小学生の読書感想文におすすめの本!学年別17冊

コラム
公開日:2019/02/06
小学生の読書感想文におすすめの本!学年別17冊

小学生の夏休みの宿題は、例年たくさんの量がありますよね。漢字の書き取りや算数のドリル、絵日記などももちろん大変ですが、自由研究とならんで子どもが苦戦する宿題は「読書感想文」ではないでしょうか。読書感想文では、どの本を選んで書くのかがやはり大きなポイントになります。そこで今回は、小学生の読書感想文について、本の選び方やおすすめの17冊もご紹介!読書感想文で悩んでいる親子は必見です。

読書感想文の本についてママたちにインタビュー!

実際に、小学生の子どもが読書感想文を書いたことのあるママたちに、口コミや体験談を聞きました。

小学校低学年ママのアドバイス

「小学低学年の子どもが読書感想文に取り組むときは、本選びから親の協力が必要だと思います。学校でも読書感想文の授業はありますが、不慣れな宿題は家庭でも親が助け船を出してあげるほうがベター。できればいっしょに本を読みながら、『どこの部分が面白かった?』『このとき、登場人物の気持ちはどうだと思う?』などと子どもの感想を引き出してあげるよう心がけています。息子も、少しずつ読書感想文のコツをつかめるようになりました」

小学校中学年ママのアドバイス

「娘の祖父(私の実父)は、元高校の国語教師。近所に住んでいるので、読書感想文や作文の指導は父に任せています。『先生からほめられるために書こうとせずに、自分の考えを自由にね』というのが昔も今も父の口グセ。私も小学生のころ同じアドバイスをされて、読書感想文を書くのがすごく楽しくなったことを覚えています。おかげで、娘の読書感想文はのびのびとしていて、本の魅力が伝わる内容。思わずその本を読みたくなります」

小学校高学年ママのアドバイス

「息子の担任の先生は、夏休みの宿題以外でもよく読書感想文を書かせます。最初は嫌がっていた息子も、書きなれていくうちに意義を見出したようです。今では、『読書感想文って、考えるために書くんだね』と大人びた発言をするように!割と本を読む子でしたが、『ただ読書していたときよりも、本の内容が頭に残りやすくなった』とも話していました。小学校中学年までは親が付きっきりで読書感想文を書いていたのが、今ではうそのようです」

読書感想文の本の選び方が知りたい!

読書感想文の本は、どのようなポイントで選ぶと良いのでしょうか?

テーマ

読書感想文コンテストの課題図書に選ばれたり、良書としてベストセラーになっている本は、第三者からの信頼度が高いので、つい子どもに読ませたくなりますよね。しかし、親がどんなにすすめても、実際に本を読んで読書感想文を書くのは子ども本人。あまりに興味のないテーマでは、読書感想文を書くエンジンがなかなかかからないかもしれません。つまり、子どものセンスにまかせて、好きな本を選ばせるのが1番でしょう。子どもが得意なジャンルや好きなストーリー、親しみやすい挿絵など、どこから入ってもOKです。

感情移入

読書感想文で大切なのは、登場人物の心情を読み取ること。つまり、感情移入しやすいキャラクターやストーリーであることも、読書感想文の本を選ぶポイントとなります。喜び・悲しみ・怒り・苦しみ・絶望や無の境地など、子どもの琴線にしっかりとふれる本がおすすめです。小学校低学年のときは単純なもの、小学校中学年では少し高度なもの、そして小学校高学年では複雑であっても読み解けるような感情を描いたものが、読書感想文の本として適しているかもしれません。親子で本を選びかねるときはレビューを参考にしたり、図書館司書や書店員さんにアドバイスをもらうのも一案です。

ページ数

子どもの学年に適した本のページ数はどれくらいなのでしょうか?そこで、公益社団法人全国学校図書館協議会と毎日新聞が主催する(後援/内閣部・文部科学省、協賛/サントリーホールディングス株式会社)「第64回青少年読書感想文全国コンクール」(2018年度)の課題図書全12冊について、小学校の学年別にページ数を調査しました!ぜひ、目安にしてください。

小学校低学年

1. ルラルさんのだいくしごと (ポプラ社):32ページ
2. きみ、なにがすき?       (あかね書房):63ページ
3. なずずこのっぺ?       (フレーベル館):48ページ
4. がっこうだってどきどきしてる (WAVE出版):32ページ

32~63ページという結果に!文字数や挿絵の数などにもよりますが、低学年の子どもには100ページ未満の本が良いかもしれません。

小学校中学年

1. レイナが島にやってきた!      (理論社):136ページ
2. 森のおくから:むかし、カナダであったほんとうのはなし(ゴブリン書房):38ページ
3. 最後のオオカミ              (文研出版):112ページ
4. すごいね!みんなの通学路 (西村書店): 34ページ

中学年にもなると、内容やページ数もぐーんとレベルアップ!とはいえ、いきなり100ページ超の本を読破するのは難しいことも。子どもの実情に合うページボリュームから始めるのがベターです。

小学校高学年

1. 奮闘するたすく             (講談社):242ページ
2. こんぴら狗             (くもん出版):344ページ
3. ぼくとベルさん:友だちは発明王 (PHP研究所):222ページ
4. クニマスは生きていた! (汐文社):164ページ

高学年になると読書のスピードや読解力も上がるため、200ページ前後から300ページ超の本が多くなるようです。ただし、読書のペースには個人差があるので、内容を忘れないうちに読書感想文に取りかかれるページ数の本を選びましょう。

小学校1・2年生におすすめの読書感想文の本が知りたい!

1年生からよめる日本の名作絵どうわ (4) ごんぎつね

ごんぎつね (1年生からよめる日本のめいさく絵どうわ)岩崎書店 ¥ 1,080 ※2019/04/18 15:20 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
主人公の「ごん」はいたずらぎつね。ある日、村人の「兵十」が病気の母親のために獲った魚にいたずらをしているところを見つかり、慌てて逃げたためあやまってうなぎを持ち帰ってしまいます。その後、兵十の母親が亡くなったことを知り、反省したごんは、償いの日々を送りますが……。

【この本のポイント】
新美南吉の名作。起承転結がわかりやすく、読書感想文向きの1冊です。完全なハッピーエンドではないので、多少複雑な読後感はあるかもしれません。しかし、ごんが改心したあとの純粋な気持ちと行動に、思わず胸を打たれるでしょう。

著者(出版社):作/新美南吉、絵/南 伸坊、編/宮川健郎(岩崎書店)
出版年月日:2012年6月30日
ISBN:9784265071142
判型・ページ数:A5・64ページ

かわいそうなぞう

かわいそうなぞう (おはなしノンフィクション絵本)金の星社 ¥ 1,188 ※2019/04/18 15:20 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
第二次世界大戦中、上野動物園の象が殺処分された実話を描いています。空襲で園舎が破壊され、逃げ出した動物が人に危害を加えないようにと、動物園は猛獣の殺処分を決定。最後に残った象3頭を、毒入りのエサや注射で処分しようと試みますが、失敗に終わります。ついには、象たちの水やエサを断ち、餓死させることになるのですが……。

【この本のポイント】
戦争の愚かさや悲惨さを描いた名作。大切な象の殺処分に応じねばならない飼育員の葛藤や、エサをもらおうと必死に芸を見せる象の姿には、深く心打たれます。夏休み期間中は平和学習の機会も多いので、読書感想文の本に選ぶことでより平和への理解を深めたい。

著者(出版社):文/つちやゆきお、絵/たけべもといちろう(金の星社)
出版年月:1970年8月
ISBN:978-4-323-00211-8
判型・ページ数:B5・32ページ

教室はまちがうところだ

教室はまちがうところだ子どもの未来社 ¥ 1,620 ※2019/04/18 15:20 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
教室で手を挙げて発表することは、小学生の誰もが緊張するもの。こちらの「教室はまちがうところだ」に登場する先生は、子どもの気持ちに寄り添いながらも、失敗を恐れずに発表することの大事さを説いています。「間違いから本物を見つけ、そこから教室全体で伸びて行こう」と語る先生に、生徒たちの反応は……?

【この本のポイント】
全国の学校で愛されてきた、蒔田晋治氏の詩を絵本化した作品。「こんな教室にしたい!」と子どもや教師、保護者からも愛読され続けているベストセラーです。人前に立つのが苦手な子どもにおすすめで、読書感想文を通して発表について考える機会にしてほしい1冊。

著者(出版社):作/蒔田 晋治、絵/長谷川知子(子どもの未来社)
出版年月日:2004年4月23日
ISBN:978-4-901330-40-4
判型・ページ数:A4変・32ページ

ほんとうのことをいってもいいの?

ほんとうのことをいってもいいの?BL出版 ¥ 1,404 ※2019/04/18 15:20 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
母親をだまして友達と遊びに行こうとした、主人公の「リビー」。しかし、初めてうそを付いたあと、自責の念に駆られます。その日から、リビーは真実だけを口にしようと誓うのですが、正直であろうとするほど友達を傷付けてしまうことに。混乱するリビーがたどり着いた答えとは……?

【この本のポイント】
正直さの前に、相手の気持ちを考えることの大切さを教えてくれる良書。無邪気な小学校低学年でも、友達付きあいに悩む子どもも少なくないでしょう。この本を選ぶことで、対人関係について親子で考えるきっかけにしたいですね。

著者(出版社):文/パトリシア・C・マキサック、絵/ジゼル・ポター、訳/福本 由紀子(BL出版)
出版年月日:2002年5月1日
ISBN:4-89238-560-3
サイズ・ページ数:28×23cm・34ページ

メガネをかけたら

メガネをかけたら小学館 ¥ 1,620 ※2019/04/18 15:20 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
主人公の女の子は、視力が落ちてメガネが必要になります。しかし、クラスで1人だけメガネをかけることを頑なに拒否。友達にからかわれるのが嫌で、「頭が良くなるなら」「宇宙まで見えるなら」「可愛いと思われるなら」とワガママを言っては大人を困らせます。ついには、不本意ながらも学校へメガネをかけて行った女の子ですが……。

【この本のポイント】
初めてメガネをかける女の子の不安な心情を描く、感動ストーリーです。作者は、長年小学校教師を勤めた人物。作者によると、この本で読書感想文を書くときは、子ども自身が初めて経験したことと、そのとき見守ってくれた人について盛り込むのがおすすめだそう。

著者(出版社):作/くすのきしげのり、絵/たるいしまこ(小学館)
出版年月日:2012年9月26日
ISBN:9784097264859
判型・ページ数:菊12取り・36ページ

あらしのよるに

あらしのよるに ちいさな絵童話 りとる講談社 ¥ 1,080 ※2019/04/18 15:18 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
舞台は、嵐の夜の真っ暗な小屋。そこへ逃げ込んだ2匹の動物は、お互いの姿が見えないながらも意気投合します。しかし、実はこの2匹はオオカミとヤギで、本来ならば捕食する側とされる側の関係。風邪を引いて鼻が利かず、お互いが何者かがわからなかったのです。翌日の昼間、「あらしのよるに」を合言葉に再会を誓う2匹ですが……。

【この本のポイント】
本来なら友達にはならないオオカミとヤギの、心温まる交流を描いた作品。ハラハラドキドキの要素だけではなく、なんとなくかみ合わずにクスリと笑える2匹のやりとりもあります。読者に委ねる形になっている結末を想像して、読書感想文を書くのもおもしろいですね。

著者(出版社):作/木村 裕一、絵/あべ 弘士(講談社)
出版年月日:1994年10月20日
ISBN:978-4-06-252852-8
判型・ページ数:A5変型・48ページ

小学校3・4年生におすすめの読書感想文の本が知りたい!

はれときどきぶた

はれときどきぶた (あたらしい創作童話 13)岩崎書店 ¥ 1,188 ※2019/04/18 13:52 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
小学生で主人公の「則安君」は、日記を毎日付けるのが習慣。ある日、母親から日記を盗み読みされた則安君は、驚かすためにでたらめな内容を書くことにします。「えんぴつを天ぷらにする」「金魚が部屋を飛び回る」という内容が現実となり、さらには「ぶたがふるでしょう」というでたらめな天気予報も当たってしまい……?

【この本のポイント】
日記に書いたことがすべて現実に起こる、大人気のベストセラー。言葉のチョイスやイラストも楽しく、子どもの大笑いを誘います。本を読むのが苦手な子どもにおすすめしたい、読書感想文の本です。また、絵日記に苦手意識のある子どもにもぴったり。

著者(出版社):作・絵/矢玉四郎(岩崎書店)
出版年月日:1980年9月5日
ISBN:9784265916139
判型・ページ数:B5変型・80ページ

大きい1年生と 小さな2年生

大きい1年生と 小さな2年生 (創作どうわ傑作選( 1))偕成社 ¥ 1,080 ※2019/04/18 15:18 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
主人公は、体格が良いのに泣き虫な1年生「まさや」と、背は小さくても勝ち気でしっかり者の2年生「あきよ」。普段は、怖がり屋のまさやをあきよがリードしてくれます。しかし、ある日まさやはあきよの涙を目撃。あきよが摘んだ花を、上級生からめちゃめちゃにされたことを知ったまさやは、勇気を振り絞って花を摘みに向かいますが……。

【この本のポイント】
子どもの友情と自立がテーマになっています。まさやの勇気ある行動に、本を読んだ子どもは刺激を受けるでしょう。冒頭には、登場する場面の地図を掲載。子どもの想像力をかき立て、読書感想文を書く前にストーリーを整理するのにも役立ちます。

著者(出版社):作/古田足日(偕成社)
出版年月:1975年11月
ISBN:978-4-03-550030-8
判型・ページ数:B6・166ページ

チョコレート戦争

チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)理論社 ¥ 1,296 ※2019/04/18 15:18 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
物語の中心となる舞台は、子どもたちが憧れる町一番の洋菓子店「金泉堂」。主人公の「光一」と「明」は、学校帰りに金泉堂のショーウィンドー前でチョコレート製のお城を眺めていると、突然目の前のガラスが割れてしまいます。お店の人から犯人扱いされて腹を立てた2人は、金泉堂で見たチョコレートのお城を盗む計画を立てますが……?

【この本のポイント】
主人公やその仲間の子どもたちと、金泉堂の大人たちとの戦いがユーモラスに描かれています。ジェットコースターのような展開ですが、それだけ読書感想文のネタになる場面が多いということ。子どもたちの奮闘と大人の潔さも描かれていて、爽快な読後感です。

著者(出版社):作/大石真、絵/北田卓史(理論社)
出版年月:1999年1月
ISBN:978-4-652-00502-6
判型・ページ数:A5・189ページ

シャーロットのおくりもの

シャーロットのおくりものあすなろ書房 ¥ 1,620 ※2019/04/18 15:18 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
少女「シェーン」に救われたひ弱な子豚「ウィルバー」は、飼われていた納屋でクモの「シャーロット」と出会います。屠殺される自身の運命におびえていたウィルバー。賢いシャーロットのサポートで人間から特殊能力を認められ、食肉加工を免れることに。ところが、シャーロットの命が尽きてしまい、友達を失ったウィルバーは悲しみに暮れて……。

【この本のポイント】
動物の世界を舞台にし、生と死をテーマにした感動作。世界中で愛され続けるロングセラーでもあります。シャーロットの死後、たくさんの子グモが誕生する場面では、生と死が表裏一体であることを学べるでしょう。子豚やクモに感情移入する子どもも多いようです。

著者(出版社):作/E・B・ホワイト、絵/ガース・ウイリアムズ、訳/さくまゆみこ
出版年月:2001年2月
ISBN:978-4-7515-1889-2
判型・ページ数:A5・224ページ

魔女の宅急便

魔女の宅急便 (福音館文庫 物語)福音館書店 ¥ 756 ※2019/04/18 13:53 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
主人公の「キキ」は、「1人前の魔女になるために、1年間見知らぬ街で暮らす」という掟に従って、13歳の満月の夜に修行へ旅立つことに。相棒の黒猫「ジジ」もいっしょです。たどり着いた大きな海辺の街で、なんとか新生活を整えるキキ。唯一の特技であるホウキで空を飛ぶことを活かして、下宿先のパン屋でお届けもの屋さんを始めますが……?

【この本のポイント】
映画化や舞台化もされた有名な作品。原作では、主人公キキの描写がメインです。修業中は、宅配便の仕事に行き詰ったり、空飛ぶ魔法が使えなくなったりして、キキがピンチに見舞われる場面も。小さな魔女の成長物語に、子どもが自己投影できる1冊です。

著者(出版社):作/角野 栄子、画/林 明子
出版年月日:1985年1月25日
ISBN:978-4-8340-0119-8
サイズ・ページ数:21×16cm・272ページ

小学校5・6年生におすすめの読書感想文の本が知りたい!

注文の多い料理店

注文の多い料理店 (ポプラポケット文庫 (351-1))ポプラ社 ¥ 616 ※2019/04/18 15:17 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
主人公は、山奥へと狩猟にやって来た2人の青年紳士。しかし、獲物はまったく得られず、異様な雰囲気になった山では案内人は姿を消し、2匹の猟犬が変死してしまいます。帰路も見失ったところで、「西洋料理山猫軒」と書かれた一軒家を見つけ、そこへ入店。しかし、店内の注意書きに従って行くうちに、紳士2人は恐ろしいことに気付いてしまい……?

【この本のポイント】
児童文学作家・宮沢賢治の代表作。損得ばかりに意識を向ける青年紳士たちの傲慢さに、大いなる自然がお灸をすえる展開です。また、見捨てた猟犬にピンチを救われる場面では、小学校高学年なら作者がストーリーに込めた皮肉を感じ取れそう。

著者(出版社):著/宮沢 賢治(ポプラ社)
出版年月:2005年10月
ISBN:978-4-591-08855-5
判型・ページ数:B6変型・206ページ

坊っちゃん

坊っちゃん (新潮文庫)新潮社 ¥ 334 ※2019/04/18 15:17 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
主人公の「坊ちゃん」は、幼少期から無鉄砲で気性が荒く、家族からも疎まれる存在。父親の死後、その遺産で進学して四国で中学の数学教師となります。元来の性格ゆえに、さまざまな問題を起こしますが、やがて同僚の「山嵐」とひょんなことから意気投合。ある悪い同僚に陥れられた山嵐のために、坊ちゃんがひと肌脱ぐのですが……?

【この本のポイント】
松山中学在任時代をもとにした文豪・夏目漱石の代表作。近代小説に勧善懲悪のストーリーを復活させた作品とも言われています。読書感想文として取り上げるときは、ほかの漱石作品のテーマや人物描写と比べてみるのもおすすめ。

著者(出版社):著/夏目漱石(新潮社)
出版年月日:1950年2月2日
ISBN:978-4-10-101003-8
判型・ページ数:文庫判・216ページ

バッテリー

バッテリー (教育画劇の創作文学)教育画劇 ¥ 1,512 ※2019/04/18 15:17 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
主人公のひとり「原田巧」は、天才肌のピッチャー。引っ越し先の中学校で、実力派のキャッチャー「永倉豪」と出会います。理想の野球をきわめたい巧と、現実に折り合いも付けたい豪の2人は、衝突をくり返しながらも成熟したバッテリーに成長。しかし、厳しい監督との摩擦や、先輩からの嫉妬や反感など、大きな障害もあって……?

