おすすめ葉酸サプリ人気7選!妊娠中はいつからいつまで必要?

 専門家監修
公開日:2018/07/17
更新日:2019/01/16
おすすめ葉酸サプリ人気7選!妊娠中はいつからいつまで必要?

妊婦さんにとってたいせつな栄養素である「葉酸」。妊娠がわかると摂るようにお医者さんや助産師さんから指導されるなど、急によく聞くようになります。ですが、実際妊娠初期からどこまで必要なのか、いつまで気をつければいいのかなど、少々わかりにくいところも。妊婦に必要な栄養素「葉酸」についての素朴な疑問をまとめてみました。

そもそも葉酸とはどんな栄養素?

葉酸とは、水溶性ビタミンのひとつでビタミンB群の仲間です。1941年に、ほうれんそうの葉から発見された栄養素なので、「葉酸」と名づけられています。細胞の生産や再生に関わる大切な栄養素ということで、2002年から日本でも母子手帳に「葉酸」摂取の重要性について、記載されるようになりました。それ以降、妊娠したら葉酸が必要!という認識が広まっていきました。

妊婦にとって葉酸はどうして必要?どのような効果がある?

葉酸はDNAの合成や細胞分裂に不可欠な栄養素。つまり、どんどん細胞を増やし成長していく胎児の成長に必須な栄養素で、妊娠初期にはとくに多くの葉酸が必要とされています。通常の食事からも摂取できる葉酸ですが、妊娠初期は妊娠前の2倍の量が必要なため、食事ではまかなえず、サプリメントで追加摂取することがすすめられています。神経管閉鎖障害(無脳症)といった胎児の先天異常のリスクをへらすとされ、妊娠初期はとくに葉酸摂取が推奨されるのです。

妊娠中のママのためのベルタ葉酸サプリ

葉酸サプリは妊娠中のいつからいつまで飲むべき?

妊娠計画中から、妊娠3か月ころまでの初期の妊婦さんは特に必要とされていますが、流産・早産や、胎児発育不全なども葉酸不足と関連があると言われており、妊娠中期以降も葉酸摂取がおすすめです。産後も実は、葉酸をとっているとよいのだそう。なぜなら、新しい細胞をつくる働きがある葉酸は、別名「造血のビタミン」とも呼ばれていて、血流の改善効果があるから。産後必要となる、母乳は血液からつくられるので授乳期も積極的に摂りたい栄養素なのです。妊娠前と比べ、100㎍多い、340㎍を摂るように推奨されています。

妊婦が飲む葉酸サプリの適量は?

葉酸は、できれば食事だけでとりたいところ。しかし体内に蓄積されにくい特徴があるため、毎日コツコツとる必要が。さらに水や熱、光にも弱い性質で、必要な葉酸の量をすべて食事でまかなうのはなかなか困難です。ちなみに野菜で換算してみると、中期以降400g(妊娠前よりも+50g)、後期以降は450gが必要なのだそう。ワーママも多い昨今、計算も大変ですし、サプリメントもとりいれて効率よく、継続して飲むようにするのが賢い選択です。

1日に摂取したい葉酸推奨量

●成人女性 240㎍

初期の妊婦さん 880㎍

●中期以降の妊婦さん 480㎍

●授乳中のママ 340㎍ (厚生労働省 日本人の食事摂取基準 2015年版より)

葉酸が不足、過剰摂取したときはどうなる?

葉酸は、赤ちゃんの成長にとって必要な栄養素ということはわかりましたが、不足するとどうなるのでしょう。前述したように、無脳症といわれる神経管閉鎖障害の胎児の先天異常のリスクを減らせるほか、流産、早産、胎児の発育不全なども葉酸不足と関係するといわれているため、意識して摂る必要があります。また、過剰摂取の心配ですが、葉酸は熱に弱く、調理などで半分は失われてしまうため、食事だけで摂取する場合、とりすぎるということはありません。長期にわたって大量摂取したときに、亜鉛の吸収が阻害されることがあるようですが、1,2日とりすぎたとしても問題ありません。ただし、サプリメントでのとりすぎで、血液検査のときに貧血が数値にあらわれず、正しく診断できないこともあるとか。1日あたりの耐用上限量(900~1000㎍)を参考に適量を摂取するようにしましょう。

葉酸は天然と合成どっちがいいの?

葉酸を摂取するための方法としては、第一に食事。その足りない分を葉酸サプリメントで補うというスタイルを取り入れている人が多いようです。「天然」の葉酸(=ポリグルタミン酸)は、野菜に多く含まれているもので、とくに多いのがほうれんそうを代表とする葉野菜、ブロッコリー、枝豆、ソラマメ、フルーツ、豆類などですが、熱に弱いので調理後は減ってしまいます。乾物などは戻し汁も使うようにすると、効率よく「天然」の葉酸が食事からとれそうです。

一方、「合成」葉酸(=モノグルタミン酸)は、サプリメントに使われるもので、天然由来の成分であっても体内への吸収をよくするために「合成」されています。(だからといって、ママや赤ちゃんに影響があることはありません)。
食品に含まれる葉酸と、サプリメントの葉酸の大きな違いはなにかというと、体内への吸収率。食品でとれる天然の葉酸は平均して50%の吸収率。サプリなどの合成葉酸は85%という効率のよさ。だからといって、サプリだけで葉酸をとるということを考えず、バランスよく食事をするのがまずは基本。たくさんの食材を使って野菜たっぷりの食事をとりながら、足りない分をサプリメントでという形が、やはりよさそうです。

監修
上田玲子先生
帝京科学大学教育人間学部教授 栄養学博士
栄養学博士・管理栄養士。小児栄養学の第一人者として活躍するかたわら、トランスコウプ総合研究所取締役として栄養コーチングの手法を開発。日本栄養改善学会評議員や日本小児栄養研究会運営委員なども務める。『はじめてママ&パパの離乳食』『離乳食大全科』(主婦の友社)など監修書多数。

妊娠中のママのためのベルタ葉酸サプリ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム