子供と歩いて登園するのも大変だし、自転車に乗るのも一苦労。そんなママたちの負担が少しでも軽減される、雨の日の自転車送迎にお役立ちの対策グッズを集めました。

雨の日の自転車送迎ママ増加中

雨の日の歩き送迎の悩み

雨の日の送迎は本当に大変。次の日が雨だと天気予報で知ると、ブルーになりますよね。スマホのお天気アプリの雨雲レーダーをこまめにチェックして、送迎時間のお天気に備えるママも。
特に普段自転車送迎しているママにとっては、雨の中歩かせることはいつもの何倍もの負担が。
そんなママたちの雨の日の歩き送迎の悩みを聞いてみました。

●登園に時間がかかる

雨の日に歩かせると、途中で立ち止まったり、水たまりで遊びだしたり。いつもの倍以上も登園に時間がかかってしまいます。

●濡れて風邪をひく

レインコートを着るのを嫌がったり、傘をまっすぐさせずに、園に着く頃にはびちょ濡れで、風邪をひいてしまうことも。

●疲れてぐずる

普段自転車に乗っているので園までの距離に歩き慣れず、途中で疲れて抱っこをせがまれます。傘を差して荷物を持ちながらの片手抱っこは重労働。

●きょうだいが一緒ならではのトラブル

下の子をベビーカーに乗せて上の子を歩かせていたら、下の子が自分も傘を差して歩きたいと、ベビーカーから降りたがって大暴れ。また、反対に上の子が下の子を見て自分もベビーカーに乗りたいとぐずりだすことも。

雨の日の歩き送迎は、いつもにも増してトラブルが起こりやすく、送迎するママたちも疲労困憊している様子です。

レイングッズの種類が豊富になり自転車に乗るママが増加

機能もおしゃれ度も年々グレードアップし、種類が豊富になってきたレイングッズ。雨の日に自転車に乗るのを躊躇していたママたちも、レイングッズが増えたおかげで自転車に乗りやすくなり、自転車送迎する人も増えたようです。

雨の日の自転車送迎で想定されるアクシデント

歩き送迎よりも、時間や体力を短縮できる自転車送迎ですが、雨の日は自転車送迎ならではの悩みやアクシデントも色々と想定されます。

雨具を嫌がる子供たち

せっかく準備万端に雨具を装備をしても、いざ自転車に乗せるとなると嫌がる子供も。チャイルドシートに装着したレインカバーが顔や頭にかかって煩わしかったり、視界が悪くなって不快だと嫌がる子もいます。そんなときは子供の性格や体格に合ったレイングッズを選んで対策することで、子供がすんなり乗ってくれるようになり解決できる場合も。

滑りやすい道路の危険

自転車運転で一番転倒が多いのは、やはり雨の日。道路が濡れていると、どんなに気を付けていても滑ってしまうことは避けられません。また、視界が狭くなり車や歩いている人に気づきにくく、事故に繋がってしまうことも。雨の日に自転車に乗るリスクを知って、慎重に乗るようにしましょう。
どんなに急いでいてもゆっくりと走行すること、万が一転倒したときのために、子供にはヘルメットやベルトを付け忘れることのないようにしっかりチェックして、安全運転を心がけてくださいね。

ママの身体や持ち物が濡れてしまう

子供はレインカバーで濡れるのを防げますが、ママたちはレインコートを着るだけでは、全身を覆いきれません。送った後にそのまま出勤したりお出かけするママにとっては、髪の毛が濡れたり、メイクがとれたりすることも悩みの種。また、濡れることによって風邪をひいたり、特に冬場だと手が濡れるとかじかんで霜焼けのように痛くなったりもします。
また、登園カバンや自分の荷物が濡れるのも避けたいところです。

雨の日の自転車送迎にお役立ちの対策グッズ~チャイルドシート編~

出典:Amazon

子供が嫌がらないチャイルドシート対策グッズ

レインカバーが窮屈で嫌がる子供を、無理やり自転車に乗せるのは毎回大変。そんな嫌がる子供たちもすんなり乗ってくれる快適なチャイルドシートに変えてくれる対策グッズをご紹介します。

チャイルドシートの視界が広いレインカバー

●リトルキディーズ 子供乗せ自転車 チャイルドシート レインカバー

リトルキディーズ リア ブラックLittle Kiddy’s(リトルキディーズ) 参考価格:¥11,800Amazonで詳しく見る

室内空間が広く視界が360度見渡せて、閉鎖空間を嫌がる子供も安心です。身長によって高さが調整できるのも便利。お値段は他のレインカバーに比べると少々お高めですが、その分を上回る高いクオリティが人気で、入荷待ちのお店も多数。丈夫でおしゃれなのも人気のポイントです。

かさ上げパーツで手持ちのレインカバーを活用

●ハガビー 自転車 チャイルドシート レインカバー かさ上げパーツ

ハガビー (Huggabee) 自転車チャイルドシート レインカバー かさ上げパーツ ブラックハガビー(Huggabee) Amazonで詳しく見る

成長とともに座高が高くなり、レインカバーの天井部分が頭にかかるようになると子供たちも不快に。チャイルドシートのヘッドレストをかさ上げしてくれるこのアイテムは、手持ちのレインカバーを買い直しする必要もなく、経済的で嬉しい!

雨の日の自転車送迎にお役立ちの対策グッズ~レインポンチョ編~

出典:Amazon

大きめがおすすめ!レインポンチョ

傘を差せないから、ママはレインポンチョやレインコートを着ることは必須です。なるべく濡れる部分を少なくするために、大きめのロング丈を選ぶのがおすすめ。デザインも豊富に出ているので、お気に入りのものが見つかれば、雨の日も気分が上がります。

柄バリエが豊富なおしゃれブランドのレインポンチョ

雨を通さない機能面はもちろん、おしゃれさも兼ね備えたレインポンチョが豊富なブランドをご紹介します。

●Kiu 

ワールドパーティー(Wpc.) レインコート キウ(KiU) ポンチョ マウンテン フリーサイズ K29-066キウ(Kiu) Amazonで詳しく見る

鮮やかなデザインが豊富にそろっていて、選ぶのも楽しいKiuのレイングッズ。レインハットやレインバッグなどとお揃いで揃えるのも可愛いです。

●DANKE 

ダンケ レインケープ 全18色 レインポンチョ ピンク ドット フリー 収納袋付き パッカブル DWZ0614 [正規代理店品]ダンケ(Danke) Amazonで詳しく見る

ドイツのデザインブランドDANKEのレインケープは、パパと共有して使えそうなおしゃれなユニセックスデザインがたくさん見つかります。

●43Degrees 

43DEGREES レインコート レインポンチョ レインパーカー Dot Mix Freeサイズ43Degrees Amazonで詳しく見る

北海道発のアウトドアブランドが手がけるレイングッズは、スノボウェアのようにカラフルでおしゃれなものが豊富。

雨の日の自転車送迎にお役立ちの対策グッズ~顔回り編~

出典:Amazon

安全運転とメイク崩れ防止に効果的!ママの顔回りグッズ

レインコートやレインポンチョのフードをかぶるだけでは、自転車をこいでいるうちに向かい風などでフードがぬげそうになることも。うしろにずれてしまうフードを片手で押さえながら運転するのは危なく、ママの顔もけっこう濡れてしまいます。そんなときにあると便利なのが、視界を確保してくれる顔回りグッズ。視界を広げて安全運転に役立つだけでなく、メイク崩れも防げて一石二鳥です。

サッと羽織れるバイザー付きレインコート

●krosta レインコート バイザー取り外し可能 

Krosta(クロスタ) レインコート メンズ レディース 兼用 [バイザー 取り外し可能] 自転車 通勤通学 ポンチョ フリーサイズ (ローズピンク)krosta(クロスタ) 参考価格:¥2,480Amazonで詳しく見る

バイザー付きのレインコートは1枚羽織るだけで顔も体も雨から守ってくれるので、雨の日も準備時間が短縮され、忙しいママに嬉しいアイテム。フードに直接バイザーがついているので、乗っている最中にバイザーがずれることなく視界を保てます。ロング丈で服をすっぽり覆ってくれて、全身が濡れにくいのもおすすめポイント。

しっかりと顔をカバーしてくれるレインバイザー

●アイメディア レインクリアバイザー 

アイメディア レインクリアバイザーアイメディア (Aimedia) 参考価格:¥937Amazonで詳しく見る

雨がしっかり降っている日も、顔全体を覆ってくれるレインバイザーは、視界が広く保ててレイングッズの中でも自転車運転の安全性が高いアイテム。フードの上からかぶれば、フードのずれを気にせず両手運転もしっかりできて◎。顔が濡れないのでメイク崩れも防げて、園に送った後そのまま出勤したりお出かけに行くママにもおすすめです。

快適さとおしゃれさを兼ね備えたレインハット

●ザ・ノース・フェイス ゴアテックスハット

[ザノースフェイス] ゴアテックスハット GORE-TEX HatTHE NORTH FACE(ザノースフェイス) Amazonで詳しく見る

雨に濡れたくないけどレインバイザーには抵抗が…というママにはレインハットがおすすめ。バイザーほどの顔濡れ防御力はありませんが、フードをかぶるだけよりも確実に雨から顔を守ってくれて、視界も広がります。しっかりと撥水してくれるアウトドアブランドのゴアテックスタイプのハットを選べば、快適さとおしゃれさを両立。夏のプールや海遊び、フェスなどにも使えるので、一つ持っていると便利なアイテムです。

雨の日の自転車送迎にお役立ちの対策グッズ~手足&荷物編~

出典:Amazon

手足濡れ防止グッズ

雨の日は全身装備したつもりでも、忘れがちなのが手元と足元。長め袖のレインポンチョやレインコートで隠したり、レインブーツでカバーできればいいですが、カバーしきれない場合はこんなグッズがあれば便利です。

撥水加工のハンドルカバー

●川住製作所 ハンドルカバー オールシーズン 電動アシスト車対応

川住製作所 ハンドルカバー オールシーズン 電動アシスト車対応 迷彩 KW-784MG川住製作所 Amazonで詳しく見る

特に寒い季節は冷たい雨で手がかじかんで霜焼けになってしまうこともあるので要注意です。逆に夏は紫外線対策にも使えるので、オールシーズン使えます。ハンドルカバーはおばさんぽくて…というママも、無地や迷彩などハンサムデザインを選べばおばさんぽさを回避できます。

レインブーツが履けないときに便利な足元カバー

●TRUSCO 足カバー

TRUSCO(トラスコ) 足カバー ロング ネイビー TLCLNトラスコ中山(TRUSCO) 参考価格:¥527Amazonで詳しく見る

子供を送ったらそのまま出勤したいけれど、オフィスにレインブーツを履いていくのは浮いてしまいそう、というときに役立つのがレッグカバー。ズボン付きのレインコートほど大袈裟にならず、簡単に着け外しできます。足元が目立ちすぎないようにシンプルなデザインを選ぶのがおすすめ。

荷物の濡れ防止対策

雨の日はビニールやポリ素材のショップの袋に荷物を入れているママも見かけますが、撥水のカゴカバーをつけたり、レインバッグがあれば、毎回袋を用意する手間もなく便利。

荷物をすっぽり覆うカゴカバー

●MIMOSA 自転車前かごカバーオリジナル ロゴ

ミモザ ロゴ 自転車前カゴカバー レギュラーサイズ (ブラック)MIMOSA 参考価格:¥3,175Amazonで詳しく見る

園バッグやママの荷物もすっぽり覆ってくれて安心。普段から荷物の落下防止や盗難防止にもなる便利グッズです。

濡れても大丈夫!レインバッグ

●ルートート レイニールー トートバッグ

[ルートート] ROOTOTE rainyROO(レイニールー)トートバッグ LT-C 2602 260203 (tiles)ROOTOTE(ルートート) Amazonで詳しく見る

表面がテフロン加工されていてバッグの中に水を通さず、中の荷物を雨から守ってくれます。荷物がしっかり入る大きめサイズも使いやすい。

対策グッズ活用術

雨の日の自転車送迎の負担を軽減してくれる様々な対策グッズ。種類が多いからこそどれを買おうか迷ってしまいますよね。特に、これから雨の日自転車デビューを考えているママは、本当に必要なものを少しずつ揃えていくと、失敗なく活用できます。

また、カラフルで可愛いグッズが多いからこそ、組み合わせに気を付けて全体のコーディネートを考えて選ぶと、雨の日の自転車スタイルもファッション感覚で楽しめます!

それぞれの目的に合わせたグッズ選びとコーディネートで、雨の日の自転車送迎が少しでも安全で快適になるといいですね。

(文/藤井万理)

あなたにおすすめ

注目コラム