【この本のポイント】
野球をメインにした、有名な青春ストーリー。主人公2人の友情話だけでなく、思春期の男の子ならではの悩みも丁寧に描写されています。主人公と年齢が近い小学校高学年の男子はより感情移入しやすので、読後はすぐ読書感想文に取りかかれそう。

著者(出版社):作/あさのあつこ、絵/佐藤真紀子
出版年月日:1996年12月1日
ISBN:978-4-8769-2581-0
ページ数:243ページ

冒険者たち ガンバと15ひきの仲間

冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫044)岩波書店 ¥ 821 ※2019/04/18 13:53 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
主人公の「ガンバ」は、床下に住むドブネズミ。幼馴染の「マンプク」に誘われて海を見る旅に出たところ、港で船乗りネズミの集会に参加することに。そこで出会った満身創痍のネズミ「忠太」に懇願され、ガンバとその仲間たちはイタチの一族に襲われた忠太の仲間を助けに行きます。しかし、「ノロイ」率いるイタチ一族との戦いは熾烈を極めて……?

【この本のポイント】
「グリックの冒険」のスピンオフ作品。忠太の仲間がいる島に上陸する後半部分からは、めまぐるしい展開にハラハラドキドキするでしょう。物語のテーマは、好奇心・冒険・愛・友情・犠牲などが複雑に絡み合います。さまざまな切り口から読書感想文が書けそうです。

著者(出版社):作/斎藤 惇夫、画/薮内 正幸(岩波書店)
出版年月日:2000年6月16日
ISBN:9784001140446
判型・ページ数:規格外・394ページ

モモ

モモ (岩波少年文庫(127))岩波書店 ¥ 864 ※2019/04/18 15:17 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
主人公の「モモ」は、円形劇場の跡地に住む女の子。モモにじっくり話を聞いてもらった人は、不思議と困りごとが解決すると言われていました。ある日、モモの街に現れた「灰色の男たち」は、巧妙な手口で人々から時間を奪い始めます。ついに、灰色の男たちの魔の手が及びそうになるモモ。協力者を得て、モモは街の人が奪われた時間を取り戻します。

【この本のポイント】
読書感想文用にと推薦されることの多い作品です。テーマの解釈としては、「忙殺されて生を見失った現代人への警鐘」や、「時間は貨幣を指し、現代の経済システムへ投げかけた疑問符」などさまざま。親子で読破して、それぞれの考えを討論し合うのも意義深いでしょう。

著者(出版社):作/ミヒャエル・エンデ、訳/大島 かおり(岩波書店)
出版年月日:2005年6月16日
ISBN:9784001141276
判型・ページ数:規格外・410ページ

増補新訂版 アンネの日記

増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)文藝春秋 ¥ 940 ※2019/04/18 15:17 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

【あらすじ】
ユダヤ人のアンネが、迫害から逃れるために生活した隠れ家でしたためた、有名な日記。実は、この「アンネの日記」には最初にノートに書いた日記と、のちに発表するために清書していた日記の2種類が存在していました。アンネの父親によってカットされた箇所も再現されていて、少女らしい等身大のアンネが見えてきます。新たに発見された5ページも追加。

【この本のポイント】
こちらの完全版では、アンネが母親や知人の悪口を述べたり、思春期ならではの姿を見せたりします。最初に発表された日記と比較検討しているので、読書感想文では2つの日記の違いを取り上げて書くのもよいでしょう。

著者(出版社):著/アンネ・フランク、翻訳/深町眞理子(文藝春秋)
出版年月日:2003年4月10日
ISBN:978-4-16-765133-6
判型・ページ数:文庫判・608ページ

文/いけだひとみ

あなたにおすすめ

注目コラム