4歳児におすすめの絵本って?選び方&人気作15選をご紹介!

コラム
公開日:2018/06/28
更新日:2019/03/27
4歳児におすすめの絵本って?選び方&人気作15選をご紹介!

人の気持ちを理解したり、表情から感情を読み取ったり、とお友達や周囲の人との関係性がグンと深まる4歳児。そんな4歳児は、主人公の気持ちになって、ワクワクドキドキしながら絵本を楽しめるようになります。今回はそんな4歳児にぴったりの絵本の選び方や注意点、おすすめ絵本をご紹介します。

先輩ママに聞いた、子どもが4歳の時に好きだった絵本は?

ヨシタケシンスケさんの絵本です

「ヨシタケシンスケさんのユーモアあふれる絵本が大好き。大人が読んでもなるほど!と思えるものばかり。息子は小学生になった今でもよく読んでいます」(小学1年生の男の子のママ)

100かいだてシリーズです

「『100かいだてのいえ』シリーズに夢中になっていました。暖かみのあるイラストが可愛くてお気に入りだったみたい」(5歳の女の子のママ)

こんとあきがお気に入り

「林明子さんの『こんとあき』を繰り返して読んでいました。絵本には、こんの作り方も載っていたので娘に作ってあげると大喜び。今でも大切にしてくれています」(小学2年生の女の子のママ)

てぶくろをかいに、です

「新美南吉の『てぶくろをかいに』がお気にいりだった息子。この絵本を通して、優しさを学んでくれたような気がします」(6歳の男の子のママ)

4歳児にぴったりの絵本って?

4歳児になると想像力やコミュニケーション力がグンと高まってきます。そのため、絵本も、ただ絵がきれいなもの、リズミカルなもの、という選び方をするのではなく、ストーリー性があるものや想像の余地があるものを選んであげるとよいでしょう。自分なりにストーリーを解釈し、感想を述べる姿はママが見てもとても嬉しく、興味深いものですよ。

4歳児に絵本を読み聞かせるメリットは?

言葉や語彙が増える

4歳児に絵本を読み聞かせるメリットのひとつが、語彙力や表現力が増えること。ママやパパに絵本を読んでもらうことで、知らない言葉とイラストを照らしあわせて物の名称や言葉の意味を覚えていきます。中には自然とひらがなが読めるようになる子も。4歳児にとって絵本の読み聞かせは、知らない言葉をドンドン知ることができ、知的好奇心を満たしてもらえる機会のひとつです。

親子のコミュニケーションになる

4歳児になると日中は保育園や幼稚園で過ごすようになるので、未就園の頃と比べて親子で過ごす時間が減ってしまいます。また、日ごろ仕事や家事に追われてなかなか子どもと過ごす時間が取れない、というパパやママも多いことでしょう。そんな親子にとって読み聞かせの時間は、コミュニケーションがはかれる貴重な時間になります。

世の中のルールを知ることができる

絵本を読むことで世の中のルールや仕組みを学ぶことができます。絵本を通じて善悪や社会のルールを学ぶことはとても大切なこと。絵本の読み聞かせで学んだことは、きっと一生を通じての財産になることでしょう。

▼「考える力」を育むおすすめの通信教育はこちら

【こどもちゃれんじ】の通信教育

4歳の絵本の選び方、どうしたらいい?

ひとくちに絵本と言ってもたくさんの種類があります。そこで、ここでは4歳児向けの絵本の選び方をご紹介しましょう。

子どもが興味のあるものを

子どもが読んでもらって楽しいと思えるもの、子どもが興味を持ってくれそうな絵本を選んであげましょう。好きなものや好きなことについて書かれた絵本をきっかけに、絵本が好きになる可能性もあるのです。

ルールや知識が学習できるもの

読み終わって「あぁ、面白かった」で終わってしまう本は、子どもたちの記憶に残りにくいかもしれません。絵本を通して、ルールや知識など何か学びのある内容の絵本を選んであげるのもおすすめです。

想像力がふくらむようなものを

想像力発想力がグンと高まる4歳児。その力を刺激して、発達をうながしてあげられるような内容の絵本を選ぶのも良いでしょう。主人公の気持ちが想像できるもの、次の展開を想像したくなるようなもの、そんな絵本に子どもたちはきっと夢中になるはずです。

4歳児に絵本を選ぶ時際の注意点が知りたい

せっかく選んであげた絵本を子どもが楽しんで読んでくれるように、絵本を選ぶ時の注意点をいくつかまとめてみました。

年齢にあったものを選ぼう

絵ばかりでほとんど字がない絵本、逆に4歳児には少々難しいような内容の本は、読んであげてもあまり興味を示さないかもしれません。しっかりと年齢に応じた絵本を選んであげましょう。

子どもが扱いやすい絵本を

ページがしっかりした、子どもが自分でめくりやすい絵本を選んであげましょう。4歳ともなると、お気に入りの絵本は自分ひとりで読みたい、という欲求が芽生えてきます。子どもが読みたい時にいつでもひとりで読める、そんな素材の絵本を選ぶことも大切です。

4歳におすすめの絵本が知りたい!

ぜったいに おしちゃダメ?

ぜったいに おしちゃダメ? (サンクチュアリ出版)サンクチュアリ出版 参考価格:¥3,428Amazonで詳しく見る

子どものいたずら心を思いっきり刺激してくれる、大ヒット絵本です。この絵本のルールはひとつだけ。「このボタンを押しちゃダメ」っていうこと。でも、不思議なモンスターたちは、「おしたらどうなると思う?」「ちょっとだけ、おしてみる?」って何度も誘ってきます。その誘いに乗っちゃうとさぁ大変!モンスターが水玉になったり、増えたりしちゃうんです。さぁ、色んな方法でモンスターを元にもどしてあげてくださいね。
ビル・コッター (著)
単行本: 32ページ
出版社: サンクチュアリ出版 (2017/8/26)

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))子どもの文化普及協会 参考価格:¥1,100Amazonで詳しく見る

「いずみがもり」にある売れないパン屋さん。暮らしているのはお父さんカラスとお母さんカラス、そして4羽の子ガラス。ある日、家族全員で楽しい形のパンをたくさん焼いて大騒ぎ。見開きページに乗せられた、楽しい形の美味しそうなパンに見覚えのあるママも多いのではないでしょうか。集まってくるカラスもそれぞれみんな個性的。愉快で楽しいカラスの世界に遊びに行きたくなる絵本です。
加古 里子 (著)
ハードカバー: 32ページ
出版社: 偕成社; 2版 (1973/9/1)

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなしKogakusha 参考価格:¥1,601Amazonで詳しく見る

小さくて黒い魚、スイミー。彼は兄弟たちが大きな魚に飲み込まれてしまったためにひとりぼっちになってしまいました。孤独な彼は海をひとりで旅をするうちに、色々な素晴らしいものに出会います。そして再び、大きな魚に出会って……。世界中で翻訳され、教科書にも載った大ベストセラー。日本にもファンが多い、レオ・レオニの代表的な絵本です。
レオ・レオニ (著), 谷川 俊太郎 (翻訳)
ハードカバー: 32ページ
出版社: 好学社 (1969/4/1)

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)株式会社 福音館書店 参考価格:¥3,494Amazonで詳しく見る

こんは、あきちゃんのおばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみ。大きくなったあきちゃんは古くてボロボロになったこんを治してもらうために、電車に乗っておばあちゃんの家に行きます。途中、何度も大変な目に会ってしまうふたりは、果たして無事におばあちゃんの家にたどりつくことができるのでしょうか。小さな小さなふたりの大冒険の始まりです。
林 明子 (著)
大型本: 40ページ
出版社: 福音館書店 (1989/6/30)

ぐるんぱのようちえん

ぐるんぱのようちえん株式会社 福音館書店 参考価格:¥1,000Amazonで詳しく見る

ひとりぼっちの大きなぞう、ぐるんぱ。色々な仕事場で一生懸命働くものの、何でも大きく作りすぎて失敗ばかり。そんなぐるんぱはある日、子どもがいっぱいいるママに、お世話を頼まれます。そのときぐるんぱは今までの失敗作で、とっても素敵なものを作りました。それは、みんなが楽しく遊べる幼稚園です。
西内 ミナミ (著), 堀内 誠一 (イラスト)
ハードカバー: 28ページ
出版社: 福音館書店 (1966/12/15)

幼児用の迷路の選び方やおすすめ12選!楽しく遊びながら知育!
幼児用の迷路の選び方やおすすめ12選!楽しく遊びながら知育!
線の中をたどってゴールを目指す「迷路」は、子どもたちの多くが夢中になる遊びです。手先を動かして線を書いたり、ゴールに行くための道筋を考えたり、小さな子どもの頭の中はフル回転!そのため、楽しみながら知育にも役立てることができます。そこで今回は、幼児用迷路の選び方やおすすめ商品についてまとめてみました。遊びアイテムの1つとして、ぜひ迷路を活用してみてはいかがでしょうか。
記事を読む

もう ぬげない

もう ぬげないブロンズ新社 参考価格:¥496Amazonで詳しく見る

今、大人気の絵本作家である、ヨシタケシンスケさんの絵本です。人生の色々な悩みごとは、ヨシタケ流ユーモアで乗り越えることがおすすめ。服が脱げなくなってずいぶんたってしまったけど……なんとかなる?!大人も思わずクスッと笑ってしまう、そんなウィットに富んだ絵本です。
ヨシタケ シンスケ (著)
出版社: ブロンズ新社 (2015/10/8)

ちゃんとたべなさい (世界の絵本コレクション)

ちゃんとたべなさい (世界の絵本コレクション)小峰書店 参考価格:¥800Amazonで詳しく見る

2001年度英国チルドレンズ・ブック賞絵本賞並びに大賞を受賞した絵本です。晩御飯になると、ママはデイジーに必ず言います。「お豆もちゃんとたべるんですよ」。でも、デイジーはお豆が大嫌いなんです。さぁ、いよいよママとデイジーの戦いの火ぶたが切って落とされます。
ケス グレイ (著), ニック シャラット (イラスト)
出版社: 小峰書店 (2002/6/1)

ふたりはいつも (ミセスこどもの本)

ふたりはいつも (ミセスこどもの本)文化出版局 参考価格:¥2,590Amazonで詳しく見る

がまくんとかえるくんの、にっこり笑顔になってしまうようなとってもユーモラスな物語が5編収録された絵本です。「そりすべり」に「アイスクリーム」。そして「クリスマスイブ」など、がまくんとかえるくんの一年間の生活がたっぷり盛り込まれた優しいストーリーです。
アーノルド・ローベル (著), 三木 卓 (翻訳)
ハードカバー: 64ページ
出版社: 文化出版局 (1977/5/15)

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)偕成社 参考価格:¥1,510Amazonで詳しく見る

冷たい雪で牡丹色になってしまった子ギツネの可哀想な手を見て、母ギツネは手袋を買ってあげようと思います。その夜、母ギツネは子ギツネの片手を人間の手に変えて、銅貨を握らせます。「必ず、人間の手の方を差し出すんですよ」と言い聞かせて。はたして、子ギツネは無事に手袋を買うことができるのでしょうか。作者の新美南吉が一生涯追求し続けたテーマである「生存所属を異にするものの、魂の流通共鳴」。その意味を豊かなイラストともに子どもたちに問いかけます。
新美 南吉 (著), 黒井 健 (イラスト)
大型本: 32ページ
出版社: 偕成社 (1988/3/1)

しろいうさぎとくろいうさぎ (世界傑作絵本シリーズ)

しろいうさぎとくろいうさぎ (世界傑作絵本シリーズ)株式会社 福音館書店 参考価格:¥1,320Amazonで詳しく見る

白いうさぎと黒いうさぎはとっても仲良し。毎日一緒に遊んでいます。でも、黒いうさぎはときどき悲しそうな顔で考え込んでいます。どうしたの?と白いうさぎが尋ねると「ぼく、願い事をしているんだよ」と黒いうさぎ。その願いとは、白いうさぎといつまでもずっと一緒にいられること。それを知った白いうさぎは……。優しさにあふれた物語です。
ガース・ウイリアムズ (著, イラスト), まつおか きょうこ (翻訳)
大型本: 30ページ
出版社: 福音館書店 (1965/6/1)

大型絵本は子供の知育におすすめ!読み聞かせに人気の12選のご紹介
大型絵本は子供の知育におすすめ!読み聞かせに人気の12選のご紹介
大きな絵で迫力満点の大型絵本。はっきりと絵本の内容を子どもに伝えることができるので、読み聞かせにぴったりです。そんな大型絵本は、どのようにして選んだらよいのでしょうか。実際に購入したママの体験談や、選び方、大型絵本の知育効果などをまとめました。また、人気の高い大型絵本を12冊ご紹介します!一家に一冊、思い出にも残りやすい大型絵本はいかがでしょうか。
記事を読む

しょうぼうじどうしゃじぷた

しょうぼうじどうしゃじぷた株式会社 福音館書店 参考価格:¥161Amazonで詳しく見る

消防署で立派な働きをするみんなは、小さな消防自動車じぷたを「ちびっこ」扱いしてからかっていました。ある日、道がとても狭い山の中で火事が起こります。放っておくと火はどんどん燃え広がり、山火事になってしまいます。そこで出動を命じられたのは、じぷたでした。
渡辺 茂男 (著), 山本 忠敬 (イラスト)
大型本: 28ページ
出版社: 福音館書店 (1966/6/10)

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)株式会社 福音館書店 参考価格:¥1,270Amazonで詳しく見る

橋の向こう側にある山で、たくさんの草を食べようと考えた3匹のヤギ。小さなヤギ、中くらいのヤギ、大きなヤギ、3匹とも名前はガラガラドン。しかし、橋を渡りきる途中に大きなトロルに出会ってしまいます。さて、3匹のヤギは、無事に山の向こうで美味しい草を食べることができるのでしょうか。
マーシャ・ブラウン (イラスト), せた ていじ (翻訳)
大型本: 32ページ
出版社: 福音館書店 (1965/7/1)

おうさまのたからもの (至光社国際版絵本)

おうさまのたからもの (至光社国際版絵本)至光社 参考価格:¥5,607Amazonで詳しく見る

素敵な箱の中に入れる宝物を探しに出かけた王さま。でも、宝物はなかなか見つかりません。ついに王さまは泣き出しました。王さまをなぐさめる森の動物たち。すると、どこからか別の泣き声が聞こえてきます。さて、王さまは無事に宝物を見つけることができるのでしょうか。
糟谷 奈美 (著, イラスト)
出版社: 至光社 (2017/9/1)

どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ)

どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ)株式会社 福音館書店 参考価格:¥100Amazonで詳しく見る

主人公のハリーはお風呂が大嫌い。ある日、お風呂にお湯を入れる大嫌いな音が聞こえてきたハリーは、体を洗うブラシを裏庭に埋めてしまいます。そして、家から逃げ出します。泥だらけ、すすだらけになってハリーは家に戻ります。ところが誰もハリーだと気づいてくれません。魅力的なハリーに大人も子どもも夢中になれる絵本です。
ジーン・ジオン (著), マーガレット・ブロイ・グレアム (イラスト)
大型本: 32ページ
出版社: 福音館書店 (1964/3/15)

(文/大中千景)



あなたにおすすめ

注目コラム